マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第7回戦:大森 健一朗(兵庫) vs. 上野 渉(千葉)

【観戦記事】 第7回戦:大森 健一朗(兵庫) vs. 上野 渉(千葉)

By Sugiki, Takafumi

 グランプリ・千葉2015初日も第7回戦を迎え、このラウンドまで全勝のプレイヤーは、早くも2日目への進出を確定させることになる。ここでは、全勝対決の上野 渉(千葉)と大森 健一朗(兵庫)の対戦をお伝えしよう。いち早く2日目進出を最初に決めるのはどちらのプレイヤーか。


大森 健一朗 vs. 上野 渉

ゲーム1

 上野が《旅人のガラクタ/Wayfarer's Bauble(5DN)》、《鎌の切り裂き魔/Sickle Ripper(SHM)》、《鎌切り/Sickleslicer(NPH)》とスタートダッシュを決めるが、4ターン目、大森が前のターンに出した《竜魂の騎士/Dragonsoul Knight(CON)》に向かって《鎌の切り裂き魔/Sickle Ripper(SHM)》と《鎌切り/Sickleslicer(NPH)》を攻撃に出してしまう。

 《竜魂の騎士/Dragonsoul Knight(CON)》の先制攻撃を忘れていたようで、痛恨のミスとなる。上野は追加で《巣の侵略者/Nest Invader(ROE)》をプレイし、ターンを終了した。

 対する大森は《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll(SHM)》をプレイし、空から攻撃をする体勢を整える。そして、次のターンには、《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger(ZEN)》を戦場に。《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll(SHM)》と《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger(ZEN)》が攻撃することで、一気に攻守が逆転する。

 そして次のターン、大森が再び2体で攻撃し、《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger(ZEN)》の攻撃時誘発型能力を解決したところで、上野は投了した。

大森 1-0 上野

ゲーム2


大森 健一朗

 上野が《沼/Swamp(KTK)》《森/Forest(KTK)》から《墓所の切り裂き魔/Crypt Ripper(ZEN)》をプレイするのに対し、大森も《旅人のガラクタ/Wayfarer's Bauble(5DN)》、《巣の侵略者/Nest Invader(ROE)》とプレイする立ち上がり。

 上野の4ターン目の《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator(ROE)》に対して、ターンの帰ってきた大森は少考の後、《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger(ZEN)》をプレイして攻撃。上野のライフを5点削り、除去が無ければそのまま終わってしまうような展開ではあるが、さすがに上野は《病気の拡散/Spread the Sickness(MBS)》を持っており、《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger(ZEN)》は墓地送りとなる。上野も《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator(ROE)》で攻撃をし、大森のライフは17。

 大森は次のターン、《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》でライブラリーを掘り、また盤面を作りに行く。対して、上野は《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid(CON)》をプレイするのみ。いまいちインパクトの無いクリーチャーが並ぶだけで、上野にとってはどうもあまり良い展開ではない。

 大森は空から《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》で攻撃し、《合金のマイア/Alloy Myr(NPH)》を盤面に追加。現状は《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》の分、大森が有利に見える。

 しかし、次のターン、上野がプレイしたのは《圧倒する暴走/Overwhelming Stampede(M11)》!

 貧弱だった上野の戦線は魔法の力で一気に強力な戦線へ。上野はもちろん全てのクリーチャーで攻撃することを宣言する。


上野 渉

 大森はいくつかのブロックのパターンを試し、最終的には《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator(ROE)》を《巣の侵略者/Nest Invader(ROE)》でブロックし、《巨森の蔦/Vines of Vastwood(ZEN)》で大きくして相討ちに。《合金のマイア/Alloy Myr(NPH)》もチャンプブロックに使い、それでも大森のライフは4まで落ち込むことととなった。

 ライフに余裕の無い大森は、《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》をブロッカーに立たせ、《魂光りの炎族/Soulbright Flamekin(LRW)》を追加。

 あと残り4点のライフを削りに、上野は攻める。《感染の賦活/Instill Infection(SOM)》で《魂光りの炎族/Soulbright Flamekin(LRW)》を除去、《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》には《拘引/Arrest(RTR)》をエンチャントし相手プレイヤーへ道をこじ開け、《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid(CON)》と《墓所の切り裂き魔/Crypt Ripper(ZEN)》で攻撃。

 大森はなんとか《隔離する活力/Sundering Vitae(RAV)》で《拘引/Arrest(RTR)》を割り、《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》で《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid(CON)》をブロック。《墓所の切り裂き魔/Crypt Ripper(ZEN)》の攻撃は通り、大森のライフは2となる。

 大森は《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator(ROE)》をプレイ。今となれば、落とし子・トークンも頼もしいブロッカーだ。地上が止まった形ができたため、《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》での攻撃を再開する。そして、上野が何ももせずターンを返したところ、次のターンの大森のトップデッキは《原始のタイタン/Primeval Titan(M11)》。ついに頼もしいフィニッシャーにたどり着いた。

 だが、上野が引いていたのは《種のばら撒き/Scatter the Seeds(RAV)》。戦線を横に広げ、うかつな攻撃を許さない。上野の次のターンのトップデックは《テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit(NPH)》。2枚のドローの中にあった《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire(M11)》をプレイ。《原始のタイタン/Primeval Titan(M11)》の攻撃をがっちりと止める構えを見せる。

 ターンの帰ってきた大森が《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》で攻撃し、上野のライフを5とすると、さらに唱えたのは《燎原の火/Wildfire(9ED)》!

 これにより、上野が横に広げてきた戦線は壊滅。かろうじて《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire(M11)》が盤面に残るものの、次のターン、何もクリーチャーが引けなかった上野は投了を宣言した。

大森 2-0 上野

前の記事: 【戦略記事】 渡辺雄也のシールドデッキ構築 | 次の記事: 【観戦記事】 第8回戦:本田 興久(神奈川) vs. 石村 信太朗(埼玉)
グランプリ・千葉2015 一覧に戻る