マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

レガシーオープン決勝: 松下 尚嗣(大阪) vs. 片桐 真一(静岡)

レガシーオープン決勝: 松下 尚嗣(大阪) vs. 片桐 真一(静岡)

By Shiro Wakayama


Game 1

Martin Juza
片桐 真一

 先手は片桐。
 苦笑いしてマリガンをする片桐。松下は力強くキープを宣言する。

 片桐、マリガン後のハンドに満足したのか、キープを宣言。互いに土地を置きあう静かな立ち上がり。

 松下が、相手のターン終了時に《渦まく知識/Brainstorm》で手札を整理して、さらに《貴族の教主/Noble Hierarch》をプレイ。《不毛の大地/Wasteland》で相手の《変わり谷/Mutavault》を破壊して、デッキ名に恥じないテンポを取る。

 片桐は《珊瑚兜の司令官/Coralhelm Commander》をプレイし、《目くらまし/Daze》の応酬の末着地。

 だが、松下も負けじと《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を2連打して、一気にマウントポジションを取りにかかる。
 基本的には除去を持たないマーフォークはこうなると厳しい。
 なんとか3枚目の土地にアクセスして、《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》をプレイしてダメージレースを画策するも、松下の側に降り立ったのは全環境で大活躍中の青くてニクいやつ《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》。せっかくレベルアップした《珊瑚兜の司令官/Coralhelm Commander》は手札へと戻ってしまう。

 だが、ここで片桐がプレイしたのは《四肢切断/Dismember》。ペイライフが痛いのは事実だが、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》相手にそうは言っていられない。

 松下は一応《四肢切断/Dismember》のマナコストをジャッジに確認し「3」という回答を得ると、恨めしそうに手札の《精神的つまづき/Mental Misstep》を見つめながら、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を墓地に置く。

 《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》で《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を屠り、さらなる《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》を出して《不毛の大地/Wasteland》をアンタップするが、肝心の《タルモゴイフ/Tarmogoyf》に対する回答が見つからない。

 《四肢切断/Dismember》のピッチコストも相まって、残りライフが6の片桐は当然、6/7まで膨れ上がった《タルモゴイフ/Tarmogoyf》のアタックを《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》でチャンプブロック。
 デッキに入っているという《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を引き込むことを祈るが、願いはかなわず。

 《土を食うもの/Terravore(ODY)》を追加され、このサイズを確認したうえでカウンターできないことを悟ると、片桐は投了した。

松下 1-0 片桐


Game 2

Martin Juza
松下 尚嗣

 先手片桐は大きく悩んでキープを宣言。

 マーフォークのお家芸である、1ターン目の《霊気の薬瓶/AEther Vial》こそプレイできないものの、順調に土地を伸ばし、3ターン目に《目くらまし/Daze》をケアしての《銀エラの達人/Silvergill Adept》キャスト(公開は《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》)で松下の出方を窺う。

 少し悩んだ松下は、《渦まく知識/Brainstorm》を使用。これに互いの《精神的つまづき/Mental Misstep》が飛び交い、結局《渦まく知識/Brainstorm》は解決。
 少し悩むが、《銀エラの達人/Silvergill Adept》は無事に戦場に降り立ち、手札が補充される。

 松下は《渦まく知識/Brainstorm》との相性のよさから温存していたフェッチランドを起動し、《土を食うもの/Terravore(ODY)》をプレイ。だが、これは即《四肢切断/Dismember》で退場してしまう。

 そして《銀エラの達人/Silvergill Adept》の2枚目を追加し、2枚並ぶ《不毛の大地/Wasteland》のうち1枚だけ起動して、半馬身差のリードをキープしながらクロックを刻む。

 このままクリーチャーが並んでしまっては挽回できなくなってしまう松下。《流刑への道/Path to Exile》で《珊瑚兜の司令官/Coralhelm Commander》を除去、さらに土地を引き込んで《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を着地させ、《渦まく知識/Brainstorm》能力を起動。ハンドの一新を図る。

 だが、今回は相手にダメージクロックがある上に、先ほど見た《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》が結局戦場へと着地し、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を葬られながら、ライフも詰められてしまう結果となる。

 これに対して松下は、《渦まく知識/Brainstorm》《思案/Ponder》と無理矢理にライブラリーを掘り進み、《不毛の大地/Wasteland》で責められたマナベースを回復する。
 そして除去を持っていない松下は、意を決して《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をプレイ。

 だが、片桐が《珊瑚兜の司令官/Coralhelm Commander》を投入すると、状況の挽回が不可能なことを悟り、松下は投了をした。

松下 1-1 片桐


Game 3

 1ターン目からお互いに、《貴族の教主/Noble Hierarch》vs《霊気の薬瓶/AEther Vial》と細かく動く両者。
 さらに《タルモゴイフ/Tarmogoyf》、《銀エラの達人/Silvergill Adept》と互いに盤面を生成していく。

 片桐はさらに《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》をキャスト、《霊気の薬瓶/AEther Vial》から《アトランティスの王/Lord of Atlantis》とキャストすると、たまらず《流刑への道/Path to Exile》を《アトランティスの王/Lord of Atlantis》にプレイする。


 帰ってきた自らのターンで、《土を食うもの/Terravore》をプレイして着地させるが、サイズは残念ながら2/2。これは追加で出てきた《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》でタップされ、《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》と《銀エラの達人/Silvergill Adept》がアタック。《霊気の薬瓶/AEther Vial》から3体目の《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》が訪れ、ダメージは9点まで膨れ上がり、瞬く間に松下のライフは6まで落ち込んでしまう。

 松下のターン、《土を食うもの/Terravore》をプレイし、さらに墓地を肥やそうと《地平線の梢/Horizon Canopy》を起動するが、スタックで打ち込まれるのは《四肢切断/Dismember》、新たなるファイレクシアから加入したニューカマー。《精神的つまづき/Mental Misstep》とともに、フルタップで瞬間的にできた隙を片桐は見逃さない。

 この《土を食うもの/Terravore》が片桐渾身の《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》により、手札へと戻されると、片桐の操るマーフォーク達が、松下を蹂躙したのだった。

松下 1-2 片桐

Winner

 マジックウィークエンド・名古屋 レガシーオープン 優勝は片桐 真一!

前の記事: Feature: 本戦ジャッジにインタビュー | 次の記事: Draft Viewer: Top 8 Draft
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る