マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 行弘 賢(和歌山) vs. 小柳 卓史(東京)

準々決勝: 行弘 賢(和歌山) vs. 小柳 卓史(東京)

By 金 民守

 お届けするのは太陽拳とケッシグというコントロール対決。

 一枚一枚のカードパワーが尋常でない両者のデッキ。これは言い換えれば何気ないワンプレイでもそれが及ぼす影響がダイレクトに勝敗に直結するということだ。

 特に行弘の太陽拳はカウンターが比較的薄い構成になっており、必然的に大技と大技のぶつかり合いが予想され、嫌がおうにも期待が高まるこの一戦に注目しよう。


Game 1

小柳 卓史
小柳 卓史

 先手は小柳は2ターン目《不屈の自然/Rampant Growth》が約束された7枚、行弘は《太陽のタイタン/Sun Titan(M12)》2枚と《審判の日/Day of Judgment》に土地4というハンドをともにキープしてゲームが始まる。

 マナブーストはしたものの土地が3枚で止まる小柳と、それを尻目に順調にタイタン着地に向けて土地を伸ばす行弘。

 小柳は《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary(MBS)》と《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》でビートの構えを見せるが、ライフを18点残した行弘の場に《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》が着地する。

 これにには眉をしかめる小柳だが、返しで待望の4マナ目を引き当て《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》でマナを更に伸ばすとデッキが回り始める。

 これを受けて行弘はじっくりと考える。次のターン土地を引けば小柳はキーである6マナに到達するというこの場面。
 ケアする選択、割り切る選択、牽制、保留、様々な可能性が行弘の脳内で渦を巻く。

 我々がその全てを知ることは叶わないが、行弘が出したその結論は《幽霊街/Ghost Quarter(DIS)》で《根縛りの岩山/Rootbound Crag》を割りつつ《太陽のタイタン/Sun Titan(M11)》で《幽霊街/Ghost Quarter(DIS)》を場に戻すというものだった。

 行弘は次にコンバットの選択に入る。

 既に変身をした《黄昏の捕食者/Nightfall Predator(ISD)》と《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》が立っている場を見渡しながら考える。

 単純に考えるとここは《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》でアタックし、相手のクリーチャー2体を墓地に送って次のターン《太陽のタイタン/Sun Titan(M11)》が斬り込む道を切り開きつつ、場のクロック10点をキープするというのがいわゆる「手なり」。しかし行弘はフルタップのこのタイミングで小柳に一枚でも多くカードを渡すことを重く受け止めてアタックはせず。

 何十回、何百回と繰り返し積んだ研鑽が導いたプロの一手。行弘が静かにターンを返す。


 《マナ漏出/Mana Leak》される心配がないこのターン、千載一遇のチャンスに小柳は無念にも6マナ目を引けずに《内にいる獣/Beast Within(NPH)》で《太陽のタイタン/Sun Titan(M11)》を除去してゴーすることになる。

 最悪の事態を回避した行弘は《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》とビースト・トークンでアタックし、小柳は《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary(MBS)》でビースト・トークンをブロック。これでライフは26対14に。

 小柳は《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》をキャストしてビースト・トークンを除去し、《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》を迎え撃つべく《黄昏の捕食者/Nightfall Predator(ISD)》と《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を立ててターンを返す。

 《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》《黄昏の捕食者/Nightfall Predator(ISD)》《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》という小柳の軍勢を前に、またも難しい選択を迫られる行弘。

 《審判の日/Day of Judgment》により盤面を一掃して《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》のトークンによるビート体制に移行するか、それとも恒久的な除去である《審判の日/Day of Judgment》を、やがて来る最大の脅威である《原始のタイタン/Primeval Titan(M12)》のために温存し、《忘却の輪/Oblivion Ring》をもって《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》に対処するのか。

 ケアするべきリスクと、それに払うことになるコストに頭を悩ませる行弘。

 そして出した答えは《忘却の輪/Oblivion Ring》プレイ。
 《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》が除去され、《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》によるビートが継続される。

 ここで小柳は《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》を戦線に投下。既に《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary(MBS)》と《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》に《忘却の輪/Oblivion Ring》が使われているこの状況、このワンプレイで一気に反撃の狼煙を上げる勢いだ。

 しかし度重なる6点ビートでライフは危険水域なのも確か。

 行弘は小柳の本体に狙いを定めてアタックを行い。さらなるクロックとして《太陽のタイタン/Sun Titan(M11)》を追加して《黄昏の捕食者/Nightfall Predator(ISD)》を《破滅の刃/Doom Blade》で除去し、いよいよゲームを詰めにかかる。

 しかし小柳がここで渾身の《金屑の嵐/Slagstorm(MBS)》二連打!!
 《太陽のタイタン/Sun Titan(M11)》を除去しつつ《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》を分解して、《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》によりトークンを追加して場を一気に五分以上に戻す。


 こうなってしまうと行弘は厳しい。捌かれてしまった攻め手。場に残ってしまった《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》。

 小柳のもとにはただ時間が経過するそれだけでアドバンテージが無制限に供給されていく。増え続けるビースト・トークン、高まる《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》の忠誠。さらには《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll(MBS)》を出した上での[-3]起動で4枚のカードが小柳のもとに供給される。

 その後も最後まで《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》が場を掌握し、序盤の劣勢を見事押し返して小柳が1本目を勝ち取った!!


行弘 賢 0-1 小柳 卓史


 行弘は《雲散霧消/Dissipate(ISD)》3枚と《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》を追加、小柳は《極楽鳥/Birds of Paradise(M10)》《不屈の自然/Rampant Growth》《金屑の嵐/Slagstorm(MBS)》を追加のフィニッシャーに入れ替えて2本目が始まった。


Game 2

行弘 賢
行弘 賢

 どちらも7枚をキープ。まずは《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy(ISD)》を連打して手札の充実を図る行弘に対して、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を連打してマナ加速をしながら4点のクロックを構築する小柳。2枚の《幽霊街/Ghost Quarter(DIS)》と二枚の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》が睨み合う。

 そして最初に大きく動いたのは行弘。
 それまで小柳の6マナ域に狙いを定めて《マナ漏出/Mana Leak》を構えていたが、6マナでランドが止まったことを受けてこの構えを解き、意を決して《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》をキャストする。

 小柳は冷静にこれを自身のアップキープに《内にいる獣/Beast Within(NPH)》により除去してリードを許さない。

 ここから目まぐるしいパワーカードの応酬が始まる。

 まずは《堀葬の儀式/Unburial Rites(ISD)》で《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》が蘇り、今度は行弘に2枚のカードを運ぶ。
 だがしかし小柳も負けていない。《赤の太陽の頂点/Red Sun's Zenith(MBS)》によって、行弘の墓地に控える《堀葬の儀式/Unburial Rites(ISD)》をあざ笑うかのように《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》を墓地より遠くに追放する。

 計算を狂わされた行弘だが、攻め手を緩めず今度は《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》をキャスト。
 しかしこのタップアウトに小柳の大本命《原始のタイタン/Primeval Titan(M12)》が突き刺さる!!

 場に《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》と《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run(ISD)》が追加され、ゲームは一気にクライマックスに向かって進む。

 《審判の日/Day of Judgment》で場をリセットされ、《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》のトークンと3体の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》が両者に残される。

 小柳は次なる攻め手として、3マナを残した状態で《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》をキャストして《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》2体でアタック。1体は《幽霊街/Ghost Quarter(DIS)》で《山/Mountain(ISD)》に生まれ変わるが、もう1体が3個目の毒を貯める。

 時間がない行弘は《堀葬の儀式/Unburial Rites(ISD)》で《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine(SOM)》を場に戻すのだが、小柳は《帰化/Naturalize(M12)》と《赤の太陽の頂点/Red Sun's Zenith(MBS)》で《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》のすすむ道をこじ開ける。

 押し切られるわけにはいかない行弘は、《破滅の刃/Doom Blade》で《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》を除去し、ワーム・トークンによる6点ビートで殴り合いを挑み、さらに《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》でクロックを10点に高める。

 そして迎えた運命のターン。
 最後の《幽霊街/Ghost Quarter(DIS)》を使わせて、次のターン《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run(ISD)》+《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》での勝ちが見えた小柳は《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary(MBS)》と《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》をキャストしてのトークン製造で一気に2体のブロッカーを用意する。

 しかし、ここで行弘が意地を見せつけるように力強くプレイしたのは《忘却の輪/Oblivion Ring》と《破滅の刃/Doom Blade》!!
 残されたブロッカーを全てなぎ払い、致死毒が溜まるその直前で行弘が星をイーブンに戻した。

行弘 賢 1-1 小柳 卓史


Game 3

 運命の3本目は小柳が2ターン目から《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary(MBS)》でビートを刻む立ち上がりだった。
 そのまま3ターンが過ぎ去った所で小柳は2体目の《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary(MBS)》を追加する。

 後に行弘が「プレイミスだった」と述懐したのはこのターン。

 これまで手札に多数の除去とカウンターを抱え土地を待ちながら2点のダメージを甘んじてテイクしていた展開だった。
 行弘はクロックが4点に増えたこのターンでも、やはりその路線を崩すことはなく《マナ漏出/Mana Leak》を構えつつの《審判の日/Day of Judgment》を可能にする6枚目の土地ドローに賭けて、ここで《破滅の刃/Doom Blade》を温存するプレイを選択したのだった。

 本人はこれを完全なるミスと捉えていたが、筆者にはその確信までは持てない。
 ただ言えることは、このワンプレイが、これまで繊細なリスク回避を重ねてきた行弘がここで初めて選択した、リスクテイクしての最大効率追求だったということだ。

 そしてここでライブラリートップが示した無情なる現実に行弘の表情が歪む。
 メインで祈るようにプレイされる《熟慮/Think Twice(ISD)》。しかしそこに6枚目の土地はない。8枚になったハンドから《審判の日/Day of Judgment》がディスカードされる。

 小柳が静かに、だがしかし着実に行弘を追い詰めていく。

 最終的に小柳の2体の《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary(MBS)》は14点ものダメージを積み重ねた。

 遅まきながらまた土地が伸びてきた行弘も、《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》と小柳が矢継ぎ早に繰り出す脅威をカウンターで対処していくが、小柳がコントロールキラーである《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll(MBS)》にたどり着くととうとうその回答が用意できなくなってしまう。

 そして追いつめられた行弘が《太陽のタイタン/Sun Titan(M11)》で必死の守りを見せたその返し、小柳が力強く叩きつけたのは《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run(ISD)》!!

 場に並んだ土地は実に12枚! ブロックに回った《太陽のタイタン/Sun Titan(M11)》を《内にいる獣/Beast Within(NPH)》でなぎ払い、このデッキの真骨頂とも言える豪快な一撃で伝説のトロールが高らかに勝ち名乗りを上げる!!

 激戦を制し準決勝に駒を進めたのは小柳 卓史!!

行弘 賢 1-2 小柳 卓史

前の記事: Deck Tech: 残酷な根本原理 (モダン) | 次の記事: 準々決勝: 岡田 尚也(東京) vs. 植田 勝也(愛知)
The Finals11 一覧に戻る