マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 グランプリ・千葉2016 写真小ネタ集(その2、アーティストエリア)

【トピック】 グランプリ・千葉2016 写真小ネタ集(その2、アーティストエリア)

by Yuichi Horikawa

写真でグランプリ会場の様子を切り取るコラムです。

その2では、アーティストエリアを紹介します。

gpchiba2016artist01.jpg

国内のグランプリでは、すっかり定番化している、アーティストブース。

ここでは、マジックのアートを手がけるアーティストに実際に会い、サインやイラストを描いてもらえるエリアです。

今回も人気のアーティスト2名とあって、行列が絶えず大反響でした。

では、それぞれ順不同で紹介していきましょう。

スヴェトリン・ヴェリノフ/Svetlin Velinov

gpchiba2016artist02.jpg

Svetlin Velinovさんは、ブルガリア在住のアーティストです。

今回が初の来日とあって、ファンの列が途絶えることはありませんでした。

彼の代表的なカードは《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》や《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》などが有名ですね。

レガシーだと、《突然の衰微》も良く使われていますね。

gpchiba2016artist03.jpg

彼のアートは、パキッとした線ながら、力強く脈動する生物が描かれているアートが多いですね。

Svetlin Velinovさんの他の作品はこちら

gpchiba2016artist05.jpg

彼のブースではたくさんの作品のプリントが販売されていました。

gpchiba2016artist04.jpg

また、私が驚いたのは、彼の持ってきている画材の多さです。多種多様なマーカーを非常にたくさん持参されていました。

gpchiba2016artist06.jpg

丁寧に描かれたサインが印象的でした。


ニルス・ハム/Nils Hamm

gpchiba2016artist07.jpg

Nils Hammさんは、ドイツのデュッセルドルフ在住のアーティストです。

彼の代表的なカードは、《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》や、《墓所のタイタン》など、今回のグランプリのフォーマットであるレガシーでも、活躍しているカードが多いです。

Nils Hammさんの他の作品はこちら

gpchiba2016artist08.jpg

また、彼のブースには、プリントアートだけでなく、実際に描かれた原画も飾られていました。

gpchiba2016artist09.jpg

まさかデジタルでなく、アナログでアートを制作されていたとは驚きです。

gpchiba2016artist10.jpg

さらに、彼はブースでライブペインティングも行っていました。

gpchiba2016artist12.jpg

ちなみに彼の使用している画材は油絵具です。一般的な水性の絵具ではなく、油で溶く油性の絵具です。

特徴としては、乾くのに時間がかかる反面、混ぜる油の量でいろいろなタッチの絵が描けることです。

gpchiba2016artist11.jpg

こちらが、ライブペイントで仕上げた作品です。

筆だけでなく、指や、布などいろいろな素材を使いながら描いていたのが印象的でした。

こんな作品もブースに展示されていました。

gpchiba2016artist13.jpg gpchiba2016artist14.jpg

ペロンと蓋を取ることができるあたり、彼の遊び心を感じます。


アーティストエリアは、グランプリでも人気のブースの一つです。

今回は、どちらのアーティストも展示作品を含めボリューム満点なので、少しのぞいてみるだけでもおもしろい体験ができると思います。

前の記事: 【観戦記事】 第6回戦:Jason Chung(ニュージーランド) vs. 鶴原 隆之(大阪) | 次の記事: 【トピック】 グランプリ・千葉2016 写真小ネタ集(その3、サイドイベント)
グランプリ・千葉2016 一覧に戻る