マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 2: Rob Dougherty(アメリカ) vs. Luis Scott-Vargas(アメリカ)

Round 2: Rob Dougherty(アメリカ) vs. Luis Scott-Vargas(アメリカ)

By Takamasa Sato


 プロツアー・名古屋 第2回戦、フィーチャーマッチに呼ばれたのは、ドハティとLSV。

Rob Dougherty

Rob Dougherty

 ドハティはもはや伝説と呼ばれるチーム「Your Move Games」の総帥にして名デッキビルダー。
 LSVは現在も多くのプロプレイヤーを擁し、中村修平等も参加する「Channel Fireball」の総帥。

 そう。この一戦はプロツアーの一試合であるだけでなく、チーム同士のメンツをかけた「大将戦」なのだ。
 ここで戦ってしまう以上、「常勝」の名を守れるのは1チームのみ。
 果たして二つのコミュニティはどんなデッキを名古屋に持ち込んだのか、そして、勝つのはどちらか。


Game 1

 先手ドハティのキープに対し、LSVは1マリガン。

 互いに《平地/Plains》セットからのゲームスタート。二人が選択したのは環境最強のビートダウンと名高い白単のようだ。(参考:高橋優太の分析記事

 ところが、ドハティがプレイしたのは前評判ではまったく耳にしなかった《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》。しかも二連打である。
 さらに0マナ装備品である《調和者隊の盾/Accorder's Shield(SOM)》で2ドロー。テンポもアドも一気に掌握し、軽快にビートダウンを開始する。

 対するLSVも《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》から《信号の邪魔者/Signal Pest(MBS)》《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》、《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》まで繋げて悪くない回りではある。

 しかし、そこに舞い降りるドハティの《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》。
 《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》プレイで引きこんだ3枚目の《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》まで並べて、もはややりたい放題である。
 残るマナから《ダークスティールの斧/Darksteel Axe(SOM)》《迫撃鞘/Mortarpod(MBS)》とプレイされたところで、アドバンテージをとり返せないと悟ったLSVは投了。

ドハティ 1-0 LSV


Game 2

Round 2

 Game 1ではまったく良いところを見せられなかったLSVは、先手7枚のハンドを力強くキープ。対するドハティは渋い表情で1マリガン。

 LSVは、1ターン目《メムナイト/Memnite(SOM)》からのビートダウンを開始。3ターン目には2体目のメムナイト、《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》と並べて6点クロックを作り出す。

 対するドハティは《迫撃鞘/Mortarpod(MBS)》《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》と展開してライフゲインと除去能力でゲームを長引かせるプラン。
 しかし、LSVは4ターン目《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》、5ターン目《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》とプレイし、そのままドハティを押しつぶした。

ドハティ 1-1 LSV


Game 3

Martin Juza
Luis Scott-Vargas

 ビートダウン同士では貴重な先手は、再びドハティに。
 互いにマリガンはなくゲームスタート。

 ドハティは、ミラディンの傷跡リミテッドでおなじみ《調和者隊の盾/Accorder's Shield(SOM)》からの《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》。
 さらに2ターン目の《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》から再びの《調和者隊の盾/Accorder's Shield(SOM)》プレイでドロー。
 3ターン目で《王の摂政、ケンバ/Kemba, Kha Regent(SOM)》まで着地させ、テンポとアドの二重どりでGame 1の再現を目指す。

 LSVも《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》と、強力な生物を展開してはいるのだが、大きく溜息。
 《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》の前では、多少の生物があったとしてもあっという間に押し切られてしまうだろう。

 ドハティの4ターン目は《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》。ここで除去がなければ勝負アリだが、LSVは天使を《急送/Dispatch(NPH)》。
 さらに《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》を呼び込んで反撃の狼煙をあげる。

 悩んだのはドハティ。
 まずはドローだと《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk(MBS)》をプレイするが、レスポンスの《急送/Dispatch(NPH)》で《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》を除去されてそれもかなわず。そのままターンを返してしまう。

 LSVは、《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》を含めた全軍アタック。ドハティの手に除去はなく、兵士トークンが参戦する。
 ドハティは《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》こそブロックで処理するものの、ライフは一気に一桁。第2メインフェイズでLSVが設置した《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》を考えると、次のターンまで生きられるか怪しい状況に。

 ドハティは《王の摂政、ケンバ/Kemba, Kha Regent(SOM)》からの猫トークンと《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》、《迫撃鞘/Mortarpod(MBS)》で耐えようとしたのだが・・・
 LSVの全軍アタックを二度は捌けず、ゲームセット。

ドハティ 1-2 LSV

 総帥対決は、LSVの勝利!

前の記事: Round 1: 藤田 剛史(大阪) vs. 大礒 正嗣(広島) | 次の記事: マジックウィークエンド・名古屋の会場をざっくりご案内
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る