マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:清水 亮太(東京) vs. 松本 友樹(東京)

【観戦記事】 準々決勝:清水 亮太(東京) vs. 松本 友樹(東京)

By Sugiki, Takafumi

 4000人規模で開催されたグランプリも残りしプレイヤーは8人。ここでは青白ビートダウンの松本とドメインの清水による準々決勝の対戦をお届けしよう。

qf_matsumoto_shimizu.jpg

ゲーム1

 スイスラウンドの順位が高い松本が先攻を選択し、1ゲーム目がスタート。《島/Island(KTK)》《平地/Plains(KTK)》から2ターン目に《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》、3ターン目には《平地/Plains(KTK)》を出して《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader(MBS)》をプレイと、完全に波に乗っている松本。対する清水は3ターン目まで何もプレイできず、4ターン目に《刻まれた巫女/Etched Oracle(5DN)》を3/3でプレイするのが精一杯。

 しかし、その《刻まれた巫女/Etched Oracle(5DN)》も松本の《蒸気の絡みつき/Vapor Snag(NPH)》で手札に戻され、《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》と《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader(MBS)》の攻撃を受けることで、早くも清水のライフが5。

 次のターンに清水は再び《刻まれた巫女/Etched Oracle(5DN)》を出すも、松本が《力強い跳躍/Mighty Leap(M11)》で《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader(MBS)》を飛ばしたところで、清水は投了を宣言した。

清水 0-1 松本


松本 友樹

 2ゲーム目を前に、清水は《垂直落下/Plummet(M13)》をサイドインする。

ゲーム2

 2ゲーム目は清水が先手。しかし、清水は序盤にクリーチャーをプレイできず、松本が《太陽の槍のシカール/Sunspear Shikari(SOM)》、《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》とプレイするのに対して、《隔離する活力/Sundering Vitae(RAV)》を《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》にプレイする受け身の立ち上がりとなる。

 しかし、4ターン目に清水がプレイしたのは、《軋み森のしもべ/Creakwood Liege(EVE)》。

 除去されることがなければ非常に強力なカードであり、実際に松本はこれを除去するカードを持っておらず、清水の場には、次々と蟲・トークンが生み出されていく。

 清水は《合金のマイア/Alloy Myr(NPH)》、《刻まれた巫女/Etched Oracle(5DN)》とプレイし、次のターンには十分に貯まった蟲・トークンで攻撃。《太陽の槍のシカール/Sunspear Shikari(SOM)》をブロックに差し出すなどしても、大した延命にもならず、2本目は清水の勝利となった。

清水 1-1 松本


清水 亮太

ゲーム3

 先攻は松本に戻り、対する清水はマリガン。三たび松本は《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》、《太陽の槍のシカール/Sunspear Shikari(SOM)》といった立ち上がりを見せ、対する清水は3ターン目の《テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit(NPH)》がファーストアクション。

 松本は4ターン目、《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》と《太陽の槍のシカール/Sunspear Shikari(SOM)》で攻撃。追加のクリーチャーは展開できなかったものの、すでに清水のライフは12まで落ち込んでいる。

 何もプレイすること無くターンを終えた清水は、次のターンの松本による攻撃の際に《太陽の槍のシカール/Sunspear Shikari(SOM)》を《撤廃/Repeal(GPT)》で手札に戻すといった動きしかできない。《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》の攻撃は通り、清水のライフは10。このままではジリ貧だ。

 松本が次にプレイした《ガラス塵の大男/Glassdust Hulk(ARB)》は《部族の炎/Tribal Flames(TSB)》で除去するも、その間に《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》が攻撃し清水のライフは8。そして松本が追加した《まばゆい魂喰い/Blinding Souleater(NPH)》を除去できない。清水はブロッカーとして《空に届くマンタ/Skyreach Manta(5DN)》をプレイするも、当然《まばゆい魂喰い/Blinding Souleater(NPH)》でタップされブロッカーの機能を果たさない。

 松本が追加した《クムラックス/Qumulox(5DN)》は《垂直落下/Plummet(M13)》で除去するも、やはり序盤から出ていた《太陽の槍のシカール/Sunspear Shikari(SOM)》と《突風掬い/Gust-Skimmer(MBS)》を除去できない。

 そのまま清水のライフは0を割り、松本が準決勝進出を決めた。

清水 1-2 松本

松本 友樹
グランプリ・千葉2015 決勝ラウンド / 『モダンマスターズ 2015年版』ブースタードラフト
9 《平地》
7 《島》

-土地(16)-

1 《宮廷のホムンクルス》
1 《コーの決闘者》
2 《突風掬い》
1 《ルーンの苦役者》
1 《太陽の槍のシカール》
1 《まばゆい魂喰い》
1 《ミラディンの十字軍》
1 《タージ=ナールの剣鍛冶》
1 《ガラス塵の大男》
1 《厳粛な空護り》
1 《マイアの処罰者》
1 《クムラックス》

-クリーチャー(13)-
1 《銅の甲殻》
1 《蒸気の絡みつき》
2 《使徒の祝福》
1 《帆凧》
1 《マナ漏出》
1 《力強い跳躍》
1 《睡眠発作》
1 《冷静な反論》
1 《錆びた秘宝》
1 《幽体の行列》

-呪文(11)-
1 《グルールの芝地》
3 《はらわた撃ち》
2 《粗暴な力》
1 《ボロスの速太刀》
1 《瞬間凍結》
1 《ハーキルの召還術》
1 《撤廃》
2 《冷静な反論》
1 《幽霊の変わり身》
1 《着実な進歩》
1 《ヴィグの移植術師》
1 《金属ガエル》
1 《ヘリウム噴射獣》
1 《物読み》
1 《雷叫び》
1 《狡知》
1 《ノヴィジェンの賢者》

-サイドボード(21)-
清水 亮太
グランプリ・千葉2015 決勝ラウンド / 『モダンマスターズ 2015年版』ブースタードラフト
6 《森》
3 《山》
3 《沼》
1 《進化する未開地》
1 《島》
1 《平地》
1 《シミックの成長室》

-土地(16)-

1 《ナーリッドの群れ》
2 《マトカの暴動者》
1 《合金のマイア》
1 《軋み森のしもべ》
1 《細胞質の根の血族》
1 《刻まれた巫女》
1 《世界心のフェニックス》
4 《空に届くマンタ》

-クリーチャー(12)-
1 《旅人のガラクタ》
2 《部族の炎》
1 《不屈の自然》
1 《太陽の宝球》
1 《不気味な苦悩》
1 《不眠の晒し台》
1 《テゼレットの計略》
1 《病気の拡散》
1 《焦熱の落下》
1 《森の報奨》
1 《圧倒》

-呪文(12)-
1 《キマイラ的大群》
1 《シミックの信徒》
1 《ヴェリズ・ヴェルの刃》
1 《ゴブリンの戦化粧》
1 《垂直落下》
1 《組み直しの骸骨》
1 《撤廃》
1 《減縮》
1 《煙束ね》
1 《ヴィーアシーノの殺戮士》
1 《着実な進歩》
1 《隔離する活力》
2 《ヘリウム噴射獣》
1 《容赦無い潮流》
1 《熟考漂い》
2 《森の報奨》
1 《ウラモグの破壊者》

-サイドボード(19)-

前の記事: 【トピック】 グランプリ・千葉2015 トップ8プレイヤープロフィール | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:Albert Budisanjaya(インドネシア) vs. 彌永 淳也(東京)
グランプリ・千葉2015 一覧に戻る