マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:彌永 淳也(東京) vs. 砂田 翔吾(東京)

【観戦記事】 準決勝:彌永 淳也(東京) vs. 砂田 翔吾(東京)

By Hisaya Tanaka

 グランプリ・千葉もあと4人に絞られた。2つの準決勝のうち、こちらのブロックは世界選手権優勝経験のある彌永 淳也、そしてもう一人の砂田 翔吾との対戦だ。席につくなりお互いに「対戦するのが久しぶり」だと言うと、かつて神奈川の古淵にあった中島 主税邸での対戦について盛り上がっていった。

 しかし決勝戦にたどり着くのはどちらか1名。果たしてグランプリ・千葉2015チャンピオンに王手をかけるのはどちらのプレイヤーなのだろうか。


彌永 淳也 vs. 砂田 翔吾

ゲーム1

 先手の砂田はマリガン後、《進化する未開地/Evolving Wilds》でゲームを開始。一方の彌永は、《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》《巣の侵略者/Nest Invader(ROE)》と展開する。3ターン目に《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》をプレイしたい砂田は、《名も無き転置/Nameless Inversion(LRW)》を《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》に使うと、その《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》を戦場に送り出す。

 彌永はその返しのターンでは《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid(CON)》のみをプレイするも、その次のターンに、トークンデッキ対決に大きなインパクトとなる《藻のガリアル/Algae Gharial(ALA)》を戦場に出し、盤面掌握にとりかかる。

 《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator(ROE)》で《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》を強化していた砂田はその2体で攻撃すると、彌永は前のターンに《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid(CON)》がチャンプブロックして発生したトークンと《巣の侵略者/Nest Invader(ROE)》で《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator(ROE)》をダブルブロック、落とし子・トークンで《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》をチャンプブロックし、ダメージを本体に通さない構え。これにより《藻のガリアル/Algae Gharial(ALA)》には4つのカウンターが乗ってしまう。

 ここから砂田は《種のばら撒き/Scatter the Seeds》《屍滑り/Necroskitter》《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》と立て続けにプレイしていくのだが、彌永は《小走りの死神/Scuttling Death(CHK)》をプレイしてチャンプしつつ《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》を回収。その《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》とともに《先駆のゴーレム/Precursor Golem(SOM)》を送り込み、とことん《藻のガリアル/Algae Gharial(ALA)》が強くなる戦場を作り上げていく。

 意を決して2体の《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》で攻撃した砂田だったが、《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》の能力を駆使されそのサイズが5/5に落とされ、ゴーレム・トークンのダブルブロックによって1体の《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》を失ってしまう。彌永がそこに2体目の《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》を送り込むと、もう盤面を取り返せないと判断した砂田は投了を宣言した。

彌永 1-0 砂田


砂田 翔吾

ゲーム2

 2本目を取り返したい砂田、今度は7枚の手札をキープすると、3ターン目に《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator(TSB)》をプレイしてアドバンテージの確保に向かう。4ターン目には1枚追加でカードを引き、《幽霊の変わり身/Ghostly Changeling(LRW)》を戦場に送り込んでいく。

 一方、彌永は《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid(CON)》《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire(M13)》と展開していくも、《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator(TSB)》をブロックする前に《種のばら撒き/Scatter the Seeds》から《骨の粉砕/Bone Splinters(ALA)》とプレイされ、肝心な《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire(M13)》が除去されてしまう。

 仕方なく彌永は《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》の能力を《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator(TSB)》と《幽霊の変わり身/Ghostly Changeling(LRW)》に分散して使用すると、《減縮/Shrivel(M14)》でこの盤面を一掃しゲームの仕切り直しを図る。

 砂田は《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》をプレイするのだが、これは1/1のうちに《小走りの死神/Scuttling Death(CHK)》で除去され、《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》を回収されてしまう。

 ここで砂田は《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》をトップデッキ。戦場に出すとトークンを出す構えでターンを返す。すると彌永も《狼茨の精霊/Wolfbriar Elemental》を多重キッカー2、続くターンに《カヴーの上等王/Kavu Primarch(FUT)》をキッカーでプレイし盤面を一気に取りに行くが、砂田も《屍滑り/Necroskitter》《骨の粉砕/Bone Splinters(ALA)》《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》でしのぐ。

 ところが彌永は《戦慄の徒食者/Dread Drone(ROE)》《藻のガリアル/Algae Gharial(ALA)》とドロー。1戦目と同じく、砂田はこの《藻のガリアル/Algae Gharial(ALA)》の前に沈黙してしまう。

 これで調子づいた彌永は《選別の高座/Culling Dais(SOM)》《屍からの発生/Necrogenesis》と展開し完全に盤面を掌握すると、今度はドローも噛み合って《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》をドロー。このクリーチャーがいると詰んでしまう砂田は、《苦悶のねじれ/Agony Warp》をプレイして除去を試みるが、その代わりに《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》を失ってしまうこととなった。

 《選別の高座/Culling Dais(SOM)》でトークンを生け贄にしつつ《藻のガリアル/Algae Gharial(ALA)》を育てていくと、ライブラリーの枚数をチェックしてからその能力を起動。8枚のカードを引くと《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka(GPT)》をプレイしその能力で盤面を整理。《迫撃鞘/Mortarpod(MBS)》を見せると、砂田は投了となってしまった。

彌永 2-0 砂田


彌永 淳也

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:松本 友樹(東京) vs. 森 勝洋(東京) | 次の記事: 【観戦記事】 スーパーサンデーシリーズ決勝:石渡 飛雄馬(神奈川) vs. 下河辺 行洋(宮城)
グランプリ・千葉2015 一覧に戻る