マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 5: 吉森 奨(神奈川) vs. 高尾 明直(兵庫)

Round 5: 吉森 奨(神奈川) vs. 高尾 明直(兵庫)

By Takamasa Sato


 初日のブロック構築ラウンド最終戦。既に会場では明暗がくっきりと分かれはじめている。
 フィーチャーマッチから、現在4-0と全勝街道をひた走る「明」の対決をお届けしよう。

 吉森は、《包囲の搭、ドラン》使いとして知られ、ローウィン=シャドウムーアブロック構築で行われたグランプリ・神戸08ベスト4経験を持つものの、プロツアーは初参加。
 高尾は、大阪の草の根大会を中心に活躍しており、プロツアー参加は2回目である。

 フレッシュな勢いのある日本人若手対決と言えるだろう。さあ、勝ってドラフトラウンドに弾みをつけるのはどちらか。


Game 1

 高尾はダイスロールでピンゾロを振ってしまい、先手は吉森に。
 肝心の手札は・・・

吉森 「マリガンです」
高尾 「手札が息をしていない」
 仲良くシャッフル。

 6枚のカードを覗いて。
吉森 「やります」
高尾 「全く息をしていない。さっきと全く同じじゃないか」
 高尾、さらにシャッフル。

高尾 「よし」
 5枚に減った手札は息をしていたようで、ゲームが始まる。

 吉森は《金属海の沿岸/Seachrome Coast(SOM)》から《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》。
 高尾は《脊柱の飛行機械/Spined Thopter(NPH)》。どうやらこの環境を支配するビートダウン、白単《鍛えられた鋼/Tempered Steel(SOM)》同士の対決のようだ。

 その後も、互いにデッキタイトルとなっている《鍛えられた鋼/Tempered Steel(SOM)》を貼りあい、鈍い音の聞こえるような殴り合いに。

 先に吉森が同型対決のキモとなる《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder(MBS)》に辿りつき、《鍛えられた鋼/Tempered Steel(SOM)》をリムーブ。
 一気に形勢の悪くなった高尾は、渋い表情をしつつ、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》を起動しての《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》。さらに《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》も追加して、守りを固める。

 しかし、吉森は攻撃の手を緩めない。《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》を設置・即起動して後続を呼びつつ、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》とマイアトークンによるビートダウン。
 高尾は《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》を《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》《脊柱の飛行機械/Spined Thopter(NPH)》の2枚でブロックし、ダメージを軽減するが、次のドローでも回答を見つけられず。

吉森 1-0 高尾


 多忙で練習時間がとれなかったという吉森は
「ぶっちゃけこのマッチアップ自信ないんですよ」と一言。
「結局は《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder(MBS)》ゲーなのかな」と軽く雑談を。

 吉森はサイドから《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》やアーティファクト破壊を追加。軽いクリーチャーを抜く。
 高尾も同様に軽いクリーチャーを抜いて、《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》と《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader(MBS)》、《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder(MBS)》を追加する。
 同型では小さいクリーチャーの潰し合いとなるため、1枚でゲームを決められるカードが重要なのだ。


Game 2

高尾 明直
高尾 明直

 2人は7枚のハンドを見て苦笑するが、互いにキープを宣言。
 既に情報戦が始まっているのだろうか?

 先手の高尾は《メムナイト/Memnite(SOM)》《信号の邪魔者/Signal Pest(MBS)》《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》と高速展開。
 対する吉森も《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》をプレイするが、ここには《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder(MBS)》が。

 自らの戦場をきれいにされてしまった吉森は《存在の破棄/Revoke Existence(SOM)》で《信号の邪魔者/Signal Pest(MBS)》を除去。
 高尾のアタックを一度は通すが、4枚目の土地に辿りついて《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》をプレイし、盤面を構築し直す。

 高尾は《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader(MBS)》を出してこれに対抗するが、吉森はさらに《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》をプレイし、流れを引き寄せようとする。
 高尾は十字軍でアタックし、天使と相討ったところでこちらも《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》。

 これには「やばいなあ」と吉森。互いに英雄を出しているとはいえ、高尾の場にはまだ、《メムナイト/Memnite(SOM)》《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder(MBS)》が残っているのである。
 《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》と《鍛えられた鋼/Tempered Steel(SOM)》で形を整える吉森に対して、高尾は攻撃の手を緩めない。

 まずは《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder(MBS)》で《鍛えられた鋼/Tempered Steel(SOM)》を取り除き、《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》を追加。
 《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》のアタックによって吉森のライフを5まで追い込む。

 吉森は2体目の《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》を置き、2枚の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》と合わせて高尾の勢力を抑え込みにかかる。
 しかし、高尾はさらなる飛行戦力である《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》を設置し、次のターンには殴り殺せる準備が完了。

 吉森、《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》2体でアタック。3/1トークン4体が溢れだし、高尾のライフも残り7。
 反撃の糸口を掴むが、飛行戦力に対する回答を持ち合わせず、上から殴り殺されてしまった。

吉森 「《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder(MBS)》つえー」

吉森 1-1 高尾


Game 3

吉森 奨
吉森 奨

 マナカーブの綺麗に揃った7枚の手札と先手を手にしている吉森に対し、
 高尾は手札を覗きこんで「また息していない」と一言。
 トリプルマリガンを経てようやく「息のある」手札に到達した。

 吉森の《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》に対し、高尾はファイレクシア・マナをライフで支払っての《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》。
 後手ながら先に殴り始め、早期決着を狙う。

 しかし、たかが1点クロック。吉森は落ち着いて《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》を起動し、《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》。
 高尾は現れたゴーレムトークンを《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder(MBS)》しつつ、アタックを継続。

 見た目は互角の殴り合いだが、吉森の潤沢な手札に対して、高尾の手札はわずか2枚。

 ここで吉森は初手から握っていた《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》をプレイすると、高尾は表情を歪める。
 《刃砦の英雄/Hero of Bladehold(MBS)》のアタックこそ《急送/Dispatch(NPH)》によるタップで凌ぐが、後続として追加された2枚の《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》に対処できない。

 高尾が用意したブロッカーも2枚の《急送/Dispatch(NPH)》で流刑すると、吉森の全軍突撃がすべてを蹂躙した。

吉森 2-1 高尾

 吉森奨、構築ラウンド全勝でドラフトラウンドに進出!

―― お二人とも、これからのドラフトラウンドも頑張ってください、期待してます!」
吉森 「それなんですよねー。ほぼ練習してないし......」
高尾 「そっちは息をしてません!」

 これも高度な情報戦、だと思いたい。

前の記事: Round 4: 八十岡 翔太(東京) vs. Marijn Lybaert(ベルギー) | 次の記事: 全ショップひとめぐり!
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る