マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第12回戦:森 勝洋(東京) vs. 竹内 亮太(静岡)

【観戦記事】 第12回戦:森 勝洋(東京) vs. 竹内 亮太(静岡)

By Sugiki, Takafumi

 2日目も早くもファーストドラフト最終戦。

 既に2敗しているものの、トップ8にはまだ目のあるラインから、森 勝洋(東京)と竹内 亮太(静岡)の対戦をお届けする。森はエルドラージ・ランプ、竹内はスピリットを非常に良い形で組めている。


森 勝洋 vs. 竹内 亮太

ゲーム1

 互いにプレイングが速い。森は2ターン目から《ヴィーアシーノの殺戮士/Viashino Slaughtermaster(CON)》→《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack(WWK)》→《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator(ROE)》と展開し、竹内は《ヴィーアシーノの殺戮士/Viashino Slaughtermaster(CON)》を《名も無き転置/Nameless Inversion(LRW)》、《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator(ROE)》を《拘引/Arrest(RTR)》で対処するという立ち上がり。残った《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack(WWK)》がコツコツと竹内のライフを削っていく。

 森は《カヴーの上等王/Kavu Primarch(FUT)》をプレイし、竹内は《蝋鬣の獏/Waxmane Baku(BOK)》で、2ターン後からは《カヴーの上等王/Kavu Primarch(FUT)》をタップする構えを見せる。

 1ターンを凌ぐため、《カヴーの上等王/Kavu Primarch(FUT)》に対して竹内がプレイした《来世への旅/Otherworldly Journey(CHK)》を、森は《巨森の蔦/Vines of Vastwood(ZEN)》ではじく。これにより、一気に11点のダメージが竹内に入り、とどめは《彗星の嵐/Comet Storm(WWK)》!!

  森が完璧な回りを見せ1ゲーム目を先取した。

森 1-0 竹内

ゲーム2

 2ゲーム目は竹内の先攻。森の2ターン目、少考の後の《選別の高座/Culling Dais(SOM)》がファーストアクション。3ターン目の《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack(WWK)》に対して、竹内の2マナから《名も無き転置/Nameless Inversion(LRW)》がプレイされる。森は《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack(WWK)》が除去される可能性をケアして、先に《選別の高座/Culling Dais(SOM)》としたようだ。

 竹内が《蝋鬣の獏/Waxmane Baku(BOK)》、《月明かりの徘徊者/Moonlit Strider(BOK)》を展開していくのに対し、森は《種のばら撒き/Scatter the Seeds(RAV)》で盤面を横に広げ、《カヴーの上等王/Kavu Primarch(FUT)》をプレイするといった理想的な展開。


竹内 亮太

 竹内は、《蝋鬣の獏/Waxmane Baku(BOK)》の2枚目をプレイし、《蝋鬣の獏/Waxmane Baku(BOK)》のタップ能力でなんとか凌ぐ展開を目指す。さすがに盤面をコントロールされすぎだと、森は《蝋鬣の獏/Waxmane Baku(BOK)》に《噴出の稲妻/Burst Lightning(ZEN)》をプレイするが、竹内は《月明かりの徘徊者/Moonlit Strider(BOK)》でそれを阻止する。

 そんなやりとりの中でも、森の《選別の高座/Culling Dais(SOM)》が起動され続けており、森はついに5つ貯まったところで生け贄に捧げ5枚ドローをすることとした。

 手札の潤沢な森は、攻撃を宣言し当然のごとく《カヴーの上等王/Kavu Primarch(FUT)》がタップされた後、「どうすっかなー」と口に出しながら少考した後にプレイしたのは《燎原の火/Wildfire(9ED)》。

 森の《カヴーの上等王/Kavu Primarch(FUT)》が残るはずが、竹内が《名も無き転置/Nameless Inversion(LRW)》を《カヴーの上等王/Kavu Primarch(FUT)》にプレイしたことで、結局盤面はまっさらに。

 しかしながら5枚ドローの力は大きく、《内炎の点火者/Inner-Flame Igniter(LRW)》《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator(ROE)》をプレイし一気に決めにかかるが、ここは竹内が《全ては塵/All Is Dust(ROE)》をプレイし、なかなか土俵を割らない。

 そんなゲームも突然終わりを迎えた。森が《噴出の稲妻/Burst Lightning(ZEN)》《噴出の稲妻/Burst Lightning(ZEN)》《復讐に燃えた再誕/Vengeful Rebirth(ARB)》と竹内のライフを攻め立てると、瞬く間にその値は0を割った。

森 2-0 竹内


森 勝洋

前の記事: 【観戦記事】 第11回戦:岡田 渉(東京) vs. Suh Jae-Yong(韓国) | 次の記事: 【トピック】 グランプリ・千葉2015 出展ブース紹介
グランプリ・千葉2015 一覧に戻る