マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 スーパーサンデーシリーズ決勝:石渡 飛雄馬(神奈川) vs. 下河辺 行洋(宮城)

【観戦記事】 スーパーサンデーシリーズ決勝:石渡 飛雄馬(神奈川) vs. 下河辺 行洋(宮城)

By 平林 和哉

 通常のスーパーサンデーシリーズなら、この優勝者のみにチャンピオンシップの参加権が与えられているところだが、どうやら今回は特別編らしい。

 この決勝を戦う両者には既に参加権があり、副賞の『モダンマスターズ 2015年版』Foilコンプリートセットを賭けたマッチとなった。

 もちろん決勝戦という性質上スプリットを行うことも可能だったものの、

下河辺「やります」
石渡「もちろんです」

 と何とも元気がいい。
 互いに長いスイスラウンドに加え、ドラフトと2マッチを経ているにも関わらずだ。

 この最高のお土産を賭けたマッチが、幕張メッセの場で最後の勝負。
 グランプリ決勝よりも遅く、2人の勝負が幕を開けた。


スーパーサンデーシリーズ・千葉 決勝:石渡 飛雄馬 vs. 下河辺 行洋

ゲーム1

 ダイスロールにより石渡の先手で始まる。
 先手ということもあり石渡は悩みつつのマリガンとなるが、その思いは同じだったようで下河辺もマリガン。
 両者痛み分けのスタートとなる。

 石渡が《森/Forest》から《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》。
 続けて《太陽の宝球/Sphere of the Suns》を置くと、下河辺は《マイア鍛冶/Myrsmith》。

 これに石渡が対処手段を持たず《巣の侵略者/Nest Invader》でターンを返すと、下河辺は《太陽の槍/Sunlance》を《巣の侵略者/Nest Invader》に。
 石渡が《巨森の蔦/Vines of Vastwood》でこれに応じると、下河辺に動きがない。

 だが動きがないのは石渡も同様だった。
 何もできずにターンを返すと、下河辺は《宮廷のホムンクルス/Court Homunculus》のプレイ、《マイア鍛冶/Myrsmith》のトークン生成、《物読み/Thoughtcast》プレイと動き始める。

 石渡は《物読み/Thoughtcast》こそ《差し戻し/Remand》を使うものの、マナが伸びず下河辺の動きについていくことができない。
 2枚目の《差し戻し/Remand》を再びの《物読み/Thoughtcast》に合わせ、《種のばら撒き/Scatter the Seeds》をプレイするものの、《マイア鍛冶/Myrsmith》に触ることができず攻めあぐねる手格好になってしまっている。

 ここに下河辺は《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》《物読み/Thoughtcast》と連打。
 石渡としては何とも攻めづらい。《原始のタイタン/Primeval Titan》こそ追加したものの、互いに地上戦線が伸びる一方。

 この状況は下河辺が《錆びた秘宝/Rusted Relic》を追加しても状況は変わらず、石渡は《ヘリウム噴射獣/Helium Squirter》。
 航空戦略により何とか状況打開が見えてきたか。


石渡 飛雄馬

 ところが下河辺が《転倒の磁石/Tumble Magnet》をプレイすると、場は再び一時の静寂を取り戻す。
 とはいえ第2ターンの《マイア鍛冶/Myrsmith》が処理されず、延々トークンが生成されているのだから、リソースの差は自明。
 《睡眠発作/Narcolepsy》を《錆びた秘宝/Rusted Relic》に付けてみたり抵抗はするものの、徐々に、だが石渡に不利な盤面になっていく。

......と思いきや下河辺が《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》《ガラス塵の大男/Glassdust Hulk》を追加したため、状況は加速した。
 アーティファクトをプレイするたび《ガラス塵の大男/Glassdust Hulk》はブロックできないアタッカーとなるし、若干ではあるが制空権も奪取。
 さらに《エーテル階級の騎士/Ethercaste Knight》を加え、一気に勝てる盤面を構築する。

 この状況を見て石渡は投了。
 すぐ負ける場ではないにせよ、勝てる場ではないとの判断だろう。

石渡 0-1 下河辺

ゲーム2

 第2ゲームは石渡の《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid》から始まる。
 下河辺も開始ターンから《宮廷のホムンクルス/Court Homunculus》。
 2ターン目には《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》と《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》をプレイして、後手ながらも若干優勢な場に。

 石渡は第3ターンにもアクションを起こせず、《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》の細菌トークンと《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid》の交換を行うのみ。
 下河辺は《ルーンの苦役者/Runed Servitor》で展開を続け、続く第4ターンには《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》までも。
 《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid》以降動けない石渡にはつらい展開となった。

 《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》を装備した《ルーンの苦役者/Runed Servitor》は《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid》の忘れ形見でチャンプブロック、さらに《種のばら撒き/Scatter the Seeds》を召集プレイと石渡も耐える。
 加えて《生育/Thrive》でトークンズを育成。何とか踏みとどまろうとはするのだが。

 見た目上はやや不利程度だったものの、下河辺が《磁石マイア/Lodestone Myr》をプレイしてはたまらない。
 特にトランプルの1単語が、トークン戦略を敷く石渡に重くのしかかる。

 《生育/Thrive》の2枚目で2/2トークン2体を育てるのが精一杯で、《磁石マイア/Lodestone Myr》に対抗する手段がない。
 そもそも《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》も止まっていないのに、だ。

 《不屈の自然/Rampant Growth》でマナを伸ばし、《狼茨の精霊/Wolfbriar Elemental》を多重キッカー4でプレイするが時すでに遅し。
 この時点で手札の尽きた石渡とは対照的に、下河辺は1つのターンに《物読み/Thoughtcast》《物読み/Thoughtcast》《転倒の磁石/Tumble Magnet》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》と連打。
 尽きないリソースの前に《狼茨の精霊/Wolfbriar Elemental》さえ役になっていない。

 《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》が攻撃し残りライフは4。《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》があることを考えると実質のラストターン。
 石渡にできたことは無意味な全軍突撃と、ライフを削り切れない《巨森の蔦/Vines of Vastwood》を見せることだけだった。

石渡 0-2 下河辺

 決勝戦を終えて石渡が一言。

石渡「これは強くないすか(笑)」
下河辺「《解放された者、カーン/Karn Liberated》まで入ってます(笑)」

 そう、デッキの完成度があまりに違いすぎる。そう考えるのも無理がないほど下河辺のデッキは強かった。

 会場で最後のマッチを勝利したのは、見事な金属術デッキをドラフトした下河辺。
 だいぶお疲れの様子であったが、お願いして簡単なインタビューを行わせていただいた。


スーパーサンデーシリーズ・千葉 優勝:下河辺 行洋

――「まずはお疲れさまでした」

下河辺「シールド40分を10ラウンド、その後のドラフト3回戦だったので疲れました」

――「ドラフトしたデッキはすごく強かったですね」

下河辺「はい、すごく強いデッキがドラフトできました。準々決勝と準決勝はいずれも《解放された者、カーン/Karn Liberated》で勝てて楽しかったです」

――「ちなみにスーパーサンデーシリーズについてはご存知でしょうか」

下河辺「いえ、恥ずかしながら本戦の内容についてはほとんど知らず、2日目もリミテッドができるということで参加しています」

――「構築戦よりリミテッドの方がお好きなんですね」

下河辺「以前は構築戦もやっていたのですが、最近はもっぱらプレリおじさんです(笑)」

 ここでスーパーサンデーシリーズの説明を挟んでいたのだが、内容については若干説明的になるためここでは割愛させてもらう。
 キーワードはこちら。「ウィザーズ本社の観光」「航空券ホテル付き」「ドラフトは無料」「充実の食生活」...etc。
 もちろんこれだけでは何が何やら分からないと思うので、良ければ参加者たちのレポートを読んでもらいたい。

――「スーパーサンデーシリーズチャンピオンシップについては、先ほどの対戦相手の方(石渡)も一緒になる予定なので、ぜひ都合をつけてご参加いただければと思います」

下河辺「はい、何とか仕事に都合をつけて参加したいですね。今はそれより今日中に帰れなくなったので、かみさんの機嫌が気掛かりです...」

sss_winner_shimokoube2.jpg

 どうやら下河辺には最終戦が残っていたようだ。

 グランプリのサイドイベントからプロツアー予選が無くなって今しばらく、スーパーサンデーシリーズがグランプリ2日目の顔となった。
 特に難しいことを考えなくても、ただ遊び足りないという気持ちだけで参加するのもいいし、明確にシアトル行くぞーとがっつくのもいいだろう。
 どのグランプリでも行われているのが常なので、覚えていたらぜひとも参加してほしい。

 大抵は初日の時点で受付が終了していることと、2日目の朝が早いことだけにはお気をつけて。

前の記事: 【観戦記事】 準決勝:彌永 淳也(東京) vs. 砂田 翔吾(東京) | 次の記事: 【トピック】 グランプリ・千葉2015 写真小ネタ集(その3・結婚式編)
グランプリ・千葉2015 一覧に戻る