マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13: 八十岡 翔太(東京) vs. Rob Dougherty(アメリカ)

Round 13: 八十岡 翔太(東京) vs. Rob Dougherty(アメリカ)

By Takamasa Sato


 二日目もこの第13回戦で折り返し。
 現時点でトップ8に目がある日本勢は5人。
 藤田 剛史、吉森奨、角岡 利幸、岩崎 祐輔、そして八十岡 翔太である。

 ここまで調子よく勝利を重ねてきたプレイヤーにとっても、ここからの1勝は価値が違う。重みが違う。
 相手は12回戦を自らと同じ成績で突破してきた実力者なのだ。
 それでもプレイヤー・オブ・ザ・イヤー経験者であり、グランプリ・神戸覇者たる八十岡にとっては、普段の試合となんら変わらないだろう。

 とはいえ、ここで八十岡の前に立ちふさがったのはYMGの総帥・Rob Dougherty(ロブ・ドハティ)。

Rob Dougherty

Rob Dougherty

 第2回戦で総帥対決に敗れながらも、3敗ラインに踏みとどまっているのだ。
 さすがの八十岡とはいえ、簡単に勝てる相手ではない。

 八十岡のデッキは、第4回戦でもお伝えした通り、自ら組み上げた4色コントロール。
 ドハティは《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》をキーとした白ウィニーである。

 実は、ドハティは第12回戦のフィーチャー・マッチで八十岡の4色コントロールをシェアされた藤田 剛史に負けているのだが、果たして同じデッキを相手に雪辱を果たせるか。


Game 1

 先手はドハティ。1マリガン後のハンドを渋い顔でキープ。
 《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk(MBS)》と《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》からビートを始める。

 7枚のハンドをキープした八十岡は、《粗石の魔道士/Trinket Mage(SOM)》から《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb(SOM)》をサーチしてアドバンテージを稼ぐ。
 さらに次のターンに《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb(SOM)》をプレイすると、足らなかった色を産むべく《山/Mountain(ROE)》をサーチ。

 ドハティは《迫撃鞘/Mortarpod(MBS)》を2枚連打して八十岡のライフを削る準備を整える。

 八十岡は《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》で《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk(MBS)》を溶かし、《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring(NPH)》で4色目となる《森/Forest(ROE)》をサーチする。
 「マナベースが弱いため、多色化が難しいのではないか」と語られていたこの環境の常識を打ち崩す動きだ。

 ドハティは《迫撃鞘/Mortarpod(MBS)》を装備しての《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》アタック。
 八十岡は《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》に《内にいる獣/Beast Within(NPH)》を撃ち込み、ライフを守る。
 ドハティはビースト・トークンに《迫撃鞘/Mortarpod(MBS)》を装備して八十岡の《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》を牽制する。

 しかし、八十岡は構わずアタック。ビースト・トークンがブロックしたところで二枚目の《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》で《迫撃鞘/Mortarpod(MBS)》を破壊。
 ダメージレースから消耗戦に引きずり込む。

 追い詰められたドハティは《ダークスティールの斧/Darksteel Axe(SOM)》をプレイして巨大になった《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》で攻撃し毒殺を試みるが、八十岡が《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》に辿りついて5/5の《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring(NPH)》で攻勢に回り始めると、カードを片付けた。

八十岡 1-0 ドハティ


Game 2

 ドハティは先手を選び、双方マリガンなし。

 ドハティは1ターン目《ダークスティールの斧/Darksteel Axe(SOM)》から、2ターン目にこれを戻しての《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》で早期決着を狙う。
 しかし、土地が《平地/Plains(M11)》1枚で止まってしまった上に、八十岡の《感電破/Galvanic Blast(SOM)》に《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》を撃ち落とされてしまう。1枚だけ戦場に残った《ダークスティールの斧/Darksteel Axe(SOM)》が哀愁を誘う。

 その間に八十岡は《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs(SOM)》《闇滑りの岸/Darkslick Shores(SOM)》《銅線の地溝/Copperline Gorge(SOM)》という三種類の二色土地と、2枚の《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring(NPH)》で盤石なマナベースを組み上げる。
 手札にも2枚ずつの《喉首狙い/Go for the Throat(MBS)》と《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith(MBS)》を用意して、悠々とエンド。

八十岡 翔太

八十岡 翔太


 2枚目の土地に辿りついたドハティは、ようやく《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》。
 これを八十岡は《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith(MBS)》で除去する。

 八十岡は、ドハティの2枚目の《ダークスティールの斧/Darksteel Axe(SOM)》と《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》に対しては《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》で牽制。
 3枚目の土地に辿りついての《王の摂政、ケンバ/Kemba, Kha Regent(SOM)》を《喉首狙い/Go for the Throat(MBS)》、2枚目の《王の摂政、ケンバ/Kemba, Kha Regent(SOM)》も、手札に除去を温存しての《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》で処理。
 さらにはドハティの放った2枚目の《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》も《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》で破壊、と完全に盤面を掌握する。

 しかし、ドハティも引きが強い。4枚目の土地を引きこんでの《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》をプレイ。
 対する八十岡は土地を引きすぎており、手札に残った最後のインスタント除去である《喉首狙い/Go for the Throat(MBS)》をメインに撃つことに。
 八十岡は、更なる手札供給を求めて《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》を場に送り込むが、ドハティが金属術を達成しての《急送/Dispatch(NPH)》でこれを退ける。

 ここで八十岡はタップアウト。その隙をついてドハティは《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》をプレイする。
 3枚目の《ダークスティールの斧/Darksteel Axe(SOM)》で1ドローしつつ、戦場にあるすべての装備品を《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》に。
 3枚の《ダークスティールの斧/Darksteel Axe(SOM)》と《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》を両手に抱えた、9/2の騎士が完成する。

 八十岡は手札に残る最後の除去である《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith(MBS)》で聖騎士を除去すると、《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》で《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring(NPH)》に命を与えてドハティを殴る。

 ドハティがプレイするのは、2枚目の《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》。これに《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》を持たせて延命を図る。
 八十岡は次なるターンも《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》の能力で2枚目の《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring(NPH)》を5/5にして殴り続ける。
 ドハティはこれをブロックし、《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》を失いつつも、ライフゲインで数ターンの猶予を得る。
 だが、八十岡は《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring(NPH)》で土地を得ており、アドバンテージ差は広がるばかりだ。

 ドハティは忠誠値が1となった《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas(MBS)》を《迫撃鞘/Mortarpod(MBS)》で破壊。
 3枚目となる《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》も呼び寄せて勝ち筋を探る。

 だが、次のターンに八十岡が戦場に送り込んだ《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》に対応できない。

 ドローステップに《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》がもたらした《感電破/Galvanic Blast(SOM)》が《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》を撃ち落とすと、成すすべもないドハティは右手を差し出した。

八十岡 2-0 ドハティ

前の記事: Round 13: 角岡 利幸(東京) vs. 千葉 晶生(北海道) | 次の記事: 「デュエルズ オブ ザ プレインズウォーカーズ」を遊んでみた
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る