マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

今日のパブリックイベント: 3日目

今日のパブリックイベント: 3日目

by Asako Seo


 3日目の今日は、プロツアーではおなじみの「ドラフトチャレンジ」など、大規模なイベントがいくつか行なわれ、3日間のしめくくりとなりました。


リーグ戦

 新たなるファイレクシアのイベントデッキを1つ受け取り、マジックウィークエンド3日間のあいだ、リーグに参加しているほかのプレイヤーと好きな時間に好きなだけ対戦し、勝ち数を競うというカジュアルなイベントです。
 1回勝つごとに、ランダムにカードを2枚引き、どちらか好きなほうをデッキに加えることができます。

d3_public_00.jpg

1位:11戦10勝をあげた渡邊健二(北海道)

賞品はアンコモンのフォイルアンカットシート

d3_public_01.jpg

2位:14戦9勝をあげた箕野徹哉(広島)

賞品はコモンのフォイルアンカットシート、「くやしい~!」の表情にて

¥300,000ドラフトチャレンジ

 ブースタードラフト2回、スイスラウンド7回戦+上位8名によるプレーオフ3回戦で行われました。

1位:Matthew Costa
2位:Zoltan Szoke
3位:May Benson
4位:Ryan Wall
5位:安田誠太
6位:Pierre Dagen
7位:Vincent Lemoine
8位:藤本岳大

d3_public_02.jpg

朝イチから始まったドラフト。

d3_public_03.jpg

写真は前列左から1~4位、後列左から5~8位の順

計30万円の賞金は上位4名でスプリットされました。


レガシーオープン

 レガシー構築戦・スイスラウンド8回戦+上位8名によるプレーオフ3回戦で行われました。
 ぜひ観戦記事もチェックしてください!
レガシーオープン決勝: 松下 尚嗣(大阪) vs. 片桐 真一(静岡)

1位:塚西敏之(大阪)
2位:Javier Luna(アルゼンチン)
3位:松下尚嗣(大阪)
4位:片桐真一(静岡)
5位:有田亮太(京都)
6位:山岸健太(京都)
7位:奥冨弘光(埼玉)
8位:徳山皓太(大阪)

d3_public_04.jpg

写真は前列左から1~4位、後列左から5~8位の順

優勝:片桐真一

優勝:片桐真一


グランプリ「どこでも」トライアル

 ミラディンの傷跡ブロックを使用したシールド、スイスラウンド7回戦で行われました。
 上位2名が2012年7月1日までのグランプリ「どこでも」1回で使える3不戦勝を獲得。

d3_public_05.jpg

3byeを獲得したのは石井泰介(左)と松本翔朝


The Finals 2011 スペシャル地区トーナメント

 スタンダード構築戦、スイスラウンド7回戦で行われました。
 上位8名がThe Finals 2011の出場権利を獲得。

1位:山下秀敏(東京)
2位:後藤祐征(愛知)
3位:山内一史(神奈川)
4位:須藤琢夫(大阪)
5位:千葉晶夫(北海道)
6位:板東潤一郎(茨城)
7位:永見陽一(東京)
8位:羽田庸人(愛知)

d3_public_06.jpg

写真は前列左から1~4位、後列左から5~8位の順


フォイルセットシールド

 ミラディンの傷跡ブロックを使用したシールド、スイスラウンドで行われました。

1位:塩津龍馬(愛知)
2位:Y.U
3位:N.S
4位:白石亮(愛知)

d3_public_07.jpg

賞品のレアフォイルアンカットシートを手にした塩津龍馬

d3_public_08.jpg

賞品のアンコモンフォイルアンカットシートを手にした白石亮


 以上で、すべてのパブリックイベントが終了となりました。
 3日間のマジックの祭典、いかがでしたでしょうか?

d3_public_09.jpg

撤収作業中の会場にただ1卓残ったレガシートーナメントの決勝テーブル。

前の記事: 決勝: 角岡 利幸(東京) vs. David Sharfman(アメリカ) | 次の記事: (動画)『マジックウィークエンド名古屋』イベントレポート!
プロツアー・名古屋11 一覧に戻る