マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準決勝: 大段 豪史(愛知) vs. 中村 裕輔(静岡)

準決勝: 大段 豪史(愛知) vs. 中村 裕輔(静岡)

By 津村 健志


 The Finals2011。今年を締めくくるこの大会も、残すところあとわずか。

 準決勝で相まみえるのは、静岡の中村と、地元名古屋の大段だ。中村が使用するデッキは《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》擁する「白青ビートダウン」で、大段は《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》の入った「黒青感染」を相棒にここまで勝ちあがってきた。

 奇しくもこの対決は、「ミラディン」世界で行われたミラディン軍対ファイレクシア軍の戦争をなぞる形になっている。

 決勝の舞台にたどり着くのは、聖なる光に守られし正義の力か、それとも邪悪に満ちた悪の力か。


Game 1

大段
大段 豪史

 先手の大段は《ファイレクシアの槽母/Phyrexian Vatmother》《悪性の傷/Virulent Wound(MBS)》《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》に《沼/Swamp(10E)》×2、《闇滑りの岸/Darkslick Shores(SOM)》×2の初手を悩んだうえでキープした。

 対する中村はワンマリガン。新しく引き直した6枚も相当に厳しいようで、苦笑いを浮かべるが、最終的にはキープを宣言した。

 最初に動いたのは後手の中村で、2ターン目に《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》を戦場に。初手から《ゲスの玉座/Throne of Geth》くらいしかスペルの増えていない大段は、仕方なしにといった様子で、《悪性の傷/Virulent Wound(MBS)》と《ゲスの玉座/Throne of Geth》の合わせ技で《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》を除去する。

 《悪性の傷/Virulent Wound(MBS)》の能力で中村にひとつめの毒カウンターが乗り、大段はターンを終了。

 次に中村が繰り出したのは、驚異的な攻撃力を誇る《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》。これを野放しにできない大段は、《ファイレクシアの槽母/Phyrexian Vatmother(MBS)》で睨みをきかせ、続くターンに《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》でアドバンテージを取りにかかる。

 戦線を膠着させたうえでの《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》によるアドバンテージ拡大戦略。戦場は大段にとって理想的なものへと変わりつつあった。

 だが、中村はたった1枚のカードで流れを変えた。すなわち、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》への《天使の運命/Angelic Destiny(M12)》。自身の能力で生み出される4/4天使・トークンと合わせ、大段のライフを一気に10点削る。

 突如として強烈なダメージクロックと直面することになった大段。《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》の[+1]能力に逆転の一手を求めるが、《伝染病の留め金/Contagion Clasp》では現状を打破するにはいたらず、《ファイレクシアの槽母/Phyrexian Vatmother(MBS)》の2体目を追加して逆転への布石とする。

 2度目の《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》のアタックを、天使・トークンへと《喉首狙い/Go for the Throat》を放つことで延命した大段。《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を除去できない以上、返すターンで毒殺するほか道はない。

 まずは《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》の[+1]能力を起動して《ゲスの玉座/Throne of Geth》を手に入れる。これを《屍百足/Necropede(SOM)》、《伝染病の留め金/Contagion Clasp》と巧みに組み合わせることで、全てのブロッカーを排除し、「増殖」により中村に乗っている毒カウンターをふたつに増やす。

 そして、大段の戦場には、中村の喉首を狙う2体の《ファイレクシアの槽母/Phyrexian Vatmother(MBS)》が。

 しかし、中村の戦場には、起動のときを待つ《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》が。

 大段は、生み出されるブロッカーをどうやっても除去することが叶わず、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》の前に屈することとなった。

 1ターン差のタイトなゲームを制したのは中村。

中村 1-0 大段


Game 2

中村 裕輔
中村 裕輔

 1ゲーム目は7ターンでの決着だったが、それ以上の電撃戦になったのがこのゲームだった。

 大段の初手は《沼/Swamp(10E)》《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》の2枚しかマナソースがないが、このマッチアップで最も頼りになる《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》、そして攻防に活躍する《転倒の磁石/Tumble Magnet(SOM)》があることを受けて、少考のすえにキープを宣言。一方の中村は満面の笑みですぐさま初手をキープした。

 初手の注文通りに《沼/Swamp(10E)》→《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》と並べ、中村の《宿命の旅人/Doomed Traveler(ISD)》を《伝染病の留め金/Contagion Clasp》で除去する大段。しかし待望の3枚目となる土地が不幸にも《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus(MBS)》で、《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》をキャストすることができない。

 さらに悪いことに、中村が《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》をキャストしたため、頼みの綱の《転倒の磁石/Tumble Magnet(SOM)》を起動することすら叶わない。

 そして、中村が3ターン目に召喚したのは1ゲーム目を決定付けた《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》。
 依然として追加の土地の引けない大段にとって、このクリーチャーはあまりにも強大すぎた。

 次のターンのドローも土地ではないことを確認したのち、大段は投了を宣言した。

中村 2-0 大段

前の記事: 準々決勝: 中村 裕輔(静岡) vs. 阿部 裕司(東京) | 次の記事: 準決勝 : 岡田 尚也(東京) vs. 小柳 卓史(東京)
The Finals11 一覧に戻る