マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 6: 行弘 賢(和歌山) vs. 阿部 裕司(東京)

Round 6: 行弘 賢(和歌山) vs. 阿部 裕司(東京)

By Atsushi Ito


 モダンラウンド2回戦目。全勝プレイヤーも少なくなり、そろそろトップ8に向けて生き残りを賭けた熾烈な争いが繰り広げられる頃合いだ。

行弘 賢
行弘 賢

 モダンというフォーマットは、環境理解で大きく差が出る。それが今年の世界選手権の結論だった。ということは、一足先に世界選手権でこの(《野生のナカティル/Wild Nacatl》《罰する火/Punishing Fire》有りの)モダン環境を経験したプレイヤーは、経験値の面で有利と言えるだろう。

 だがそんな世界レベルのプレイヤーが・・・いた。ニコニコ生主として名を馳せる「deathsnow」こと行弘だ。

 行弘はここ名古屋に来た時点でLimitsの方しか権利がなかったのだが、昨日のLimitsでドラフトを開幕0-2すると颯爽とドロップし、そのまま直前予選に出てスタンダードを自信作の《刃の接合者/Blade Splicer》型エスパーコントロールで駆け抜け、出場権利を獲得した剛の者である。

 そんな行弘が選択したデッキは、ジャンド。
 Zoo、コンボ、コントロールのいずれを相手にしても十分戦えるバランスの良いデッキだ。

 しかし対する阿部のデッキは、その分類に当てはまらなさそうな規格外のデッキ。白単《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》である。

 次々と供給される膨大なリソースを相手に、行弘はどう立ち向かうのか。


Game 1

 先手は阿部。2ターン目に《戦隊の鷹/Squadron Hawk》をプレイし、ディスカードを防ぐ2枚だけのサーチ。ちょっと前のスタンダードでよく見た光景だ。対する行弘は《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》とまずはクロックを用意していく。

 さらに阿部は行弘の《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》のアタックを《戦隊の鷹/Squadron Hawk》でチャンプしつつ、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》で《セラの高位僧/Serra Ascendant》《砂の殉教者/Martyr of Sands》をサーチ。

 次のターンの2体アタックはまたも《戦隊の鷹/Squadron Hawk》チャンプと《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》で《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》をキャッチして、短期的な盤面の優位よりも、後々の《セラの高位僧/Serra Ascendant》のためにあくまでもライフを守る構えのようだ。

 だが行弘が戦闘後にキャストしたのは、阿倍のプランを崩す《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》。

 早速[+1]能力でお互いディスカードし、行弘は手札の枚数を保つために土地をセットせずにエンド。

 手札がなくなる前に、と阿部は《砂の殉教者/Martyr of Sands》でライフゲインしにいくが、盤面のクロックとプレインズウォーカーの処理が同時にこなせないためかなり辛い状況。少しでも忠誠値を下げるために《戦隊の鷹/Squadron Hawk》が殴りかかるも、これには《罰する火/Punishing Fire》が飛ぶ。

 阿部は仕方なく2枚目の《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》でクロックを用意しつつさらなる《セラの高位僧/Serra Ascendant》《砂の殉教者/Martyr of Sands》を手札に呼びこむが、ここにも2枚目の《罰する火/Punishing Fire》が飛ぶ。

 そして行弘が淡々と《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》の[+1]能力を起動し続けた結果、ついに忠誠値が6に達してしまう。奥義である[-6]能力を起動される前に、と阿部はここで《神の怒り/Wrath of God》でひとまず盤面をリセットすることを決断する。

 だがクロックを失った行弘は、まず《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》の奥義を発動。土地が詰まって4枚しかない阿部のパーマネントから《地盤の際/Tectonic Edge》2枚を奪い去り、さらに墓地に《罰する火/Punishing Fire》が2枚ある状態で《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》をセットしつつ《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をプレイと、全く隙のない構えだ。

 阿部も《砂の殉教者/Martyr of Sands》で9点ゲインしてライフ31としてから《セラの高位僧/Serra Ascendant》を出すのだが、返しで行弘が《タルモゴイフ/Tarmogoyf》でアタックすると、阿部は《セラの高位僧/Serra Ascendant》でブロックせざるをえず、回収済みの《罰する火/Punishing Fire》2枚を本体に撃ちこまれて処理されてしまう。

 さらに《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》で、マナがなくキャストできなかった阿倍の手札のもう1枚の《セラの高位僧/Serra Ascendant》を奪い去り、完全に行弘のペースだ。

 とうとう行弘は《タルモゴイフ/Tarmogoyf》と《怒り狂う山峡/Raging Ravine》でビートダウンを開始。30点あった阿倍のライフはみるみるうちに削られていく。

 阿部も1/1の《セラの高位僧/Serra Ascendant》と《戦隊の鷹/Squadron Hawk》プレイ、サーチの能力にスタックして《霧覆いの平地/Mistveil Plains》で墓地の《戦隊の鷹/Squadron Hawk》1枚をライブラリーに戻し、サーチを解決して手札に加えるなどの粘りを見せるが、それも結局《罰する火/Punishing Fire》2枚で焼きつくされてしまい、逆転の術がないと見た阿部は、ドローを見て投了したのだった。

行弘 1-0 阿部


Game 2

阿部 裕司
阿部 裕司

 2ゲーム目はお互い7枚でキープすると、行弘の後手1ターン目《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》で阿倍の手札が明らかになる。

  • 《地盤の際/Tectonic Edge》
  • 《戦隊の鷹/Squadron Hawk》
  • 《戦隊の鷹/Squadron Hawk》
  • 《流刑への道/Path to Exile》
  • 《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》
  • 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》

 というラインナップから《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》が墓地に送られる。

 阿部は《戦隊の鷹/Squadron Hawk》で手札を補充するが、行弘は2枚目の《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》で《流刑への道/Path to Exile》を抜き、阿部が《砂の殉教者/Martyr of Sands》をキャストした返しで、さらに3枚目の《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》で阿部が引き込んでいた《流刑への道/Path to Exile》をまたも奪い去る。

 一応スタックで《砂の殉教者/Martyr of Sands》を起動してライフを安全圏に引き上げたものの、手札が《戦隊の鷹/Squadron Hawk》と《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》だけになってしまった阿部は、また手札から落とされる前にとひとまず《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》を設置するしかない。

 ここで行弘は満を持して《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》をプレイ、さらに《巨森、オラン=リーフ/Oran-Rief, the Vastwood》を起動して阿部にクロックを突きつける。

 何とか30点以上のライフを保ったまま時間を稼ぎたい阿部は《戦隊の鷹/Squadron Hawk》でチャンプブロックし続けるが、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》は《思考囲い/Thoughtseize》され、ようやくたどり着いた4マナで《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を出すも即《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》され、苦しい展開。

 それでもトップした6/6の《セラの高位僧/Serra Ascendant》と《戦隊の鷹/Squadron Hawk》を全展開して対処を迫る阿部だったが、行弘は抱えていた《死の印/Deathmark》で《セラの高位僧/Serra Ascendant》を狙い澄ましたかのように処理すると、阿部の手札がないと見るや《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》から《タルモゴイフ/Tarmogoyf》とクロックを一気に増強していく。

 《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》があるとはいえ、7/8の《タルモゴイフ/Tarmogoyf》がいるとほとんど時間稼ぎにならない。

 さらに《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》まで追加され、万事休すか・・・というところで力強く《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をトップした阿部は、頼みの綱の《セラの高位僧/Serra Ascendant》2枚をサーチするのだが、返しの行弘のトップは駄目押しの《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》!!

 結局阿部のリソースを全て処理しきった行弘がトップ8進出に王手をかけることとなった。

行弘 2-0 阿部

前の記事: Round 5: 勝 正博(高知) vs. 小柳 卓史(東京) | 次の記事: Round 7: 田中 功一(兵庫) vs. 江守 慎一(東京)
The Finals11 一覧に戻る