マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 岡田 尚也(東京) vs. 植田 勝也(愛知)

準々決勝: 岡田 尚也(東京) vs. 植田 勝也(愛知)

By Masami Kaneko


 《ルーン唱えの長槍》。
 スタンダードの、それもThe Finals決勝ラウンドの大舞台でこのカードが使われることを誰が想像しただろうか。効果だけであれば強力に見えるが、結局この装備品は相棒を見つけられていなかった。

 一方、《荒廃の工作員》は自身の活躍の場をモダンに見出し、《猛火の群れ/Blazing Shoal》を相棒にプロツアー・フィラデルフィアのトップ8にサム・ブラック/Sam Black(アメリカ)を導いた。

 そして。スタンダードで、この2枚が出会った。

 呪文を唱えれば唱えるほどパワーが上がる《ルーン唱えの長槍》のパワーアップには制限がない。この2枚を探すドロー強化は全て《ルーン唱えの長槍》を強化するカードともなる。その光景はさながら《猛火の群れ/Blazing Shoal》のようだ。

 普段は東京の「早大マジックザギャザリング研究会」でマジックをしているという岡田 尚也(東京)は、この青黒感染デッキでスタンダードラウンドを全勝しており、トップ8進出の大きな原動力としている。自身のデッキを「青黒ルーン」と言う程に《ルーン唱えの長槍》を重要視しているようだ。
 それもそのはず、岡田はこのカードを発売当初から使い続けており、調整を繰り返したうえで今の形に落ち着いたとのこと。岡田と、そして長槍を携えた工作員は、スタンダードラウンドの全勝とThe Finalsのトップ8の栄光に加え、さらに優勝の盾を追加するべく準々決勝に挑む。


 対する植田 勝也(愛知)は、何度もプロツアーに参戦しており、2回のグランプリトップ8やFinals/Limitsそれぞれのトップ8経験も有る、安定した成績を残す地元愛知の強豪。
 Finalsの権利こそ持っていなかったが、12/23(金)の直前予選を当たり前のように通過。さらに24日(土)のFinals本戦もスタンダードラウンドこそ2-1-1と崖っぷちとなるも、モダンでは全勝しトップ8入りを決めている。

 そんな植田、トップ8プロフィールの「普段、どれくらいの頻度でスタンダードをプレイされますか?」という質問には、はっきりと「今年は合計2日(昨日と今日)」と書くほどにマジックから離れていたようだ。
 しかし逆に言えば、それで勝つのは、植田のマジックの実力は本物だということだろう。

 デッキは青白タッチ黒コントロール。
 いわゆる「太陽拳」と呼ばれる構成とは違い、青白パーミッションに《破滅の刃》と《禁忌の錬金術》のために黒をタッチしたような構成となっている。
 通常の青白と比較すれば単体除去を追加している分、個別の感染クリーチャーに対処できる構成となっており、捌ききれればアドバンテージ量で圧倒できるだろう。


 攻めきるか、捌ききるか。練習量か、センスか。そしてこのFinals準々決勝の大舞台で毒は炸裂するのか。


Game 1

 六面ダイスを2個ふった岡田の合計値は5。「うん、悪くない。」と呟くが平均値以下だ。
 植田は平均値以上の10を出し、先手を獲得。

 植田は初手を見たうえで熟考のうえキープ。岡田はそれを見たうえで悩まずにキープ。

 岡田の《思案》からゲームは始まる。少し悩むが、お気に召さなかったようだ。新たなカードを求めシャッフルを行い、次のターンには《荒廃の工作員》。岡田の勝利を支えてきたこの工作員は、今日も岡田の勝利を工作してくれるのだろうか。

 《荒廃の工作員》に攻撃されながら《禁忌の錬金術》等で手札を整えていく植田。岡田が《ファイレクシアの十字軍》までも追加した返しで、《審判の日》により場を一掃する。
 岡田はしかし、土地を置いたうえで《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》にて3個目の毒カウンターを。さらに《ファイレクシアの十字軍》をプレイし《審判の日》をものともせず盤面を作っていく。

 植田は《瞬唱の魔道士》からの《審判の日》により《ファイレクシアの十字軍》を対処。
 岡田は《思案》で更なる毒を求める。満足のいく3枚だったのか順番を入れ替えたのみで、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》に《変異原性の成長》により植田の毒カウンターは6個。次のターンには7個目を重ね、更に追加の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》。植田が《禁忌の錬金術》をフラッシュバックするが、そこには《マナ漏出》。今のうちに押し切ってしまお考えだろう。心なしか植田の顔色も悪い。毒が回ってきているのだろうか。

 しかし実はここで植田の手札は《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》《破滅の刃》。
 植田は対処できないのではなく、対処のプランを選んでいたのだ。植田の場には8マナ。岡田は2マナを立てている。
 植田は検討したうえで《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》をプレイ。岡田は一旦植田に2枚のカードを提供するも、《堕落した良心》にてコントロールを奪う!

岡田 尚也

岡田 尚也

 が、ここまでプランを練っていた植田。これには当然《破滅の刃》が飛ぶ。予定通りだ。

 そして植田はメインで《禁忌の錬金術》を打ち新たなカードを求める。《幽霊街》をセットして終了。あくまで《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》はプレイしない。《悪性の傷/Virulent Wound》と《破滅の刃》の組み合わせによる負けをケアする堅実なプレイだ。

 岡田は必殺の《ルーン唱えの長槍》!
 これは通り、植田としては「数える気もおきない・・・通ったら死ぬし。」と冗談を飛ばす。文字通り「必殺」の攻撃力を持つ装備だ。

 さて、しかしこのターンはどう攻撃するべきか。
 《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike》の装備を行うと、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》は1体しか攻撃できない。それでは見えている《幽霊街》で対処されてしまう。
 2体の土地が攻撃に向かい、植田はここには《幽霊街》を起動せず。9個目の毒カウンターをもらい、リーチ。

 植田は《幽霊街》2枚目を。これで盤面は対処された。
 岡田も対処されるとはわかっているが、攻撃しないわけにはいかない。《墨蛾の生息地》2枚が《幽霊街》2枚により消え去っていく。植田はなんとか毒カウンターが9個の状態で耐えている。
 岡田の次の手は《荒廃の工作員》。植田はしかし《禁忌の錬金術》をフラッシュバックしていく。ここで《忘却の輪》等が落ちるのを見て、岡田も苦笑い。ターンこそ帰ってきたものの当然ここには《破滅の刃》。

 既にアドバンテージ差は圧倒的になっている。希望は、9個の毒カウンターだ。残り1個。残り1個を与えるカードを。
 いや、手札には《悪性の傷/Virulent Wound》が2枚と《破滅の刃》が有る。こちらが引くまでもない、植田がクリーチャーさえプレイしてくれれば!

 しかし植田がプレイしたフィニッシャは《解放された者、カーン》だった。[+4]能力が岡田の手札を、そして勝ちへの道を消し去っていく。
 《墨蛾の生息地》を引くことはできた岡田だが、既に《解放された者、カーン》が起動されている状態では攻撃は不可能だ。

 岡田も一応《禁忌の錬金術》を打って《ファイレクシアの十字軍》をプレイしてみたりもするが、植田はこれには手札で対処。淡々と《解放された者、カーン》がカウンターを貯めていく。どこか、どこかで植田がクリーチャーを出すような隙を見せれば。しかし植田も《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》はプレイせず、負けパターンをケアしていく。
 負ける可能性のあるプレイはしない。植田の実力は本物だ。

 岡田の願いも通じず、《解放された者、カーン》の「強くてニューゲーム」が発動した。

 お互いに正しいルールの確認をジャッジに取ったうえでゲームが再開される。植田が《金属海の沿岸/Seachrome Coast》と《墨蛾の生息地》、そして《ルーン唱えの長槍》をコントロールした状態だ。

 再度スタートされたゲームは、岡田の《禁忌の錬金術》が最初のアクションとなった。
 岡田の手札も悪くなく、盤面こそ不利だが、植田の動き次第ではあるいは。

 岡田は《禁忌の錬金術》を重ねていき、お互いの《墨蛾の生息地》が睨み合う。植田は再開されたゲームでは未だに何もプレイしていない。全く動きが無いのが逆に不気味だ。

 岡田の《ファイレクシアの十字軍》からゲームは動き出す。
 植田はこれに《雲散霧消》で対処。岡田はそれを確認し、《思案》でカードを求めていく。
 岡田、ふたたび《ファイレクシアの十字軍》。植田もこれには《瞬唱の魔道士》からの《雲散霧消》フラッシュバックで応じる。魔道士には《悪性の傷/Virulent Wound》が打ち込まれ、改めて植田に毒カウンターが1つ。

 岡田は必殺の《ルーン唱えの長槍》! 植田は対処を迫られる。
 とりあえずはここで《白の太陽の頂点》をX=2でプレイ。自分が負けるより先に勝つ。軸を変えた。植田の元に現れた2体の猫が、岡田のライフを削っていく。更に植田は《忘却の輪》。お互いの《マナ漏出》の打ち合いの末、《ルーン唱えの長槍》は追放される。

 しかし植田はこれによりフルタップ。岡田は決められるならこのターンに決めたい。気合を入れてカードを引いたあと、検討を重ねる。《ギタクシア派の調査》をプレイし手札をチェック。

  • 《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》
  • 《熟慮》
  • 《審判の日》
  • 《機を見た援軍》

 この4枚を見て岡田は「濃っ!」とぼやくが、それには植田が「いやいや、これどんなカードだと思ってんの!(《機を見た援軍》を指して)」と突っ込みを。
 このターンは結局《堕落した良心》で猫を1匹自分のもとに。植田は《審判の日》で場を一掃。徹底的に場を整理していく。

 岡田の《ファイレクシアの十字軍》の返しで植田は《機を見た援軍》で1/1を3体加える。《ルーン唱えの長槍》も含めて、かなり強烈なクロックとなっている。先程は無駄カードと言っていたが、なかなかどうして役に立っている。岡田は《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》《ファイレクシアの十字軍》で攻撃。これを通して4つの毒カウンターが。またふたたび毒がまわりはじめてきた。

 《ルーン唱えの長槍》を携え兵士トークン3体は攻撃に向かうが、ここには《悪性の傷/Virulent Wound》が飛んでくる。しかしこれを植田は《雲散霧消》。完全に本体を狙っている。実際にこの戦闘により岡田のライフは3となった。岡田は《ファイレクシアの十字軍》をブロッカーとして用意したうえで、7個目の毒カウンターを植田に。こちらもリーチだ。

 どう転んでも最後のターン。

 岡田の土地は《墨蛾の生息地》を含む2マナが立っており、ブロッカーとして《ファイレクシアの十字軍》がいる。
 植田の側には1/1の兵士トークンが3人、1人は《ルーン唱えの長槍》を携えている。
 なんとか削り切るプランをと、植田は意を決して《解放された者、カーン》をプレイ。それに対して岡田は《マナ漏出》をプレイ。しかしそれを更に植田が《マナ漏出》!
 場に出てきた《解放された者、カーン》の能力によりブロッカーの《ファイレクシアの十字軍》が追放され、同時に岡田のライフも0を割った。

 長い長いゲームは、本当に、本当にギリギリながら植田がもぎ取った。

岡田 尚也 0-1 植田 勝也


 長い長いゲームが終わった。事実上、ほぼ2ゲームを行なっている。既に1時間近く経っているのだ。しかしまだ、追加されたゲームカウントは"1"のみ。次のゲームの準備を、二人は始めている。

 岡田は《蔑み》《否認》《ファイレクシアの破棄者》を追加し、《悪性の傷/Virulent Wound》や《変異原性の成長》を抜いていく。
 植田はデッキの構成を若干軽く調整。また、装備品に対処する《神への捧げ物》を入れた。


Game 2

植田 勝也
植田 勝也

 岡田の《思案》からゲームはスタート。3枚には満足したのか、次のターンは《荒廃の工作員》。
 1回攻撃したところでここに《破滅の刃》が飛ぶが、しかしこれには岡田も《マナ漏出》で攻める姿勢を継続。

 お互いに《禁忌の錬金術》で手札を調整していくなか、《荒廃の工作員》が攻撃していたが、これにも《破滅の刃》。《ファイレクシアの十字軍》も、植田はこれを通したうえで《審判の日》。

 いずれにせよクロックを用意しなくてはならない岡田。《饗宴と飢餓の剣》が通り、これを《墨蛾の生息地》に装備。ここには《破滅の刃》等も飛んでくることはなく、無事植田に6個目の毒カウンターを与えたうえで、土地がアンタップされる。
 植田はそのままでは危ないと《忘却の輪》で《饗宴と飢餓の剣》に対処。その後はお互いが《禁忌の錬金術》や《熟慮》で手札を整理していく。

 数ターンして岡田が仕掛けた。《蔑み》での牽制に植田は《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》でこたえ、《雲散霧消》にフラッシュバックを与える。公開されたのは《破滅の刃》と《島/Island(M12)》。
「《破滅の刃》有るのかー。」とつぶやきながら岡田はこのターンを終了。わざわざ《雲散霧消》に飛び込んでいくことはない。

 そして岡田は《ファイレクシアの十字軍》から《ルーン唱えの長槍》をプレイ! どちらも先ほどの手札では対処されないカードだ。
 《破滅の刃》を打たせるために《墨蛾の生息地》を起動して攻撃。これはもちろん除去される。そこで《ルーン唱えの長槍》だが、これに対して《神への捧げ物》が飛ぶ。岡田は苦い顔だ。

 しかし《ファイレクシアの十字軍》に対処しなくてはいけないのは植田。一度は《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》が身を挺し守り、更に《審判の日》で対処しようとするが、ここには《否認》。そして《ファイレクシアの十字軍》により8個目の毒カウンターが。リーチだ。盤面の緊張感も高まる。

 さらに岡田は《墨蛾の生息地》を置いたうえで、《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》をプレイ。実質的な選択肢は《ギデオン・ジュラ》か《解放された者、カーン》か。考えた末に《解放された者、カーン》を指定した。

 対処できるカードを、《ファイレクシアの十字軍》を処理できるカードを。
 とりあえずは《審判の日》や《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》で良い。そのうえで《墨蛾の生息地》に対処しなくてはならないが、まだ可能性は有る。植田は願いながら、力を込めて、想いを込めてドローする。

 そして植田は、トップデッキしたカードを盤面に叩きつけた!

 

 いや、君じゃない。

岡田 尚也 1-1 植田 勝也


Game 3

 泣いても笑っても最終ゲーム・・・ではないかもしれないのがこのゲーム。
 既に2ゲームが、いや、ほぼ3ゲームが行われ、時間も既に1時間を超えている。どちらに傾いてもおかしくないゲームだけに、お互いの疲労も相当なものだろう。

 植田は手札を見て即座にマリガン。岡田は力強くキープ。
 6枚の手札も植田は苦い顔。結局ダブルマリガンとなってしまう。

 そして5枚を引いた・・・つもりがなんと植田、ここで6枚引いてしまう。
 ジャッジの裁定により、この6枚からジャッジがランダムで2枚をライブラリーに戻すことに。(参照:イベント違反処置指針の3.5節)
 この時点で植田の手札は土地が3枚と《破滅の刃》、《審判の日》が2枚。クリーチャーへの対処もマナも十分の好手札だった。
 しかし4枚になったあとの手札を見てみれば、そこには土地が1枚の手札が。
 最強の《Hymn to Tourach》が打たれた植田は「ジャッジさん上手いなー」とぼやきつつ、仕方なくこの手札をキープ。

 植田が土地を置いたところで、岡田は《ギタクシア派の調査》により植田の手札を確認しにいく。《審判の日》2枚と《破滅の刃》を公開しつつ「ジャッジに戻されたのが土地2枚だったんだよ。」と岡田にも愚痴る植田。しかしトップからは《孤立した礼拝堂》を引き込み、とりあえず《破滅の刃》はプレイできる状態に。

 岡田は順調に3T目に《ファイレクシアの十字軍》を。これは《破滅の刃》では対処できない。植田の土地は2枚のままだ。そして岡田の4ターン目は《ルーン唱えの長槍》。まだ必殺の力とはいかないが、《ファイレクシアの十字軍》に1の追加の力を与え、植田に毒を与えていく。植田には毒が追加され、しかし土地は追加されない。

 5ターン目には《蔑み》を唱え安全の確認をしたうえで更に強化。毒を追加していく。植田は最後まで4枚目どころか3枚目の土地も引けず、無念の投了となった。

岡田 尚也 2-1 植田 勝也


 岡田 尚也、オリジナルの相棒を携えトップ4に進出!

前の記事: 準々決勝: 行弘 賢(和歌山) vs. 小柳 卓史(東京) | 次の記事: 準々決勝: 中村 裕輔(静岡) vs. 阿部 裕司(東京)
The Finals11 一覧に戻る