マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第3回戦:松本 郁弥(石川) vs. 及川 隆介(千葉)

【観戦記事】 第3回戦:松本 郁弥(石川) vs. 及川 隆介(千葉)

By 矢吹 哲也

 年の瀬が近づきめっきり寒くなったこの頃だが、幕張メッセの一角は熱気に包まれている。レガシーで行われるグランプリは、レガシー・プレイヤーにとってまさに「お祭り」。日々磨いている武器と技を披露する格好の舞台だろう。

 では「国内グランプリのフォーマットがレガシーだから」それに合わせて練習をしてきたプレイヤーたちはどうか。第3回戦のフィーチャー・マッチで相対する両者は、その種のプレイヤーたちだった。

「今年のグランプリ・スケジュールが発表された時点でレガシーがあることを把握したので、少しずつ準備を進めてきました」と語るのは、松本 郁弥。先日行われたグランプリ・クアラルンプール2016にてついに初戴冠を果たした彼は、今大会でも「優勝」という体験を自らのものにするべく初戦に臨んだ。彼の持ち込んだデッキは青白2色の「奇跡」コントロール。レガシーのトップ・メタを走るデッキを、苦手なデッキへの対策を組み込んだ形に仕上げてきたという。

 対する及川 隆介も、普段から国内グランプリに合わせて様々なフォーマットを楽しむプレイヤーだ。前回のレガシー・グランプリには参加できなかった彼にとって、今回がレガシー初参戦。さらに初めてのフィーチャー・マッチに緊張は高まる。「《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach(EMA)》や《祖先の幻視/Ancestral Vision(TSP)》でアドバンテージ勝負を有利に進められるデッキを選びたかった」と語る彼が選択したのは、「スゥルタイ『続唱』」だ。相性としてはこちらに分があるとされるが、それを覆すべく取り組んだ松本の策とはいかなるものか。

r3_matsumoto_oikawa.jpg
長きにわたる努力が結実し「グランプリ王者」となった松本(写真左)。さらなる実績を得るため、及川 隆介との初戦に挑む。

ゲーム展開

 及川が《死儀礼のシャーマン》でゲームを開始すると、松本は《剣を鍬に/Swords to Plowshares(ICE)》でこれに応える。及川が《悪意の大梟/Baleful Strix(EMA)》後に展開した《ヴェールのリリアナ》を《意思の力》で弾いた松本は、《渦まく知識》で積んだ《終末/Terminus(AVR)》で及川の攻勢を許さない。

 しかし「奇跡」デッキが誇る鉄壁の布陣――《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(EMA)》と《相殺/Counterbalance(CSP)》の姿が、松本の盤面に現れない。

 及川はこの隙に《断片無き工作員/Shardless Agent(EMA)》からの《突然の衰微》で松本の《僧院の導師/Monastery Mentor(FRF)》を除去すると、《タルモゴイフ》を盤面へ追加してゲームの優位を取りに行く。

 そして2枚目の《僧院の導師/Monastery Mentor(FRF)も再び《突然の衰微》で除去され、押し込まれる形になった松本。ダメ押しとばかりに続けて繰り出された《ヴェールのリリアナ》には《意志の力/Force of Will(EMA)》を当てたものの、手札をすべて失ったところへ降り立つ《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》を受け切ることはできなかった。

r3_matsumoto.jpg
思うような動きができず敗北を喫した松本。サイドボードから《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を加え、巻き返しを図る。

 第2ゲームは松本が《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》、及川が《祖先の幻視/Ancestral Vision(TSP)》の「待機」でスタート。及川が2ターン目に放った《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach(EMA)》のが刺さり、松本は厳しい消耗戦を強いられる。

r3_oikawa.jpg
手札破壊とドローでアドバンテージを獲得し、攻め立てる及川。

 この状況を打開すべく、松本は《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》を呼び寄せると、《断片無き工作員/Shardless Agent(EMA)》、《死儀礼のシャーマン》と並んだ及川の盤面に《剣を鍬に/Swords to Plowshares(ICE)》を織り交ぜて対処した。しかし及川は2枚目の《断片無き工作員/Shardless Agent(EMA)》を繰り出し、それは《タルモゴイフ》を連れてきた。

 《祖先の幻視/Ancestral Vision(TSP)》の時間カウンターも残り1個。このまま消耗戦を続けては敗北必至だ。松本には「奇跡」が必要だった。

......しかし、《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》も《思案》も《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor(WWK)》も、松本に有効牌をもたらさない。それでも《基本に帰れ/Back to Basics》が及川のさらなる追撃を一時的に抑え、松本に猶予を与えた。

 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(EMA)》でライブラリーを掘り進め、やがて《至高の評決》と《天使への願い/Entreat the Angels(AVR)》を引き当てた松本は、及川の盤面を一掃したのちに《天使への願い/Entreat the Angels(AVR)》を「奇跡」で唱える――だがここで痛恨の《意志の力/Force of Will(EMA)》が及川の手から放たれ、ゲームをひっくり返すには至らなかった。

 及川は《死儀礼のシャーマン》を2体展開。松本は《安らかなる眠り》で《死儀礼のシャーマン》の能力を封じたが、2体の攻撃は着々と残りライフを削っていく。《剣を鍬に/Swords to Plowshares(ICE)》でクロックを緩めた松本だったが、《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top(CHK)》で占った先に彼を救う1枚は現れなかった。

松本 0-2 及川

 この戦いのマッチアップについて、松本は「有利なはずだった」と評価する。赤を抜いて基本土地を増やしたことで採用できた《基本に帰れ/Back to Basics》が、本来苦手な「スゥルタイ『続唱』」に刺さることを期待できたのだ。また、サイドボードから投入した《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》については、「着地したプレインズウォーカーに干渉する手段がほとんどないので厳しいですね」と及川も認める。これらをうまく引き込めなかった松本にとってはフラストレーションの溜まる試合になったが、大会はまだこれからだ。

前の記事: 【トピック】 グランプリ・千葉2016 注目すべきレガシープレイヤー5人 | 次の記事: 【観戦記事】 第4回戦:中野 彰教(神奈川) vs. 高橋 優太(東京)
グランプリ・千葉2016 一覧に戻る