マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13: 角岡 利幸(東京) vs. 千葉 晶生(北海道)

Round 13: 角岡 利幸(東京) vs. 千葉 晶生(北海道)

By 津村 健志


 角岡(ビッグレッド)vs. 千葉(青黒コントロール)


 筆者がテーブルに着くと、ちょうど角岡が《石弾化/Artillerize(NPH)》で1本目をもぎ取ったところであった。

角岡 1-0 千葉


Game 2

 お互いに土地を置くだけの静かな立ち上がり。角岡の土地が《山/Mountain》と《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》の2枚で止まってしまい、手札の《ゴブリンの戦煽り/Goblin Wardriver(MBS)》を唱えることすら叶わず、ディスカードをするはめに。

千葉 晶生
千葉 晶生

 一方の千葉も土地が3枚で1ターン止まってしまったものの、こちらは角岡とは対照的にすぐさま土地を引き始める。

 角岡も《マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring(NPH)》と《胆液の水源/Ichor Wellspring(MBS)》でドローを進めようと試みるが、千葉の《冷静な反論/Stoic Rebuttal》と《鋼の妨害/Steel Sabotage(MBS)》がそれを許さない。

 そして5マナ目を引くいなや、《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》を戦場に解き放つ千葉。
次のターンにはさらにもう1枚の《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》を追加し、依然として土地が3枚のままの角岡を追い詰める。

 しかし角岡もここしかない、このタイミングで4枚目の土地をトップデック!
 《核への投入/Into the Core(MBS)》で《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》2枚を一気に対処する。

 これで流れを引き寄せたかに見えた角岡だったが、千葉が次のターンに送り込んできた刺客は《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》。現状《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》しかクロックを持たない角岡にとって、このプレインズウォーカーの壁はあまりにも高い。

 《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》でカーンを攻撃し、それをコストに《カルドーサの再誕/Kuldotha Rebirth(SOM)》をキャストする角岡。《ゴブリンの戦煽り/Goblin Wardriver(MBS)》も追加して、クロックの拡大を目論むが、千葉の《四肢切断/Dismember(NPH)》でこのゴブリンは葬られてしまい、なかなか思うようにいかない。

 なんとか《カルドーサの再誕/Kuldotha Rebirth(SOM)》のゴブリントークンで《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》を攻め続けるが、プラス4という異次元の能力を持つこのプレインズウォーカーの忠誠度は全く減らない。

 攻めるしかない角岡は《槌のコス/Koth of the Hammer》、《カルドーサのフェニックス/Kuldotha Phoenix》と連続でキャストするが、千葉は《冷静な反論/Stoic Rebuttal》と《心理の障壁/Psychic Barrier(NPH)》で反撃の芽を摘み取っていく。

 《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》のプラス能力とマイナス能力を使い分け、巧みに戦場をコントロールする千葉に隙はなく、そのうちに千葉がトップデッキした《青の太陽の頂点/Blue Sun's Zenith(MBS)》を見せたところで、角岡が投了。

角岡 1-1 千葉


Game 3

角岡 利幸
角岡 利幸

 3本目は先手、角岡の《ゴブリンの戦煽り/Goblin Wardriver(MBS)》が除去されることなく、コツコツとクロックを刻む展開に。

 後続の《胆液の水源/Ichor Wellspring(MBS)》こそ《鋼の妨害/Steel Sabotage(MBS)》で打ち消されるが、千葉の土地が《闇滑りの岸/Darkslick Shores(SOM)》《沼/Swamp》×3という、《心理の障壁/Psychic Barrier(NPH)》も《冷静な反論/Stoic Rebuttal》もキャストできないマナベースを見て、《カルドーサのフェニックス/Kuldotha Phoenix》を発進させる角岡。

 除去を持っていなかった千葉はこれを対処することができず、ライフが一気に9まで落ち込んでしまうことに。

 一縷の望みに賭けて《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》をプレイする千葉だったが、角岡は《カルドーサのフェニックス/Kuldotha Phoenix》アタック→《石弾化/Artillerize(NPH)》で、千葉のライフをきっちりと削りきってみせたのだった。

角岡 2-1 千葉


前の記事: Round 12: 吉森 奨(神奈川) vs. Pascal Maynard(カナダ) | 次の記事: Round 13: 八十岡 翔太(東京) vs. Rob Dougherty(アメリカ)
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る