マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

マジックウィークエンド・名古屋の会場をざっくりご案内

マジックウィークエンド・名古屋の会場をざっくりご案内

by Asako Seo


 まずは会場・吹上ホールの様子をざっくりご紹介しましょう。

 地下鉄桜通線・吹上駅の5番出口を出ると、黄色い花(恥ずかしながら名前はわかりません)が花盛りです。

吹上駅の5番出口

 大通りに沿ってしばらく歩きますと、左手に吹上ホールの入っている大きな建物が見えます。

名古屋市中小企業振興会館

入り口はこちら!

入り口はこちら!


 中に入るとまず総合受付があり、こちらではチラシによるくじを行なっています。

総合受付

 プレスの方はこちらで受付をすると、2階にある広いプレスルームを利用することができます。

広々プレスルーム


 お隣に、今夏発売の「デュエルズ オブ ザ プレインズウォーカー」を試遊できるブースもあります。

「デュエルズ オブ ザ プレインズウォーカー」試遊ブース


 会場入って左手には、シングルカードやパック、グッズを扱うショップがたくさん並んでいますが、ショップについてはのちほど詳しくご紹介いたします。

ショップ風景


 会場右手にあるのが、アーティスト・サイン会のブースです。カードの裏面などにスケッチを描いていただくこともできます。

サイン会のひとこま

写真はDarrkenさん(右)と、イラストを描いてもらったお客さん。


 また、毎度おなじみ立体カードの展示ブースもあります。ものすごく飛び出てます!

立体カード展示ブース


 会場内でお弁当を販売しています。名古屋名物「天むす」ももちろんあります。

「天むす」あります


 いよいよ、緊張感ただよう本戦エリアにやって来ました。

本戦エリア

 フィーチャーマッチ・エリアは和風で、障子の合間にいろいろな絵が映し出されています。

フィーチャーマッチ・エリア

 さあ、日曜日にこの優勝トロフィーを手にするのはいったい誰なのでしょうか?

プロツアー優勝トロフィー


 各ブースについて、これからくわしく取材していきたいと思いますので、「ここをもっと紹介して!」「これについて取材して!」といったリクエストがありましたら、ぜひTwitterでハッシュタグ「#mtgjp」をつけてツイートしてください(右下・右上のボタンからもツイートすることができます)。時間とマンパワーの関係ですべてにお応えできるとは限りませんが、可能なかぎり努力したいと思います。

前の記事: Round 2: Rob Dougherty(アメリカ) vs. Luis Scott-Vargas(アメリカ) | 次の記事: Round 3: Martin Juza(チェコ) vs. David Ochoa(アメリカ)
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る