マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 1: 藤田 剛史(大阪) vs. 大礒 正嗣(広島)

Round 1: 藤田 剛史(大阪) vs. 大礒 正嗣(広島)

by Atsushi Ito


 プロツアー。各国のトッププロや厳しいプロツアー予選を通過した選ばれし者たちが集う、マジックにおける最高峰の競技イベントだ。

 そんなプロツアーの観戦者から見た魅力のひとつとしては、強豪同士の夢の対決が実現したりすることが挙げられるだろう。

Round 1

 開幕第1回戦からフィーチャーマッチエリアに呼ばれたのは、その名を知らぬ者はいないであろう「殿堂の男」藤田と(リンク先は殿堂入り記念ページ(英語))、そしてプロツアートップ8入賞回数では日本人屈指の6回を誇る大礒。カバレッジマニア垂涎の、実に豪華な日本人対決である。

 「練習何時間やった?俺ゼロなんやけど。借り物のデッキやから」という藤田に対し、「いや、僕はやりましたよ!ほとんど脳内ですけど」と大礒。開始前のトラッシュトークはここがプロツアーの舞台であることを忘れそうになるほど軽快だが、手札7枚を手に取ると、2人の表情は一瞬にして真剣なものに切り替わる。

 デッキは藤田が八十岡 翔太(東京)謹製の4色PoYコントロール、対する大礒は自作の青黒コントロールである。


Game 1

藤田 剛史

藤田 剛史

 先手は藤田。《闇滑りの岸/Darkslick Shores》×2と静かな立ち上がりに対し、大礒は2ターン目に《蔑み/Despise》をプレイする。露わになった藤田の手札は、

  • 《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》
  • 《粗石の魔道士/Trinket Mage》
  • 《感電破/Galvanic Blast》
  • 《喉首狙い/Go for the Throat》
  • 2 《沼/Swamp》

 というもの。ここから《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》が抜かれる。返しで藤田が《粗石の魔道士/Trinket Mage》から《呪詛の寄生虫/Hex Parasite》をサーチすると、これに対して大礒は《漸増爆弾/Ratchet Bomb》をプレイ。

 藤田は《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》をプレイするがこれは大礒が《鋼の妨害/Steel Sabotage》でカウンター。藤田は《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》をタップインで置いてターンエンドする。

 大礒はここぞとばかりに4ターン目、5ターン目と《テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit》を4マナでプレイしてアドバンテージを取りにいくが、返す藤田の先手6ターン目にフルタップの大礒に対してプレイされたのは《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》。これには思わず苦い顔の大礒。

 大礒はアップキープに対応策がなく、まずはスフィンクスが藤田に2ドローをもたらす。《粗石の魔道士/Trinket Mage》こそ《漸増爆弾/Ratchet Bomb》する大礒だが、4/6に殴られつつ藤田にさらに2ドローを許してしまう。これ以上引かれるとゲームの趨勢が決まってしまう大礒は、何とか《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith》をX=2でプレイした後、藤田のアップキープに《闇の掌握/Grasp of Darkness》という合わせ技で《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》を必死に除去するが、ドローと合わせると実に1対6という絶望的な交換だ。

 しかし藤田はドローが芳しくないのか、せっかく大礒がフルタップにもかかわらず、このターンのアクションが《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》で自分の《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》を割るというかなり寂しいものに留まる。《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》も置いてターンエンド。対する大礒も《漸増爆弾/Ratchet Bomb》を置いてターンを返すのみ。

 それでも《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》のアタックで大礒のライフは7。藤田は《太陽の宝球/Sphere of the Suns》をプレイしてターンエンド。

 ここで大礒は満を持して3マナ立たせての《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》をプレイ。さらに藤田の《喉首狙い/Go for the Throat》は狙い澄ました《冷静な反論/Stoic Rebuttal》。今度は大礒が2ドローを始める。これが逆転の狼煙となるか。

 だが藤田は《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》をプレイし、《太陽の宝球/Sphere of the Suns》を5/5にして《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》と2体でアタック、攻め手を緩めない。藤田の手札の《感電破/Galvanic Blast》が見えている大礒は5/5をブロックするしかない。戦闘後の《呪詛の寄生虫/Hex Parasite》のプレイにはスタックで《漸増爆弾/Ratchet Bomb》を起動して脇の《グレムリン地雷/Gremlin Mine》を流して金属術を達成させない大礒だが、《感電破/Galvanic Blast》で戦闘ダメージと合わせて《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》が除去される。

 返すターンに大礒は《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith》X=5で5/5の《太陽の宝球/Sphere of the Suns》ごと盤面を一掃するが、藤田の側にはいまだ《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》が健在だ。+1能力で《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》が手札に加えられそのままキャストしてエンド。残りライフ4の大礒に対応を迫る。

 この局面で大礒の回答は百点満点の《解放された者、カーン/Karn Liberated》!!

 まずは-3で《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》を追放し、盤面には一時的に《解放された者、カーン/Karn Liberated》のみとなる。

 だが藤田は諦めることなく2体目の《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》を出し、残り少ない大礒のライフにプレッシャーをかける。予断を許さない状況だが大礒は+4能力で、まずはカーンの忠誠値を-3能力を使用しても失わずに済む7まで引き上げる。

 藤田は《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》で本体にアタックし、大礒のライフは1。予定調和で《解放された者、カーン/Karn Liberated》が-3能力で《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》を追放し、盤面は大礒とカーンに完全にコントロールされてしまったかのように見えた。

 だが藤田はエンド前に自分の《沼/Swamp》に《内にいる獣/Beast Within》を撃ちこみ、3/3トークンで大礒を介錯したのだった。

 藤田 1-0 大礒

大礒 「《蔑み/Despise》で抜いたのに何故か《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》まだ持ってると思ってた・・・ミスりましたね。対人戦が久しぶりだとやっぱダメだなぁ」


Game 2

大礒 正嗣

大礒 正嗣

 大礒の先手に移って、

  • 1 《法務官の掌握/Praetor's Grasp》
  • 1 《蔑み/Despise》
  • 1 《記憶殺し/Memoricide》
  • 3 《沼/Swamp》
  • 1 《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》

 という青マナの出ない手札を悩んだ末にキープ。2ターン目の《蔑み/Despise》で藤田の

  • 2 《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》
  • 1 《粗石の魔道士/Trinket Mage》
  • 1 《納墓の総督/Entomber Exarch》

 と土地3枚が公開され、《納墓の総督/Entomber Exarch》が抜かれる。

 藤田の《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》の返しに大礒は《法務官の掌握/Praetor's Grasp》で藤田のデッキから《島/Island》を抜き、まずは色事故を解消。対する藤田は《粗石の魔道士/Trinket Mage》をプレイして《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》をサーチ。

 大礒が《記憶殺し/Memoricide》で《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》を指定すると、藤田は苦笑しながら「なんなんそのカード。強すぎやん! 1人だけメタゲーム違わへん?」と漏らす。

 手札は潤沢なもののマナ関連ばかりの藤田は、《粗石の魔道士/Trinket Mage》でアタックしてから《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》を置いてターンを返すしかない。

 大礒は安心して5枚目の土地《島/Island》を置いてエンドするが、返すターンに藤田がプレイしたのは《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》!!

 思わず「トップつんよ」と呟く大礒。《ニューロックの猛士/Neurok Commando》をプレイするが、被覆のレベルが違う。4/4にアタックされて大礒のライフは12。

 エンド前に《粗石の魔道士/Trinket Mage》を《喉首狙い/Go for the Throat》し、《ニューロックの猛士/Neurok Commando》でドローを進めた大礒は、ついに《解放された者、カーン/Karn Liberated》に辿りつく。藤田のアタッカーが《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》のみで大礒の場には《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》と《ニューロックの猛士/Neurok Commando》があるため、ニューゲームが始まるところまでいきそうな盤面だ。

 しかし藤田は何事もなかったかのように自身の《解放された者、カーン/Karn Liberated》で対消滅させる。これには大礒も「トップ強すぎでしょ!」

 藤田が《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》で殴らずターンエンドすると大礒もターンを返すしかない。

 藤田はさらに《納墓の総督/Entomber Exarch》を引き込み、序盤に墓地に落とされた《納墓の総督/Entomber Exarch》を回収する。大礒は《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》のアタックを《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》でチャンプし、次のターンにライフ10にしながらの《テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit》で-1/-1カウンターを増殖して、地道に盤面を捌こうとする。

 だが藤田は《喉首狙い/Go for the Throat》された《納墓の総督/Entomber Exarch》を《グレイブディガー/Gravedigger》能力でチェインしてから、《呪詛の寄生虫/Hex Parasite》で自分の《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》のマイナスカウンターを取り除きつつ4点アタック。既に大礒はライフ6だ。大礒は《テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit》で解決策を探しにいくが、サイドインした《ニューロックの猛士/Neurok Commando》だけが次々とハンドに寄ってくる。

 《ニューロックの猛士/Neurok Commando》をブロックに回して必死に耐える大礒だが、さらに藤田が《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》を展開すると、大礒はそのまま殴り切られてしまった。

 藤田 2-0 大礒


大礒 「全然そっちのデッキわからなくてサイドミスったー」

藤田 「《粗石の魔道士/Trinket Mage》とか《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》とか入っとるから、たけし(《ニューロックの猛士/Neurok Commando》)はまあないやろ、たけしは」

前の記事: Round 1: 浅原 晃(神奈川) vs. Sam Black(アメリカ) | 次の記事: Round 2: Rob Dougherty(アメリカ) vs. Luis Scott-Vargas(アメリカ)
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る