マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 11: 藤田 剛史(大阪) vs. Jeffrey Chan(シンガポール)

Round 11: 藤田 剛史(大阪) vs. Jeffrey Chan(シンガポール)

By 金民守


 ここまでドラフトラウンドを5-0で勝ち上がり、後進のプレイヤーに殿堂入りの貫禄を見せ付ける藤田のドラフト6戦目。
 このラウンドの結果次第ではベスト8が現実的に見えるラインに浮上するだけに目が離せない一戦だ。

Game 1

Jeffrey Chan

Jeffrey Chan

 ダイスにより先手後手の選択権を得たChanは後手を選択。

 藤田は《グレムリン地雷/Gremlin Mine(NPH)》《銀のマイア/Iron Myr(SOM)》《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman(MBS)》にランドが4枚という、若干マナフラッドが懸念されるハンドを苦笑しながらキープ。
 Chanも満足そうにキープを宣言してゲームが始まる。

 手順通り《グレムリン地雷/Gremlin Mine(NPH)》からマナマイアに繋げる藤田に対してChanも遅れを取るまいとマナマイアを鏡打ち。
 テンポで押したい藤田はこれ幸いと《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman(MBS)》でマイアを討ち取りながらクロックを準備。

 Chanも譲らない。《宝物の魔道士/Treasure Mage(MBS)》で《ファイレクシアの大男/Phyrexian Hulk(NPH)》をサーチして、アドバンテージを取り返しつつブロッカーを用意する。
 藤田は《闊歩するものの装具/Strider Harness(SOM)》をキャストしてマイアに装備させてアタック。相打ちが行われる。

 マイアがその身を挺して《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman(MBS)》のために道をこじ空けたのもつかの間、Chanは《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph(NPH)》で《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman(MBS)》をコピーして討ち取って見せる。お互いが1:2交換を取り合う怒涛の展開。

 返すターンで《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》をキャストする藤田。
 《闊歩するものの装具/Strider Harness(SOM)》を着けて速攻を付与し、2/1の《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph(NPH)》を乗り越えてChanのライフを削る。

 Chanはこれに対して《血清掻き/Serum Raker(MBS)》で対抗。これに対して藤田はディスカードを嫌ってアタックはせず。しかし《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》で《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph(NPH)》を討ち取って盤面の有利は進める。

 しかしChanは《病的な略取/Morbid Plunder(MBS)》で《銀のマイア/Iron Myr(SOM)》と《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph(NPH)》を回収し、三たび1:2交換をしつつ、続くターンの《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》コピーを確約してみせる。お互いがお互いのカードに対して完璧な回答を提示し続ける展開。本来リミテッドはもっと淡々としたゲーム展開が常なのだが、プロツアーのトップレベルの試合は、まるでビバッパー同士のインプロビゼーションを思わせるそれで、マジックというゲームがまごうことなき知的スポーツであることを再確認させられる。

 しかし、永遠に続くかにも思えたこの二人の攻防にも終わりが来る。藤田の攻めをChanが受け、その受けを藤田が返すその度に、《闊歩するものの装具/Strider Harness(SOM)》によって速攻を得たクリーチャーが少しずつChanのライフを削っていく。

 そしてクライマックスは一瞬だった。なんとかライフが致死圏に到達する前に場を制圧したかに見えたChanに対して、藤田は《鞭打ち炎/Whipflare(NPH)》でブロッカーを一掃してみせる。

 その上で《回転エンジン/Spin Engine(MBS)》をキャストして《闊歩するものの装具/Strider Harness(SOM)》を装備し、鮮やかな一撃でドラフト全勝に王手をかけた。

藤田 剛史 1-0 Jeffrey Chan


Game 2

 戦線が膠着する展開を前提にした後手戦略が一般的になる現環境で、それを逆手に取った先手デッキをドラフトし見事それがはまって一本目を先勝した藤田。
 Chanも先の試合展開を見て戦略を改め、今回は先手を選択してゲームが始まる。

 Chanは3ターン目始動と若干出遅れる形になったが、先手の選択が功をなしたのとその3ターン目のアクションが《清純のタリスマン/Pristine Talisman(NPH)》から《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》というゲームの長期化に寄与する2枚だったため、十分に藤田にプレッシャーを与えることに成功した。

 それを受ける藤田は2ターン目の《銀のマイア/Iron Myr(SOM)》から《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》と展開。手札に4枚目の土地がないことから《銀のマイア/Silver Myr(SOM)》はアタックせずにターンを返す。Chanは《ドロスの切り裂き魔/Dross Ripper(MBS)》を、藤田は無事4枚目のランドを獲得し《空長魚の群れ/Sky-Eel School(SOM)》を戦線に追加。

 その返し、ゲームが動く。土地5枚の状態で《ドロスの切り裂き魔/Dross Ripper(MBS)》と《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》がアタックをしてきたのだ。
 藤田の戦場のアンタップ状態の生物は《空長魚の群れ/Sky-Eel School(SOM)》と《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》。

 《ドロスの切り裂き魔/Dross Ripper(MBS)》のアタックは理解できるが、それが《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》と一緒ともなるとコンバットトリックがあることは必至。
 手札に《闊歩するものの装具/Strider Harness(SOM)》がある藤田はこのアタックをスルーしてライフを16とする。さらに《ニューロックの模造品/Neurok Replica(SOM)》を追加してゲームをリードする。

 藤田は予定通り《闊歩するものの装具/Strider Harness(SOM)》をキャスト。少考の後金属術を達成した《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》に装備し、さらに《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》を追加した後に《空長魚の群れ/Sky-Eel School(SOM)》だけでアタックを行いターンを返す。

 Chanは藤田のこの陣営を見ても変わらず《ドロスの切り裂き魔/Dross Ripper(MBS)》と《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》でアタック。
 《ドロスの切り裂き魔/Dross Ripper(MBS)》がスルーされ、《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》を《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》がブロックすると、Chanはファイレクシア・マナを支払ってプレイした《変異原性の成長/Mutagenic Growth(NPH)》で相打ちを取ることを選択した。

 懸念だったChanのコンバットトリックがなくなり、盤面で詰めを進めることができるようになった藤田の攻め手が強まる。
 5点、7点、《ヴァルショクの心臓焚き/Vulshok Heartstoker(SOM)》によってダメージが鋭角に加速される。Chanも負けじと《皮裂き/Skinrender(SOM)》で応戦するが、藤田はこともなげに《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph(NPH)》で裂き返す。
 致死圏に陥りながらも《病的な略取/Morbid Plunder(MBS)》で《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》と《皮裂き/Skinrender(SOM)》を回収しながら《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》をブロッカーに回して巻き返しを計る。チャンプブロックから《清純のタリスマン/Pristine Talisman(NPH)》と合わせて2点ゲインして、再度《皮裂き/Skinrender(SOM)》を展開して場をイーブンに戻せば《清純のタリスマン/Pristine Talisman(NPH)》でゆっくりと安全を拡大すればいい。瀬戸際ではあるがまだ充分Chanにも巻き返しがある。いや、このターンで決められなければ逆に藤田が状況の打開策を求められる立場に回るだろう。


・・・しかし藤田にはそのような心配は無用だった。くしくも藤田のドローしたカードは《勝利の破壊/Victorious Destruction(NPH)》。
 そう、それはまるで何か見えない何かからのメッセージ。見えざる神の手が藤田に送り込んだ、Chanの一縷の望みを絶つアーティファクト破壊であった。
 そして苦笑する藤田がキャストしたのは、なんと《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》!!
 この男、強すぎる!!!!

藤田 剛史

藤田 剛史

 藤田剛史、ドラフトラウンドを貫禄の全勝!!!


藤田 剛史 2-0 Jeffrey Chan

前の記事: Round 10: 猪野 健太郎(京都) vs. 三原 槙仁(千葉) | 次の記事: Draft Viewer: Draft 2, Table 1
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る