マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

第2ドラフトレポート: 藤田 剛史(大阪)

第2ドラフトレポート: 藤田 剛史(大阪)

by 金民守


 1番ポッド唯一の日本勢は殿堂プレイヤー藤田 剛史。

藤田 剛史(左、手前から2人目)

藤田 剛史(左、手前から2人目)

 第1ドラフトでは抜群の勝負勘で不人気色の青に途中参入し見事3-0を達成した、そのドラフトテックに注目!


ドラフトパック1 (新たなるファイレクシア)

1:《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph(NPH)》
 他の候補:《髄掘り/Pith Driller(NPH)》《砕けた天使/Shattered Angel(NPH)》

 ファイレクシア・マナ生物から入る隙のない選択。

2:《侵害の魂喰い/Trespassing Souleater(NPH)》
 他の候補:《テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit(NPH)》《内にいる獣/Beast Within(NPH)》

 早くもコントロールに寄せるかビートに寄せるかの選択を突きつけられる。ここで藤田はビート戦略を主張しつつ大きく青に寄る。

3:《突き刺しモズ/Impaler Shrike(NPH)》
 他の候補:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》《貫く幻視の祭殿/Shrine of Piercing Vision(NPH)》

 一貫性あるピック。

4:《侵害の魂喰い/Trespassing Souleater(NPH)》
 他の候補:《心理の障壁/Psychic Barrier(NPH)》

 ぶれない。

☆5:《焼身の魂喰い/Immolating Souleater(NPH)》
 他の候補:《ゲスの評決/Geth's Verdict(NPH)》《血吸いの噛み付き/Leeching Bite(NPH)》《はらわた撃ち/Gut Shot(NPH)》《清純のタリスマン/Pristine Talisman(NPH)》

 注目の一手! ここでの2色目の選択で、緑と黒よりも優先してカード単体の性能では劣る《焼身の魂喰い/Immolating Souleater(NPH)》を取る燻し銀のピック!

 これは《髄掘り/Pith Driller(NPH)》《テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit(NPH)》を流している状況で、下方面を増殖に誘導して住み分けを図ろうという意思が伺えるピックですね。

 熟練の一手ではないでしょうか。また判断を保留する《清純のタリスマン/Pristine Talisman(NPH)》でもなく《焼身の魂喰い/Immolating Souleater(NPH)》をピックしたというのも興味深いところです。

6:《グレムリン地雷/Gremlin Mine(NPH)》
 他の候補:《血吸いの噛み付き/Leeching Bite(NPH)》

 安定の一手。

7:《鞭打ち炎/Whipflare(NPH)》
 他の候補:《ゲスの評決/Geth's Verdict(NPH)》

 ここまで《突き刺しモズ/Impaler Shrike(NPH)》以外が全てアーティファクトの低マナビートクリーチャーでまとめているのでこの1枚は魅力的ですね。
 展開次第ですがゲームを決める1枚にもなりえます。

8:《勝利の破壊/Victorious Destruction(NPH)》

 貴重なアーティファクト除去。これまでの構成が下に寄っているので、ある程度重くても十分採用レベル。

9:《ヴァルショクの難民/Vulshok Refugee(NPH)》

 ナイスサイドボード。なおかつ《鞭打ち炎/Whipflare(NPH)》に引っかからないという点にも注目。


ドラフトパック2 (ミラディン包囲戦)

1:《回転エンジン/Spin Engine(MBS)》
 他の候補:《病気の拡散/Spread the Sickness(MBS)》《神への捧げ物/Divine Offering(MBS)》

 鉄の意志で赤青路線を維持。

2:《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》
 他の候補:《回転エンジン/Spin Engine(MBS)》《オーガの抵抗者/Ogre Resister(MBS)》

 マナ域を下に寄せるのはビート戦略の基本。

3:《尖塔の海蛇/Spire Serpent(MBS)》
 他の候補:《胆液の水源/Ichor Wellspring(MBS)》

 回避能力持ちの低マナ域から繋げる地上制圧要員。

4:《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman(MBS)》
 他の候補:《神への捧げ物/Divine Offering(MBS)》

 スペル不足を補う貴重な1枚。

5:《血清掻き/Serum Raker(MBS)》
 他の候補:《尖塔の海蛇/Spire Serpent(MBS)》《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk(MBS)》《主の呼び声/Master's Call(MBS)》

 4マナ域が膨れがちな現環境では珍しく、ここまでほとんどが3マナ以下に寄せた構成で迎えた初の4マナ生物。マナカーブデザインに抜群のセンスを感じますね。
 環境に左右されにくい普遍的なテクニックについては流石です。これが殿堂の殿堂たるゆえんということでしょうか。

6:《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》
 他の候補:《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman(MBS)》

 ここでも低マナを優先。

7:《オーガの抵抗者/Ogre Resister(MBS)》

 卓内での赤の不人気がうかがい知れますね。

8:《震盪の稲妻/Concussive Bolt(MBS)》

 これは貴重なフィニッシュブロー!

9:《信号の邪魔者/Signal Pest(MBS)》

 ここまで回避持ち生物が多いと十分メインで働きます。《粗石の魔道士/Trinket Mage(SOM)》の受け入れを考えても抜け目ない一手です。


ドラフトパック3 (ミラディンの傷跡)

1:《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》

 求めていた品質。

2:《空長魚の群れ/Sky-Eel School(SOM)》

 安定の一手。

3:《銀のマイア/Silver Myr(SOM)》
 他の候補:《金属の駿馬/Chrome Steed(SOM)》

 ここは難しい一手ですね。迷ったら低マナ、迷ったら必要パーツ、という意思が伝わってくる一手です。

4:《闊歩するものの装具/Strider Harness(SOM)》
 他の候補:《剣爪のゴーレム/Saberclaw Golem(SOM)》
5:《闊歩するものの装具/Strider Harness(SOM)》
 他の候補:《マイアの繁殖者/Myr Propagator(SOM)》
6:《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》
 他の候補:《ソリトン/Soliton(SOM)》《調和者隊の盾/Accorder's Shield(SOM)》



 都合10体の回避持ち生物で構成されたとてもよくまとまった構成で、ドラフティングも基本に忠実ながら随所にセンスの光る殿堂クオリティではないでしょうか。
 ボムが引けなかったのと、除去が少ないのは気がかりですが、そこをテンポでカバーするのが殿堂プレイヤーの腕の見せ所でしょうか?

 編注: 同卓の他のプレイヤーの動向、パックの詳細はドラフトビューアーで確認できます。よければこちらもご覧ください! (ドラフトビューアーの見方は渡辺連載第8回をご参照ください。)

藤田剛史

前の記事: マジックウィークエンド・名古屋 関連ツイートまとめ 2日目 | 次の記事: Round 9: 伊藤 光英(埼玉) vs. 八十岡 翔太(東京)
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る