マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準決勝: David Sharfman(アメリカ) vs. Fabian Thiele(ドイツ)

準決勝: David Sharfman(アメリカ) vs. Fabian Thiele(ドイツ)

By Shiro Wakayama


 準決勝まで駒を進めてきたDavidとFabian。

 David Sharfmanは、2182人と日本では想像がつかないような参加人数のグランプリ・パリ2011(リンク先は英語)で華々しく優勝を飾り、そのままの勢いで予選ラウンドのドラフトでも5-1、決勝ドラフトでも青赤のアグレッシブなデッキをピックして、準々決勝で日本が誇るレジェンド藤田 剛史を下して、準決勝へと進んできている。

 対するFabian Thieleはプロツアー・パリで20位と好成績を収め、名古屋へとやってきた。大きな戦績があるわけではないFabianは、プロツアーサンデーを存分に楽しんでいるように見える。

 ビデオマッチの準備が進んでいる間、Fabianはずっと楽しそうにDavidに話しかける。

 だが、Davidは曖昧な返事をするだけで、答えない。勝利を見据えて、静かにコンセントレーションを高める。

 様々な準備が整い、ライトを浴び、薄っすらと汗をにじませながら準決勝が始まる。


Game 1

Fabian Thiele
Fabian Thiele

 先手Fabianの《グレムリン地雷/Gremlin Mine》が開幕のサイン。Davidは1ターン目《飛行の呪文爆弾/Flight Spellbomb》、2ターン目《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》、3ターン目《磁器の軍団兵/Porcelain Legionnaire》と素晴らしいロケットスタートを切る。
 盤面では非常に対処しずらい《磁器の軍団兵/Porcelain Legionnaire》だが、Fabianは《不気味な苦悩/Grim Affliction》で即対処。だが、Davidは《錆びた斬鬼/Rusted Slasher》という相変わらず前のめりなクリーチャーを展開し、攻撃の手を緩めない。

 盤面でビハインドのあるFabianだが、《盲目の盲信者/Blind Zealot》をプレイするだけに留まる。《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》があるDavidは、時計の針を進めるだけで、どんどんリソースが増えていくような状態なので、そのままターンを終了。
 《錆びた斬鬼/Rusted Slasher》が居座り、《飛行の呪文爆弾/Flight Spellbomb》があるので無理矢理攻めることもできず、一方でカウンターが増え続けては対処できるカードがないため、Davidは《グレムリン地雷/Gremlin Mine》で《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》のカウンターを0へと戻す。

 しかし、ここでDavidがトップデッキしたのは《刃族の狂戦士/Blade-Tribe Berserkers》。金属術を達成しており、6/6速攻が駆け抜けて、Fabianのライフは一気に14へと落ち込む。

 《マイアの種父/Myr Sire》、《ヴァルショクの模造品/Vulshok Replica》を盤面に追加するFabianだが、劣勢は変わらない。《刃族の狂戦士/Blade-Tribe Berserkers》が《飛行の呪文爆弾/Flight Spellbomb》で飛行を得て、Fabianのライフを蝕む。いつのまにかFabianのライフは8まで落ち込んでしまう。

 ここでFabianが《入れ子のグール/Nested Ghoul》を引き込んだことで、何とか場が均衡する。

 互いにインパクトのあるカードを引けず、お互い2回づつ、ドローゴーを宣言したところで、FabianがDavidのエンド時に《不気味な苦悩/Grim Affliction》で《錆びた斬鬼/Rusted Slasher》を除去。さらに自身のターンで《カルドーサの首謀者/Kuldotha Ringleader》をプレイ。《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》のカウンターが既に4つあり、ジリ貧な展開も見えるが、そうも言っていられない。

 《カルドーサの首謀者/Kuldotha Ringleader》が、溢れる殺意をとどめることができずにアタックすると、ライフがまだ20のDavidはこれをスルー。そして終了時に《尖塔の監視者/Spire Monitor》をプレイ、さらに《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》に溜まった6つのカウンターを取り除き、6体のマイア・トークンが、ばらばらとDavidの戦場に湧き出ると、Davidは自らのドローしたカードも満足に見ずにフルアタック。

Fabian 「えーと、死んでるってことだよね? 次行こうか。」

David 1-0 Fabian


 Fabianは負けても笑みを絶やさない。真剣さが無いというわけでは全くないが、とにかく楽しそうにプレイをする。

 カクテルライトを浴びて、3台ものテレビカメラが自らを追いかけ、天才カメラマン・Creig Gibsonが、自らの一番いい表情を見つけ出そうとカメラを構える。
 バックヤードを含めれば、10名以上のスタッフが、彼らのマッチを支えている。そして、おそらく世界で数万人ものプレイヤーがライブ中継を見ているのだろう。
 楽しまないのは損だとばかりに、負けたことを引きずらずに、楽しもうとするFabian。

Fabian 「Have fun!!」


Game 2

 先手はDavid。
 互いに一瞬の逡巡も無く、キープを宣言。2ターン目Fabian《グレムリン地雷/Gremlin Mine》、3ターン目David《回転エンジン/Spin Engine》、3ターン目Fabian《敗血のネズミ/Septic Rats》、4ターン目David《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》(対象は《グレムリン地雷/Gremlin Mine》)、4ターン目Fabian《感染の賦活/Instill Infection》という激しいアクションでゲームが始まる。

 《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》と《敗血のネズミ/Septic Rats》がすれ違い、DavidとFabianのライフは17(毒0):20(毒2)となる。さらに《シェオルドレッドの刈り取るもの/Reaper of Sheoldred》がFabianの場に登場するが、これは《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》で手札へとお帰り頂き、《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》で果敢にアタック。Davidのライフを13まで落とす。

 しかし、《敗血のネズミ/Septic Rats》で毒カウンターの数が5個まで増え、《シェオルドレッドの刈り取るもの/Reaper of Sheoldred》が着地してしまうと、相手のプレッシャーも大きく、Davidは迂闊には動けず、《オーリオックの模造品/Auriok Replica》を盤面に追加してターンを終了する。

David Sharfman
David Sharfman

 盤面が膠着して数ターンが経過したのち、Davidがドローステップにカードを引いた後、少しため息をついて小考に入る。
 ビッグアクションを心に決めたのか、《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》をレッドゾーンに突入させるDavid。相手が何も持っていないことがほぼありえない状況で、Fabianは深く考え始める。デッキリストが既に公開されているため、よく考えればここで相手が持っているカードは大体想像がつくはずだ。

 少し考えて、意を決してブロックを宣言するFabian。ブロック指定は《シェオルドレッドの刈り取るもの/Reaper of Sheoldred》1体でのブロック。
 《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》が1/1まで縮んだ後、Davidはランドを置いてから、すべての土地をタップする。

 戦場に現れたのは《カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiend》。自身がコントロールする《オーリオックの模造品/Auriok Replica》を生贄にして、《シェオルドレッドの刈り取るもの/Reaper of Sheoldred》と《敗血のネズミ/Septic Rats》が一気に墓地へと送り込まれる。《シェオルドレッドの刈り取るもの/Reaper of Sheoldred》の誘発型能力によって、毒カウンターは7個まで増えてしまうが、盤面はDavidが一方的に有利な状況に。

 《盲目の盲信者/Blind Zealot》を盤面に追加するだけで、ターンを返すFabian。そのままの勢いで《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》(-1/-1カウンター2個)と《カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiend》をレッドゾーンに送り込むDavidだが、《カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiend》を《盲目の盲信者/Blind Zealot》でブロックした後、《不気味な苦悩/Grim Affliction》をプレイすることで、盤面をまっさらに戻すFabian。そして、増殖によって毒カウンターは8個まで増え、毒死寸前といった状況に。

 先にクロックを見つけ出したのはDavid。《尖塔の監視者/Spire Monitor》をプレイして、一気に時計の針を動かし始める。
 だが、Fabianも直接的な回答では無いものの、《転倒の磁石/Tumble Magnet》を見つけ出し、何とか時間稼ぎをしようとする、が・・・

 お互いに何も有効牌を引けず、《尖塔の監視者/Spire Monitor》がFabianを殴りきった。

David 2-0 Fabian


Fabian 「あー、全然何にも引かない。緊張するし暑いし喉渇いちゃった。ジャッジ、水貰えない?」

David 「あ、2つ下さい。」

 プロツアーの準決勝とは思えない、なんだかフランクな雰囲気でゲームは進む。0-2となり、後が無いFabian。緊張と、焦燥を打ち消そうと明るく振る舞っているのか、本当に根っから楽しんでいるのか、その真意はわからない。

 だが、Fabianのフランクな態度がDavidを少し軟化させたのか、彼もだんだんと笑顔になる。

Fabian 「Have fun!!」

David 「Of course!」


Game 3

/

 少し悩んで後手を選択するFabian。互いにマリガン無し。

 先手のFabianが《太陽の宝球/Sphere of the Suns》でスタートを切ったのに対し、Davidは《燃えさし鍛冶/Embersmith》から《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》をプレイして、プレイヤーに《燃えさし鍛冶/Embersmith》の能力で1点飛ばすというベストムーブでスタートを切る。

 《太陽の宝球/Sphere of the Suns》によってマナブーストに成功したFabianだったが、4マナのカードは無く、《マイアの種父/Myr Sire》を出すにとどまってしまう。
 しかも、これは《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》によって誘発した《燃えさし鍛冶/Embersmith》の能力によって即除去。トークンへとなり代わってしまう。
 《盲目の盲信者/Blind Zealot》をプレイするものの、《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》が止まらず、ちびちびとダメージを削られ、さらに《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》によって《太陽の宝球/Sphere of the Suns》を割られてしまう。
 この《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》は威嚇持ちの《盲目の盲信者/Blind Zealot》がブロッカーをすり抜け、ダメージを通してサクリファイスで能力起動、即墓地へと直行となった。

 《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》がダメージを刻み続ける中、Fabianは《鉄のマイア/Iron Myr》から《シェオルドレッドの刈り取るもの/Reaper of Sheoldred》をプレイと、反撃の狼煙を上げる。

 だが、Davidも為すがままにはされない。《金屑化/Turn to Slag》を《シェオルドレッドの刈り取るもの/Reaper of Sheoldred》に打ち込んで、《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》の差で有利な場を維持し続ける。Fabianはじわじわとライフを削られ、既に12。

 《入れ子のグール/Nested Ghoul》をトップデッキして、何とか逆転の芽を見出そうとするFabianだったが、Davidがトップデッキした土地からひねり出された6マナが呼び出したのは、またしても、《カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiend》。
 虎の子の《入れ子のグール/Nested Ghoul》が即2/2ゾンビトークンへ化け、圧倒的な状況に。Fabianも、温存していた《病気の拡散/Spread the Sickness》で《カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiend》は対処するのだが、《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》と、《飛行の呪文爆弾/Flight Spellbomb》+《燃えさし鍛冶/Embersmith》の能力でクロックが一時的に引き上げられる。
 Fabianのライフは8まで落ち込んでしまい、さらに《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》には既に6つのカウンターが乗っている。

 《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》を考えると少々厳しい状態ではあるが、《絡み森の大男/Tangle Hulk》を引いたFabianはこれを出す。

/

 ターン終了時に、Davidは長考する。
 手札にある《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》。《絡み森の大男/Tangle Hulk》を手札へ戻して、《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》を起動してフルアタックすれば、相手のライフは1へと落ち込む。《燃えさし鍛冶/Embersmith》は失うものの、トークンの群れが6体という、対処しずらい盤面を作ることができる。これをなんとかできるカードがあるかどうか、Davidは記憶を懸命にひも解く。

 意を決して、《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》を起動するDavid。

 だが、彼のデッキからもたらされたカードは、そんな心配を払拭するカードだった。

《粉砕/Shatter(ICE)》。


 マジックというゲームで勝利するために必要なのは運なのか? 実力なのか? 様々な意見があるだろう。

 だが、どちらかだけでは絶対に勝つことができない。今日のDavidは、確かな実力と、それを存分に生かすための運がついてきている。

David 3-0 Fabian


Fabian 「負けちゃったけど凄く楽しかった。ありがとう!ところで、TOP8プレイヤーみんなに、1枚のカードにサインして貰おうと思ってるんだ。良かったらサインして貰えないかな?」

 Fabianは負けた。だが、負けて悔しそうではあるものの、笑顔を絶やさなかった。きっと本当にマジックが好きなんだろうし、きっと、フィーチャーエリアでのマジックを心から楽しんだだろう。

 緊張からか、少し仏頂面だったDavidも最後はとても笑っていた。

 Fabianからもらった、楽しむ気持ちを持って、トーナメントマジック、プロマジック最高峰の舞台へと、David Sharfmanが駒を進める。

前の記事: 準々決勝: Gaudenis Vidugiris(アメリカ) vs. Fabian Thiele(ドイツ) | 次の記事: 準決勝: 角岡 利幸(東京) vs. Elie Pichon(フランス)
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る