マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第8回戦:本田 興久(神奈川) vs. 石村 信太朗(埼玉)

【観戦記事】 第8回戦:本田 興久(神奈川) vs. 石村 信太朗(埼玉)

By 伊藤 敦

 世界を相手に戦う舞台は、プロツアーだけに限らない。

 Magic Online(マジックオンライン)。リアルではなく、ネットでマジックの腕を競い合うゲームで、石村は世界最強の16人に名を連ねた。

 先日開催された、2014 Magic Online Championship。そこで"rizer" 石村は選ばれた16人の招待選手の中で7位と健闘を示したのだ。

r8_ishimura.jpg
右胸に燦然と輝く"rizer"の文字は、マジックオンラインチャンピオンシップ招待選手の証だ。

 それ以前、2010 Magic Online Championshipにも出場したことがある石村は、まさしく電脳世界で最強の名をほしいままにしているわけだが、その石村が最も得意とするのがリミテッド、とりわけシールドデッキなのである。

 競技フォーマットの中でも運が絡む要素が大きいがゆえに確固たるセオリーが築きづらい、そんなシールドデッキというフォーマットで安定した勝率をキープできるというのは、一体どんな秘訣があるのか。

 このフィーチャーマッチで、その一端が垣間見えるかもしれない。

r8_honda_ishimura.jpg

ゲーム1

 先手は石村。7枚キープのはずだが、3ターン目まで《山/Mountain》《山/Mountain》《沼/Swamp》と置きつつも動きがない。

 それもそのはず、本田が石村の先手4ターン目のドロー後に《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》をプレイして手札を覗き見ると、そこには......

  • 《沼/Swamp》
  • 《シミックの信徒/Simic Initiate》
  • 《森の報奨/Sylvan Bounty》
  • 《マトカの暴動者/Matca Rioters》
  • 《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack》
  • 《ヘリウム噴射獣/Helium Squirter》
  • 《部族の炎/Tribal Flames》

石村 「フィーチャーされるとわかってたらこんなハンドキープしませんでしたよ(笑)」

 そう嘆きたくもなるほどの土地とスペルの噛み合わなさ具合。だが本田が《部族の炎/Tribal Flames》をライブラリボトムに送った代わりのドローで《森/Forest》を引き込むと、《マトカの暴動者/Matca Rioters》を送り出し、何とかゲームはできそうだ。さらに《鎌切り/Sickleslicer》の返しで《森の報奨/Sylvan Bounty》をサイクリングし、《島/Island》をサーチしてマナベースの問題を完全に解消する。

 本田は《刻まれた大怪物/Etched Monstrosity》をキャストするものの、石村はなおも《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack》プレイから即座に「召集」で《種のばら撒き/Scatter the Seeds》し、さらにトークンを生け贄に《骨の粉砕/Bone Splinters》! 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》の排除に成功する。

 だが、本田は《錆びた秘宝/Rusted Relic》から《錆びた秘宝/Rusted Relic》、さらに《金属ガエル/Frogmite》と攻め立てる。

 それでも石村は《ヘリウム噴射獣/Helium Squirter》で懸命にダメージレースを試みるが、《野生の末裔/Scion of the Wild》を出して「移植」したところで、本田の《時間の把握/Telling Time》がもたらした《忘却の輪/Oblivion Ring》に排除されて強制チャンプブロックになりそうと見るや、即座に投了を宣言。

 ......したのだが。

 実は石村のトップは《復讐に燃えた再誕/Vengeful Rebirth》。このターンをチャンプでしのぎ、返しのドローで《森の報奨/Sylvan Bounty》を回収したら、ぴったり勝っていた。

石村 「今日は頭が寝てるなー......」

本田 1-0 石村

ゲーム2

 《突風掬い/Gust-Skimmer》から《鎌切り/Sickleslicer》とつなげる本田に対し、石村は4色の土地を並べながら動きがない。

 さらに《マイア鍛冶/Myrsmith》と並んだところでようやくファーストアクションとなる《部族の炎/Tribal Flames》でクロックを下げようとするも、《使徒の祝福/Apostle's Blessing》でかわされてしまう。


本田 興久

 本田が《空狩人の散兵/Skyhunter Skirmisher》を追加した時点で石村のライフは8点。盤面には8点クロック。

 やむなくほぼフルタップで《空に届くマンタ/Skyreach Manta》を送り出すが、これに対して《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》を撃たれてしまうと、《使徒の祝福/Apostle's Blessing》で守ろうにもファイレクシア・マナのせいで、撃とうが撃つまいが盤面で詰んでしまっているのだった。

本田 2-0 石村

前の記事: 【観戦記事】 第7回戦:大森 健一朗(兵庫) vs. 上野 渉(千葉) | 次の記事: 【観戦記事】 第9回戦:Huang Hao-shan(台湾) vs. 渡辺 雄也(神奈川)
グランプリ・千葉2015 一覧に戻る