マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 14: 八十岡 翔太(東京) vs. David Sharfman(アメリカ)

Round 14: 八十岡 翔太(東京) vs. David Sharfman(アメリカ)

By Shuhei Nakamura


 予選ラウンドはこのラウンドを含めてあと3回。
 通常、3敗1分けがプレイオフへ進むためのボーダーラインとなるプロツアーで、このラウンドでの両者3敗というのはまさに断崖絶壁での戦い。
 伸るか反るか、勝てば天国、負ければ地獄。

 そんなこのラウンドでフィーチャー席に招待されたのはDavid Sharfman。
 史上最大の悪夢とまで呼ばれたグランプリ・パリ2011の優勝者。(リンク先は英語カバレージ)
 このラウンドを制し、トップ8を賭けた最後の一戦へと駒を進められるか。

八十岡 翔太

八十岡 翔太

 相対するは八十岡 翔太。
 そういえば第5ラウンドで2勝2敗同士で八十岡翔太と対戦していた気がするのだが(注:筆者が負けました)、そこから通算7勝1敗と白星を量産してトップ8の裾野を掴めるところまでやってきた。

 八十岡にとってこの名古屋はただのプロツアーではない。
 8月にある今年の殿堂入り投票に向けて、自分をアピールする為の絶好のステージだ。
 叙述者としては失格ではあるが、できうることなら、友人として、かつて世界を廻った仲間として、是非とも八十岡には勝ってほしい。


Game 1

 両者キープ、八十岡先攻の第2ターンに《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》からマナ調整に入るところからスタート。

David Sharfman
David Sharfman

 翻ってSharfmanは第2ターンの《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》から、環境を支配している白ウィニーのもう1つの形、装備ビートダウンだ。

 続くターンに《粗石の魔道士/Trinket Mage》で《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》とマナ調達に入る八十岡に対して、《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》が登場。
 騎士は装備前、《迫撃鞘/Mortarpod》が出るスタックで《感電破/Galvanic Blast》を使って葬ったものの追加の騎士が登場し予断を許さない。
 とりあえずは八十岡、《粗石の魔道士/Trinket Mage》で攻撃、これをSharfmanは《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》2体目でブロック。

 装備品の種切れか?

 どうやらそうらしい。
 だがそれならば、手札にあるのはクリーチャーということだ。
 Sharfmanは《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》で《グレムリン地雷/Gremlin Mine》を消し去り、《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》を戦線に追加。

 1ターンは《喉首狙い/Go for the Throat》で封じたものの、追加で現れるは《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》。

 八十岡の二の矢は《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith》。
 ちなみに、この時点で戦場に並んでいる八十岡の土地は青黒緑赤均等。色配分などお構いなしの気持ち悪いラインナップだがこれこそが八十岡の真骨頂。むしろヤソらしい。

 三たび出てくるクリーチャーは《迫撃鞘/Mortarpod》。
 明らかに弾切れだ。

 これに対しての八十岡の答えは、《内にいる獣/Beast Within》を《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》に。場に出ている剣のプロテクションは白と赤。

 だがこれには《急送/Dispatch》でトークンをいなすshafman。初めて本体にダメージらしいダメージが入るが、続くターンで八十岡がトップデッキしたと思われる《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》で《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》を叩き割る。

 戦線が膠着しだした。《粗石の魔道士/Trinket Mage》から2枚目の《グレムリン地雷/Gremlin Mine》を持ち出し、Sharfmanの2枚の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》を牽制。

 コントロール対ビートダウンの転換点、攻守の逆転が起こる。
 八十岡にとってはアドバンテージを取った後の残り滓、Sharfmanにとっては実体を伴った脅威である生物達が締め上げる。

 だがその差は僅か、そしてその均衡は《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》をトップデッキしたSharfmanに対してやむなく《メムナイト/Memnite》に《グレムリン地雷/Gremlin Mine》を使用してしまったことで崩壊する。
 剣を装着して迫り来る《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》の前に、八十岡の残ったターンはあと2ターン。

 ドロー、《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》。

 最後のドローは・・・
 そのカードを戦場に叩きつけることは叶わず、八十岡はライブラリーの上を確認することで投了を表した。

八十岡 0-1 Sharfman


Game 2

Round 14

 お互い初手キープでのスタート。

 八十岡が《太陽の宝球/Sphere of the Suns》に対して、Sharfmanは《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》。
 両者最高ともいえる立ち上がりで、次なる一手は《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》、対して《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》。
 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》が追加されスラーンの攻撃を受けてのSharfmanの選択は、装着して攻撃。これを八十岡は《粉砕/Shatter》でいなす。一進一退。
 追加の《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》が登場し、おそらく次の2、3ターンがこのゲームの鍵となるだろう。

 八十岡の行動は、まずはスラーンが攻撃。これが通ってSharfmanは残り12ライフ。
 八十岡は口を尖らせつつ、《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》から土地を追加してターンを返す。

 続くSharfmanのターン。
 装備品は・・・
 ない。

 しかし出てくるのは《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》。
 これはこれで八十岡にとっては深刻な脅威だ。

 だがそれでも攻めの姿勢を崩さない八十岡。
 スラーンが再度の攻撃、これでライフが8となり。時が満ちた《漸増爆弾/Ratchet Bomb》で自分の水源ごと騎士を一掃。改めて《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring》を出した上で《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》で5/5にしてターンを返す。

 それに応えたSharfmanの行動は《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》を唱えて英雄に装着、5/6となった英雄は本体に、2/1の2体のトークンは《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》に向けての攻撃。
 ダメージレースでは八十岡がまだ優位に立っているものの、テゼレットの死亡が確定し、追加ダメージを受けた八十岡のライフもまた6にまで落ち込み、Sharfmanのライフは見て目上は安全圏内の10になる。

 戦闘が終了した後で、Sharfmanは更に《きらめく鷹/Glint Hawk》を召喚し、《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》を手札に返してブロッカーとする。

 お互いに喉元に刃が食い込んでいる状況は続く。
 八十岡は長考した上で両方で攻撃。
 5/5の水源が《きらめく鷹/Glint Hawk》でブロックされ、戦闘後に八十岡の《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith》が戦場を無人の荒野にする。

 だがSharfmanには《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》と、手札に《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》がある。墨蛾は感染付きではあるが、剣からのダメージは肉体に響く。八十岡の残りライフは僅かに3。

 それでも、八十岡の起死回生の《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》が再びの場に膠着をもたらす。
 《急送/Dispatch》するにも金属術の用意が出来ないSharfmanにとって青いタフネス6は高すぎる壁だ。
 Sharfmanは『現状では』回答する術を持たない。八十岡にドローさせて土地を置いてターンを返す。

 青使いにとって至福の瞬間、相手よりも多くのドローができた八十岡が再び攻勢に転じる。
 《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》が攻撃し、Sharfmanのライフは6に。Sharfmanの空っぽの戦場から八十岡が負けえる要素、《白の太陽の頂点/White Sun's Zenith》への解答となる《漸増爆弾/Ratchet Bomb》を設置した上でターンを返す。

 やはり持っていた。《白の太陽の頂点/White Sun's Zenith》。
 だがこのレオニン達は何匹いようとも《漸増爆弾/Ratchet Bomb》で相殺だ。
 八十岡に追加の2枚が入りゲームは未だに八十岡有利。残るターンはあと2ターン。

 だがここでSharfman、逡巡しつつも《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》を召喚。
 これでライフが4!?

 確かに《感電破/Galvanic Blast》の受けを考えるなら・・・
 だがわざわざ八十岡の致死圏内に自ら引き入れる理由に意味はあるのか。


 結論からいえば意味はあった。
 渋い顔で攻撃を選択しなかった八十岡に対して、Sharfmanが八十岡のターン終了時に唱えたのは2枚目の《白の太陽の頂点/White Sun's Zenith》。

 3体の猫トークンが現れ、しかも駄目押しに出てきたのは《迫撃鞘/Mortarpod》。

 1ターン遅かった追加の2枚ドロー、《粉砕/Shatter》《内にいる獣/Beast Within》で八十岡も防戦を試みるものの、Sharfmanの攻撃を防ぎきることはかなわなかった。

八十岡 0-2 Sharfman

前の記事: Deck Tech: 《鍛えられた鋼》 | 次の記事: Round 14: 藤田 剛史(大阪) vs. Yong Han Choo(シンガポール)
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る