マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第14回戦:Liu, Dongyuan(中国) vs. 藤村 和晃(大阪)

【観戦記事】 第14回戦:Liu, Dongyuan(中国) vs. 藤村 和晃(大阪)

By Masashi Koyama

 スイスラウンドも残り2回戦。ここでご紹介するのはトップ8を視野に入れる2敗ラインから、グランプリ・名古屋2016でもトップ4入賞を果たした藤村和晃とリュウ・ドンギュアン/Liu, Dongyuanの戦いだ。

 慌ただしくフィーチャーマッチテーブルに現れた両者だったが、藤村がダイスなどを探している間に落ち着いてきたようで、静かにシャッフルを始め、サムズアップで撮影に応じる。

 トップ8まであと2つ。果たして、2敗キープは藤村か、リュウか。


負けられない戦いに臨むリュウ(写真左)と藤村(写真右)
ゲーム1

 後手藤村が《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist(SOI)》、《無謀な識者/Reckless Scholar(SOI)》から、リュウが《荒原のカカシ/Wild-Field Scarecrow(SOI)》《審問官の雄牛/Inquisitor's Ox(SOI)》という立ち上がり。

 藤村は《偏執的な皮剥ぎ人/Obsessive Skinner(SOI)》で《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist(SOI)》のパワーを上げ攻撃に向かい、ダメージレースを開始する。

 リュウは《巣網から見張るもの/Watcher in the Web(SOI)》で防御網を固めるが、藤村がおもむろに5マナからキャストしたのは《ゲラルフの傑作/Geralf's Masterpiece(SOI)》!

 藤村の手札は2枚であるため、すでに《巣網から見張るもの/Watcher in the Web(SOI)》を突破できるサイズだ。さらに《継続する調査/Ongoing Investigation(SOI)》をプレイし、盤面、手札で一気に優位に立つ。

 相手は《ムーアランドの流れ者/Moorland Drifter(SOI)》から《鼓舞する隊長/Inspiring Captain(SOI)》でダメージレースを仕掛けるが、根本的に《ゲラルフの傑作/Geralf's Masterpiece(SOI)》を対処できておらず、ライフを5まで削られる。

 ライフが17も残っている藤村に対し、ブラフ気味に土地7枚フルオープンで返してみるものの、藤村の手札を確認し、すぐにサイドボードへと手を伸ばしたのだった。

リュウ 0-1 藤村


負けられないゲームが2本続くリュウ
ゲーム2

 お互い7枚でキープし、リュウが《ムーアランドの流れ者/Moorland Drifter(SOI)》《不屈の聖戦士/Dauntless Cathar(SOI)》と好スタートを切る。

 藤村は《縫合の刻み獣/Stitched Mangler(SOI)》2枚から《無謀な識者/Reckless Scholar(SOI)》と続けるが、4枚目の土地を引くことができず、一方のリュウは《刹那の器/Vessel of Ephemera(SOI)》を設置し、クロック増加&昂揚達成へ着々と準備を進めていく。

 藤村は《無謀な識者/Reckless Scholar(SOI)》を起動し、《ただの風/Just the Wind(SOI)》で《不屈の聖戦士/Dauntless Cathar(SOI)》を手札に戻して時間を稼ぎ、リュウの《茨隠れの狼/Thornhide Wolves(SOI)》も《行方不明/Gone Missing(SOI)》でライブラリートップへと追いやり、ライフレースを13対14と均衡させる。

 だが、リュウはここで攻防一体の強力カード、《永遠の見守り/Always Watching(SOI)》をプレイ!

 これに対し藤村は先ほどゲームを決めた《ゲラルフの傑作/Geralf's Masterpiece(SOI)》を送り込むが、これが《翼切り/Clip Wings(SOI)》に遭い、《縫合の刻み獣/Stitched Mangler(SOI)》の片割れが《月銀の拘束/Bound by Moonsilver(SOI)》されてしまう。

 リュウの攻撃に対し《群れの守護獣/Pack Guardian(SOI)》を瞬速でプレイするが、これが生まれ出た狼・トークンとともに《邪悪の暴露/Expose Evil(SOI)》を受けると、そのまま土地を片付けたのだった。

リュウ 1-1 藤村


2本目を落としてしまった藤村
ゲーム3

 先手藤村が《発生の器/Vessel of Nascency(SOI)》《偏執的な皮剥ぎ人/Obsessive Skinner(SOI)》、後手のリュウが《刹那の器/Vessel of Ephemera(SOI)》というスタート。

 藤村は《発生の器/Vessel of Nascency(SOI)》を起動、《ゲラルフの傑作/Geralf's Masterpiece(SOI)》を墓地に落とすと即座に戦場に戻し、一気に盤面を掌握する。

 この猛スピードの攻勢に対し、《荒原のカカシ/Wild-Field Scarecrow(SOI)》しか召喚できていないリュウは《刹那の器/Vessel of Ephemera(SOI)》からスピリット・トークンを生み出すが、《ゲラルフの傑作/Geralf's Masterpiece(SOI)》の度重なる攻撃に対して使い捨てのチャンプブロッカーとしてしか利用することができない。

 だが、リュウは6枚目の土地を引き込み《罪人への急襲/Descend upon the Sinful(SOI)》で戦場を一掃!

 さらに《眠れぬ者の使者/Emissary of the Sleepless(SOI)》《厳格な巡邏官/Stern Constable(SOI)》と続け、藤村の追加戦力である《嵐乗りの精霊/Stormrider Spirit(SOI)》《縫い翼のスカーブ/Stitchwing Skaab(SOI)》の攻撃を食い止める。

 リュウは《永遠の見守り/Always Watching(SOI)》を唱え、《厳格な巡邏官/Stern Constable(SOI)》と《眠れぬ者の使者/Emissary of the Sleepless(SOI)》で果敢にアタックするが、藤村から飛び出したのは《群れの守護獣/Pack Guardian(SOI)》と狼・トークン。

 リュウは《厳格な巡邏官/Stern Constable(SOI)》を守るために《今夜を生き延びる/Survive the Night(SOI)》を唱えるものの、藤村の攻撃ですり減った残り3のライフを守り切るためにはリソースがあまりにも足りないのだった。

藤村 2-1 リュウ

藤村 和晃 Wins!

前の記事: 【観戦記事】 第13回戦:井上 徹(福岡) vs. 金川 俊哉(山梨) | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:井上 徹(福岡) vs. 菅谷 裕信(千葉)
グランプリ・北京2016 一覧に戻る