マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 12: 吉森 奨(神奈川) vs. Pascal Maynard(カナダ)

Round 12: 吉森 奨(神奈川) vs. Pascal Maynard(カナダ)

by Atsushi Ito


 2ndドラフト3回戦を終えて、藤田 剛史(大阪)がスタンディングトップに名を連ねる他は軒並み3敗ライン以下まで後退した日本勢。だがそんな中でもただ一人、2敗ラインに踏みとどまっている日本人がいた。

 プロツアー初参戦の吉森だ。

 とはいえ、これまでたまたま仕事上の都合などで参加が難しかったというだけで、プロツアーの出場権自体は幾度も獲得しているという吉森。その実力は折り紙つきだ。

 ドラフトラウンドも手堅く4-2で折り返し、ここからはブロック構築ラウンド5回戦。

 持ちキャラであるドランカラーのデッキではないものの、初日の5回戦を全勝した珠玉の白単《鍛えられた鋼/Tempered Steel》で、トップ8まで駆け抜けることができるか。


Game 1

Pascal Maynard
Pascal Maynard

 先手はMaynard。《メムナイト/Memnite》《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》から《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb》×2と軽快にパーマネントを展開する吉森に対し、Maynardは《金属海の沿岸/Seachrome Coast》《金属海の沿岸/Seachrome Coast》《島/Island》とセットしてゴーするのみ。どうやらMaynardのデッキは青白コントロールのようだ。

 そんなMaynardのファーストアクションとなったのは、エンド前に《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》へ《四肢切断/Dismember》を撃ち込んでからの4ターン目《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》。これは即座に《急送/Dispatch》でリムーブ(《オパールのモックス/Mox Opal》で金属術は達成している)され、さらに吉森はエンド前に《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb》でデッキを掘り進める。返しのターンにも《キマイラ的大群/Chimeric Mass》をX=4で設置する吉森。

 だがMaynardの次なるアクションは《エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel》。即座に-2能力が使用されると、飛行のクロックが全くないためこれを返しで落とすことができない吉森。仕方なく《キマイラ的大群/Chimeric Mass》のみでアタック後、《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb》を起動してからの《信号の邪魔者/Signal Pest》展開にとどめる。

 これを好機と見たか、ここでMaynardはさらに-2能力を使用してトークンを並べ、《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》をも展開する。

 しかし、2回の《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb》のドローのサポートで吉森はそのカードに辿りついていた。

 《鍛えられた鋼/Tempered Steel》。

 《信号の邪魔者/Signal Pest》《メムナイト/Memnite》、2体のマイアトークン、《キマイラ的大群/Chimeric Mass》。そのすべてが+2/+2された怪物となってMaynardに襲いかかる。

 Maynardも兵士トークンでチャンプしつつ、どうにか《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》と展開してライフを守りきろうとするが、吉森のフルアタックで残りライフ2点がちょうど削りきられてしまったのだった。

 吉森 1-0 Maynard

 吉森は《骨髄の破片/Marrow Shards》をケアして《メムナイト/Memnite》《信号の邪魔者/Signal Pest》を全抜きし、《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》《不退転の大天使/Indomitable Archangel》をサイドインした。


Game 2

吉森 奨
吉森 奨

 ここで不運にもMaynardがダブルマリガンしてしまうが、吉森のキープした7枚は

  • 《平地/Plains》
  • 《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb》
  • 《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》
  • 《脊柱の飛行機械/Spined Thopter》
  • 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
  • 《鍛えられた鋼/Tempered Steel》
  • 《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》

 というもの。サイド後の後手であることを踏まえればキープはおそらく正着なのだが、きちんと土地が引き込めないようならゲームはまだわからない、といったところか。

 しかし、吉森の勢いはとどまるところを知らない。

 この局面でドローは2連続で《平地/Plains》。デッキに愛されている。

 濃厚な手札がほぼ全てアクティブになった吉森は、1ターン目の《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb》こそ《精神的つまづき/Mental Misstep》されるものの、《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》と着実にクロックを形成していく。

 Maynardも《分散/Disperse》や《エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel》で耐え、何とか《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》までつなごうとするが、ダブルマリガンが響いて7枚目の土地まで辿りつけない。

 結局吉森が先に《鍛えられた鋼/Tempered Steel》を貼って飛行8点クロックを形成してしまうと、もはやMaynardに逆転の目は残されていないのだった。

 吉森 2-0 Maynard


前の記事: プロツアー・名古屋 メタゲームブレイクダウン | 次の記事: Round 13: 角岡 利幸(東京) vs. 千葉 晶生(北海道)
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る