マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 9: 藤田 剛史(大阪) vs. Fabian Thiele(ドイツ)

Round 9: 藤田 剛史(大阪) vs. Fabian Thiele(ドイツ)

By Masashi Oiso


 席に着くと開口一番、

「ワーストデック・・・」

 とぼやく藤田。練習で白しかやっていなかったが、今回のドラフトは上のプレイヤーが白をピックしていたので仕方なく別の色を選択せざるを得なかった、とのこと。

 曰く"プレリリース状態"のドラフトとなった藤田ではあるが、デッキは青赤の回避ビートダウン。飛行やブロックされない能力を持ったクリーチャーを2枚の《闊歩するものの装具/Strider Harness》で押し込む、まとまった構成となっている。

 対するThieleは青黒のコントロール寄りなデッキに《赤の太陽の頂点/Red Sun's Zenith》をタッチしている。

 藤田としては、多色デッキの強力なカードを相手にする前にゲームを終わらせたいところだ。
 構築では「Boros Deck Wins」等のビートダウンデッキで名を馳せる藤田のプレイに注目したい。


Game 1

藤田 剛史

藤田 剛史

 ダイスロールの結果、藤田はうれしい先攻を獲得。
 赤マナがないものの、《グレムリン地雷/Gremlin Mine》や《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》のある手札をキープした。

 ・・・しかし、3ターン目にして早くも土地が止まってしまい、先攻の利を活かすことができない。
 《焼身の魂喰い/Immolating Souleater》が地味に攻撃をする他は何もできず、渋い顔でターンを返す。

 動きの芳しくない藤田を尻目に、Thieleは《テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit》、《謎鍛冶/Riddlesmith》で手札を整える。すでに3色を確保した状態だ。

 藤田は一応《島》を引いて《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider》でクロックを構築するが、色の出ない状態に不満顔。

 Thieleの場に《ヴィダルケンの解剖学者/Vedalken Anatomist》が登場すると、手札の《鞭打ち炎/Whipflare》がキャストできない藤田はさすがに苛立ちを隠せない。

 ライフは藤田 20 (毒1):Thiele 9(毒0)ではあるが、戦場は、《島》4枚のみとなった藤田に対して《ヴィダルケンの解剖学者/Vedalken Anatomist》《堕落の三角護符/Trigon of Corruption》といった強力システムとクリーチャーを擁するThieleのもの。

 だが赤いカードや5マナ圏を大量に抱える藤田としては、土地さえ引ければまだチャンスはある。

 ライフは詰められたものの、やっと《山》を引きこんだ藤田は《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》をキャスト。

 対象は...《髄掘り/Pith Driller》!?

 正直《堕落の三角護符/Trigon of Corruption》を破壊することしか頭に無かった筆者には、藤田のバランス感覚に驚きを隠せなかった。


 ここから《鞭打ち炎/Whipflare》やお互いのクリーチャーの壮絶な相討ちの結果、

ライフ  藤田14 (毒3):Thiele 9(毒0)
戦場   藤田《闊歩するものの装具/Strider Harness》x2
     Thiele《かき鳴らし鳥/Thrummingbird》《堕落の三角護符/Trigon of Corruption》

と、ややThiele有利といったところ。

 まず、Thieleが《黒死病の魂喰い/Pestilent Souleater》を追加して一気にプレッシャーをかける。

 藤田も負けず《侵害の魂喰い/Trespassing Souleater》を速攻で送り込み、やや先攻するが、《堕落の三角護符/Trigon of Corruption》+《かき鳴らし鳥/Thrummingbird》のシステムを前にダメージが間に合うのか?

 《ヴァルショクの心臓焚き/Vulshok Heartstoker》によって一気にライフを詰めようと試みる。
 が、前ターンに《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》で見られていたため、対応策がない訳もなく《心理の障壁/Psychic Barrier》で退けられる。


 藤田は、このターン引いた《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》に可能性を求める。ここが実質最後の山場だろう。

 ジャッジからの勧告により、意を決して《黒死病の魂喰い/Pestilent Souleater》とし、ブロックによる延命をはかる。《侵害の魂喰い/Trespassing Souleater》の攻撃でThieleのライフは3。

 しかし、Thieleの手からこぼれた《赤の太陽の頂点/Red Sun's Zenith》によりブロッカーを失った藤田は、致死量の毒を受けてしまった。

藤田 0-1 Thiele


 Thieleは藤田のデッキを見て、サイドボードで軽量化をはかる。


Game 2

 再び藤田の先攻。今度は色、マイア、装備、回避クリーチャーときれいに揃っている。

 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》でそれらを見たThieleは、どう捌いていくのか。

 藤田は《銀のマイア/Silver Myr》《闊歩するものの装具/Strider Harness》《侵害の魂喰い/Trespassing Souleater》と順調にクロックを展開し続ける。

 ライフで遅れを取っているThieleも負けずと《回転エンジン/Spin Engine》《髄掘り/Pith Driller》と並べるが、藤田のクリーチャーをブロックできないため殴り合うしかない。

 藤田の《侵害の魂喰い/Trespassing Souleater》がお互いのライフを削りまくった結果、6ターン目の両者のライフは藤田 6 - Thiele 3。

 追い込まれたThieleは《生命の終焉/Life's Finale》で何とか踏みとどまる。

 ・・・とはいっても《闊歩するものの装具/Strider Harness》をコントロールする藤田にとって、3点のライフはあまりにも少なく。

 フルタップのThieleに対して、藤田が「持ってるよー」と《ヴァルショクの心臓焚き/Vulshok Heartstoker》を見せると、Thieleは藤田のデッキを軽く確認してから投了した。

藤田 1-1 Thiele


 Thieleの数々のパワーカードを目の当たりにした藤田はサイドボードを大幅に変更・・・と思いきや、違う色のカードだったり同じカードを入れ替えたりといったブラフで、結局入れ替えは《信号の邪魔者/Signal Pest》→《勝利の破壊/Victorious Destruction》のみ。

 Thieleは《黒死病の魂喰い/Pestilent Souleater》2枚を抜いて《狂気コウモリ/Dementia Bat》投入など、さらに防御力を高める。


Game 3

Fabian Thiele

Fabian Thiele

 Thieleはもちろん先攻。「Have fun!」と軽くスマイル。

 毎度のごとく3色を揃えているThiele、このゲームは《島》2枚のスタートで色事故か?と思ったら《銀のマイア/Silver Myr》を《心理の障壁/Psychic Barrier》した後にあっさり3色並べてみせる。

 対照的に、また土地が3枚で止まって不満な藤田。《ヴァルショクの心臓焚き/Vulshok Heartstoker》《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman》といったCIP能力のクリーチャーを惜しげもなく投入し、クロックをなんとか拡大する。


 順調に見えたThieleだったが、実は色が揃ったのは単に土地を多く引いているのか?
 手札もマナも潤沢にあるにも関わらず、5ターン目に《回転エンジン/Spin Engine》といまいちな動き。

 藤田の《突き刺しモズ/Impaler Shrike》に《赤の太陽の頂点/Red Sun's Zenith》を打ち込むとなると、手札には何も無い?
 もしくは、《生命の終焉/Life's Finale》・・・?

 藤田もそれを察知してかクリーチャーを温存し、Thiele唯一のブロッカーである《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》のトークンを装備もろとも《勝利の破壊/Victorious Destruction》で排除して攻撃。これでThieleのライフは10。

 それでも全く動かないThieleに対して《空長魚の群れ/Sky-Eel School》をキャストしてみるが・・・やはり《生命の終焉/Life's Finale》!

 藤田の手札には《震盪の稲妻/Concussive Bolt》があってあと一歩というところではあるが、手札のクリーチャーは《ヴァルショクの心臓焚き/Vulshok Heartstoker》くらい。
 さらに虎の子の《震盪の稲妻/Concussive Bolt》が《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》で白日のもとに晒され、あと4点を与えるのは難しいか。

 ・・・と、ここで藤田が引いたのは《突風掬い/Gust-Skimmer》。

 Thieleの回答は《かき鳴らし鳥/Thrummingbird》。


 対する藤田の提示したカードは...《鞭打ち炎/Whipflare》!

 これで4点のダメージを受けることが確定してしまい、次のターンの敗北が避けられないことを悟ると、Thieleはうなずいて右手を差し出した。


藤田 2-1 Thiele


 藤田は全勝のThieleを破り、ここで暫定首位に!


 ゲームの後、少し落ち込んだ風のThieleを藤田が励ましているのが印象的だった。

「決勝ラウンドでリベンジしてよ!」と語りかける藤田。

 ぜひ、両者に実現してほしいと思う。

前の記事: Round 9: 伊藤 光英(埼玉) vs. 八十岡 翔太(東京) | 次の記事: Round 10: 猪野 健太郎(京都) vs. 三原 槙仁(千葉)
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る