マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 藤田 剛史(大阪) vs. David Sharfman(アメリカ)

準々決勝: 藤田 剛史(大阪) vs. David Sharfman(アメリカ)

By 金民守

決勝ドラフトに挑む藤田 剛史
決勝ドラフトに挑む藤田 剛史

 藤田は1パック目の14ピック全てを使って赤白を主張した。
 除去を流した。《呪文滑り/Spellskite(NPH)》も《納墓の総督/Entomber Exarch(NPH)》も《生命の接合者/Vital Splicer(NPH)》も流した。
 愚直に、ただまっすぐ赤白を目指してドラフトを進める。ピックではない。藤田が行っているのは位置取りだ。

 藤田がカードをピックするたびに伝わってくる。藤田の下家は角岡だ。
 角岡よ。黒、緑、青のカードならばいくらでも流そう。だから、赤と白、赤と白だけは手を出さないでくれ。

 角岡はそれに応えた。
 しかし藤田は上家の強硬な赤主張の前に、2パック目に青白にシフトせざるを得なかった。

 トップ8に二人の日本人。その二人が隣り合った席順で、藤田の取ったこの戦略は、どんな結末に繋がるのか。我々は見守ることしかできない。


Game 1

 スイスラウンドの順位により先攻は藤田。
 1ターン目《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk(MBS)》から2ターン目には《レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter(MBS)》に繋ぎデッキの最速の周りを見せる。

 Sharfmanが3ターン目に《オーリオックの模造品/Auriok Replica(SOM)》でブロッカーを用意すれば、《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer(SOM)》でクロックを上げてそれに応える。
 返すターン。Sharfmanは《刃族の狂戦士/Blade-Tribe Berserkers(SOM)》を追加するのみで有効な回答を提示できない。
 藤田は《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer(SOM)》に装備を付け替え、Sharfmanのライフがまた5点削られる。

 Sharfmanの場には島と山が並ぶのみ。白マナがなくただの金属術要員の《オーリオックの模造品/Auriok Replica(SOM)》。そしてそこまでして出てくる金属術カードは《刃族の狂戦士/Blade-Tribe Berserkers(SOM)》。

 藤田が漏らす。「あれ?もしかして相手のデッキも弱い?」

 しかしSharfmanもグランプリチャンプ。装備のついた《ニューロックの透術士/Neurok Invisimancer(SOM)》に《金屑化/Turn to Slag(SOM)》を合わせて藤田に詰めよる。
 藤田はキルターンを数え、チャンプブロッカーのマイアがカウンターされないことを確認してから小さくうなずく。

 よし、自分のほうが1ターン早い。
 2対5の殴り合いを決意して残る航空戦力でアタック。Sharfmanのライフが5まで落ち込む。

 Sharfmanにターンが返る。Sharfmanが場とライフを確認してこれ以上安全確認ができないことを悟り、Sharfmanは藤田に《オーリオックの模造品/Auriok Replica(SOM)》の採用理由を明かしてみせた。

 6枚の土地がタップされ《オーリオックの模造品/Auriok Replica(SOM)》が生贄に捧げられる。《カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiend(MBS)》が藤田の場を壊滅させ、ゲーム1が幕を閉じた。

藤田 剛史 0-1 David Sharfman


Game 2

準々決勝

 4マナスタートのハンドを渋い顔でキープする藤田に対して、Sharfmanは2ターン目の《眼魔/Oculus(MBS)》から《回転エンジン/Spin Engine(MBS)》につないで順調な回りを見せる。
 流れに乗るSharfmanは、藤田のファーストアクションである《錆びた斬鬼/Rusted Slasher(MBS)》を《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman(MBS)》で除去してみせ、藤田のライフを容赦なく削る。

 藤田もなんとか盤面を抑えようと《空長魚の群れ/Sky-Eel School(SOM)》から《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk(MBS)》と展開し、《使徒の祝福/Apostle's Blessing(NPH)》を構えるのだが、Sharfmanが《核への投入/Into the Core(MBS)》と《蒸気の絡みつき/Vapor Snag(NPH)》で容赦なくブロッカーを排除すると、藤田にできることはもうなにもなかった。

藤田 剛史 0-2 David Sharfman


Game 3

David Sharfman
David Sharfman

 3ゲーム目は藤田がゲームをリードしてスタートした。

 Sharfmanの3ターン目《回転エンジン/Spin Engine(MBS)》を《神への捧げ物/Divine Offering(MBS)》で即座に破壊して3点ゲイン。

 そしてSharfmanの地上戦力と藤田の航空戦力の、守りを捨てた殴り合いが始まる。
 藤田の戦場には《空長魚の群れ/Sky-Eel School(SOM)》と《レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter(MBS)》。
 Sharfmanの戦場には《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman(MBS)》《刃族の狂戦士/Blade-Tribe Berserkers(SOM)》。
 藤田はライフゲインした3点分で、この殴り合いを鼻差で制すことができる計算だ。

 一度のアタックで双方がライフの1/4を削りあう苛烈な殴り合い。
 Sharfmanが《蒸気の絡みつき/Vapor Snag(NPH)》でテンポを逆転しようという試みにると藤田は同じく《蒸気の絡みつき/Vapor Snag(NPH)》でテンポをイーブンに戻すという胃が痛くなるようなやりとりを挟んで、訪れるクライマックス。

 藤田が《グレムリン地雷/Gremlin Mine(NPH)》を引いたことによって、唯一の飛行生物である《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》が最終的にチャンプブロックに参加してSharfmanが逆転するというプランが不可能になったのだ。一進一退のゲーム展開を藤田が制すかに見えたその瞬間、返すターンでSharfmanがプレイしたのは《カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiend(MBS)》だった。

 藤田が欲した、血を流しながら求めた赤いカード、その赤いカードをかき集めることに成功したSharfmanが、リミテッドグランプリチャンプの力量を見せ付ける強さで準決勝に進出した!!

藤田 剛史 0-3 David Sharfman

前の記事: 準々決勝: Elie Pichon(フランス) vs. Pat Cox(アメリカ) | 次の記事: 準々決勝: 角岡 利幸(東京) vs. Luis Scott-Vargas(アメリカ)
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る