マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

決勝: 岡田 尚也(東京) vs. 中村 裕輔(静岡)

決勝: 岡田 尚也(東京) vs. 中村 裕輔(静岡)

By Atsushi Ito


 Final of The Finals11。

 2011年の最後を締めくくるにふさわしい戦いが、今始まろうとしている。

 スタンダードで青黒《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike》感染、モダンで《探検/Explore》をタッチした《捨て身の狂乱/Desperate Ravings》入り《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》と、それぞれ独創的なデッキを持ち込んで予選ラウンドを6-0-2と圧勝し、そのまま決勝まで勝ち進んだ岡田。

 直前予選で権利を獲得すると、その勢いのままにここまで駆け抜けた中村。

 岡田の研ぎ澄まされた《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike》が中村を刺し貫くか、中村の精緻な白青人間が岡田にトップメタの洗礼を浴びせるのか。

 伝統あるFinalsの歴史に新たに名前を刻むチャンピオンが、ここで決定するのだ。

The Finals 2011 決勝戦

The Finals 2011 決勝戦
岡田 尚也 vs. 中村 裕輔


Game 1

 値千金の先手を取ったのは中村。それに対し「全部後手かー」と小さく漏らしつつ、黒マナの出ない初手を決意の上キープした岡田は、2ターン目の《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》に《荒廃の工作員/Blighted Agent》で応えるが、これは《迫撃鞘/Mortarpod》で即退場する。

 ここで《沼/Swamp》を引き込んだ岡田は《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike》を設置。未だ修整値はゼロだが、これまで何人もの対戦相手を葬ってきたであろうその装備品は、不気味なプレッシャーを放っている。

 しかし中村は構わず《清浄の名誉/Honor of the Pure》を設置して3点アタック後、《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》でこれを追放。

 何とか手札の《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》か《堕落した良心/Corrupted Conscience》につなげたい岡田は、ひとまず《悪性の傷/Virulent Wound》を《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》に撃ってクロックを少しでも下げようとする。

 一方マナフラッド気味でやることがない中村は2体アタックで岡田のライフを10とし、《迫撃鞘/Mortarpod》を《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》に装備してターンエンド。

 ここが岡田の分水嶺。力のこもったドローで引き込んだのは、5枚目の土地!! 《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》を《堕落した良心/Corrupted Conscience》で奪い去ると、続く中村の《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》も2枚目の《堕落した良心/Corrupted Conscience》で奪い去り、《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》で毒2個を与える。

中村 裕輔

中村 裕輔

 しかし中村の勢いはそれを上回った。この圧倒的不利な局面でトップしたのは、メインに2枚きりしか入っていない《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》の2枚目!!
 これで《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》を奪っていた《堕落した良心/Corrupted Conscience》を取り除くことに成功する。

 返しで岡田もようやく2枚目の《沼/Swamp》を引き込むと、初手から手札に眠っていた《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》をようやく送り出すことに成功するが、その時点で岡田のライフは既に6。

 慎重に計算を終えた中村がエンド前に《迫撃鞘/Mortarpod》で《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》を本体に1点飛ばすと、そのまま《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》で2/2飛行スピリット・トークンを出す。

 そして2点アタックの後に《迫撃鞘/Mortarpod》が1点ずつ岡田のライフをぴったり削りきって、まずは中村が優勝に王手をかけた。

岡田 0-1 中村


 《変異原性の成長/Mutagenic Growth》《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》と《悪性の傷/Virulent Wound》を2枚抜き、《蔑み/Despise》《漸増爆弾/Ratchet Bomb》を投入する岡田。

 対する中村は後手ということもあって、《堕落した良心/Corrupted Conscience》に最も弱い《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》をサイドアウトする。


Game 2

 お互い7枚でキープすると、岡田の先手1ターン目の《蔑み/Despise》で明らかになった中村の手札は、

  • 《平地/Plains》3枚
  • 《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》
  • 《教区の勇者/Champion of the Parish》
  • 《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》
  • 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》

 というもの。ここから《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》を捨てさせる岡田。

 予定調和の《教区の勇者/Champion of the Parish》に対し、岡田が《荒廃の工作員/Blighted Agent》を出すと、中村はすぐさまトップした2体目の《教区の勇者/Champion of the Parish》をプレイ。激しいダメージレースの予感だ。

 だが岡田はあくまで落ち着いて2枚目の《蔑み/Despise》で《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を抜くと、さらに《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike》を設置。次のターンには墓地の2枚の《蔑み/Despise》の力を受けた《荒廃の工作員/Blighted Agent》が中村を襲う。

岡田 尚也

岡田 尚也

 このままだとあと2回殴られただけで毒殺されてしまう中村は、それでもここで勝負強く《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》をトップ、だがこのターンは《マナ漏出/Mana Leak》をケアして1ターン待つ選択をする。

 しかし今回はそれが裏目に出てしまった。岡田はメインで《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》をプレイ、他にインスタント・ソーサリーは落ちなかったものの、殴り値を4に増やして中村に強烈な一撃をお見舞いする。

 中村は今度こそ3マナ立たせて《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》をプレイ、無事これが着地して《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike》を追放するが、続けて岡田がプレイしたのは《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》。

 岡田が華麗に毒殺を成し遂げ、決着は3本目に委ねられた。

岡田 1-1 中村


 深く悩んだ中村は、先手ということで接触戦闘しない《宿命の旅人/Doomed Traveler》を抜き、《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》を全力投入する。


Game 3

Martin Juza

 マリガンを強いられてしまった中村に対し、《沼/Swamp》《島/Island》《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》《蔑み/Despise》《悪性の傷/Virulent Wound》《マナ漏出/Mana Leak》と上々のハンドをキープした岡田。

 《蔑み/Despise》で明らかになったのは、

  • 《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
  • 《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》
  • 《四肢切断/Dismember》
  • 《清浄の名誉/Honor of the Pure》
  • 《天使の運命/Angelic Destiny》

 ここから《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》が抜かれてしまい、中村は仕方なく《清浄の名誉/Honor of the Pure》を立て続けに2枚置くものの、クロックがない現状大した脅威にはならない。さらに岡田は《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》で《漸増爆弾/Ratchet Bomb》を引き込み、ついに《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》でアタックを開始する。

 事ここに至ってもクリーチャーが引けない中村は《漸増爆弾/Ratchet Bomb》を《忘却の輪/Oblivion Ring》しようとするが、これは《マナ漏出/Mana Leak》で弾かれ、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》が中村をじわじわと毒で蝕んでいく。さらに3枚目の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》がセットされると、もうあまり猶予はなさそうだ。

 それでも中村は一応クリーチャーを出せる《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》をセット、スピリット・トークンを生産するが、これも《清浄の名誉/Honor of the Pure》が《漸増爆弾/Ratchet Bomb》に流された上で《悪性の傷/Virulent Wound》されてしまう。しかも《荒廃の工作員/Blighted Agent》も追加されると、今や中村の勝利への道は限りなく細い。

 と、ここでようやく中村は待望のクリーチャーをトップデッキ。

 しかもずっと抱えていた《天使の運命/Angelic Destiny》の対象としても最適な《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》だ。
 10点×2の一発逆転イージーウィンを信じて力強く送り出す。

 だが、ここに岡田の《マナ漏出/Mana Leak》が突き刺さる。

中村 裕輔

 もし仮に3マナ払うとフルタップになる中村。ここまで構え続けた《四肢切断/Dismember》が打てなくなるため、返しのターンで《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》3枚と《荒廃の工作員/Blighted Agent》のアタックで毒8つになることが確定してしまう。つまり払うと詰み、払わなくてもいずれ・・・ジレンマに悩む中村は苦渋の決断を迫られる。

 だが、わずかな可能性に賭けてここはカウンターされることを選ぶしかない。

 返す岡田の《荒廃の工作員/Blighted Agent》《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》アタックに際し、中村はたった今カウンターされた《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》をリムーブして《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》を起動するが、これには《破滅の刃/Doom Blade》が合わせられ、中村の毒は7個にまで達する。

 次のターンの4体アタックを《四肢切断/Dismember》1枚ではどうやっても止められない中村は、今ごろ吸いついてきた《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》を出してはみるが、岡田がダメ押しにこれを《堕落した良心/Corrupted Conscience》して、中村を介錯したのだった。

The Finals 2011 決勝戦 決着

岡田 2-1 中村


The Finals 2011 Champion: 岡田 尚也

 The Finals 2011、優勝は岡田 尚也!!

前の記事: 準決勝 : 岡田 尚也(東京) vs. 小柳 卓史(東京) | 次の記事: 副賞紹介: マジック:ザ・ギャザリング オフィシャルライセンス製品(ミント社提供)
The Finals11 一覧に戻る