マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第13回戦:諸藤 拓馬(福岡) vs. 逢坂 有祐(東京)

【観戦記事】 第13回戦:諸藤 拓馬(福岡) vs. 逢坂 有祐(東京)

By 宮川 貴浩

 2日目の予選ラウンドも折り返しの第13回戦、諸藤と逢坂の二人の古豪がフィーチャーエリアの一角で激突した。

 諸藤は、グランプリ・神戸2015優勝、グランプリ・東京2016ベスト4をはじめ輝かしい実績をもつ強豪。対する逢坂もグランプリ・横浜2003トップ8、多数のプロツアー参加と実力は申し分ない。

 ともにマジック歴の長い両者だが、意外にも諸藤は昨日がレガシーの大会初参加、逢坂はレガシーのデッキを回したこと自体今回が初めてだという。それでもここまで2敗できているのだから、2人のマジックの地力の高さは疑う余地があろうはずもない。

 扱うデッキは諸藤がデス&タックス、逢坂がエルドラージ。お二人にお話をうかがったところ、相性差はそこまでなく、かみ合い次第だという。これは名勝負が期待できそうだ。

r13_osaka_morofuji.jpg
共通の知り合いはいるものの、直接話すのは初めてだという両者。マジックを通して二人の間にどんな「対話」が生まれるのだろうか。
ゲーム1

 逢坂はダブルマリガンの厳しいスタート。1ターン目にセットされた《不毛の大地/Wasteland(TMP)》を見て、「この動きってどんなデッキがありましたっけ?」と諸藤。《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker(MBS)》で何を指定すべきか悩んだものの思いつかず、《リシャーダの港/Rishadan Port(MMQ)》を置いてターンを返す。

 続いて逢坂が置いた土地は《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple(DDP)》。これには諸藤も「一発でわかりました」と口にした。諸藤はこのマッチでは効果的ではない《ルーンの母/Mother of Runes(ULG)》を渋々戦場に送り出し、《リシャーダの港/Rishadan Port(MMQ)》で土地を縛るプランを続行する。逢坂は《虚空の杯/Chalice of the Void(MRD)》を設置するものの2枚目の《リシャーダの港/Rishadan Port(MMQ)》が出てきてしまい、非常に苦しいゲームとなった。

 しかし、ここから逢坂が見事に土地を引き続ける。2枚の《不毛の大地/Wasteland(TMP)》で《リシャーダの港/Rishadan Port(MMQ)》を割って一気に自由になると、《ウギンの目/Eye of Ugin(WWK)》からX=4で《果てしなきもの/Endless One(BFZ)》を呼び出す。

 諸藤は《コロンドールのマンガラ/Mangara of Corondor(TSP)》と《カラカス/Karakas》をそろえるが、《果てしなきもの/Endless One(BFZ)》に《梅澤の十手/Umezawa's Jitte(BOK)》が装備されると、「なんだってー!」と厳しそうな表情に。チャンプブロックした《コロンドールのマンガラ/Mangara of Corondor(TSP)》を《カラカス/Karakas》で戻し、なんとかしのごうとする。

 だが、それも続いて飛び出してきたトランプルもちの《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》には無意味。《四肢切断/Dismember(NPH)》と《梅澤の十手/Umezawa's Jitte(BOK)》の能力で戦場にクリーチャーがいなくなってしまうと、4枚しかスペルを引かなかった諸藤は「土地引きすぎたー!」とカードをたたんだ。

r13_osaka.jpg
ダブルマリガンのハンデを感じさせず先勝した逢坂。有利状況でも不利状況でも、その表情は変わらない。

逢坂 1-0 諸藤

ゲーム2

 2ゲーム目もマリガンを喫した逢坂。諸藤は《ルーンの母/Mother of Runes(ULG)》から《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic(WWK)》と展開し、《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》を手札に加える。逢坂は《作り変えるもの/Matter Reshaper(OGW)》、《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》とパンチ力のあるクリーチャーを並べるが、諸藤が《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic(WWK)》の能力を構えて《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》を出せる状態のため、攻撃には行けない。

 《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》で守りを固めた諸藤は、2体目の《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic(WWK)》を展開。《梅澤の十手/Umezawa's Jitte(BOK)》と悩み、今度は《万力鎖/Manriki-Gusari(SOK)》をサーチした。

 クリーチャーのアタックと《歪める嘆き/Warping Wail(OGW)》によって一度は相手の頭数を減らした逢坂だったが、諸藤は《ちらつき鬼火/Flickerwisp(EVE)》で《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》をブリンクし、細菌・トークンをすぐに用意。

 《ちらつき鬼火/Flickerwisp(EVE)》に《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》がつくと、いくらエルドラージが巨大とはいえ空からの攻撃はどうにもならず、絆魂によってダメージも追いつかない。最後は頼みの綱の《梅澤の十手/Umezawa's Jitte(BOK)》が《万力鎖/Manriki-Gusari(SOK)》によって破壊され、ここで逢坂は投了した。

r13_morofuji.jpg
冷静沈着な逢坂とは対照的に、いつでも実に楽しそうにプレイするのが諸藤。しかし、時折見せる鋭い眼光にははっとさせられるものがある。

逢坂 1-1 諸藤

ゲーム3

 3ゲーム目は諸藤がマリガンでのスタートとなった。諸藤は《古えの墳墓/Ancient Tomb(TMP)》を《不毛の大地/Wasteland(TMP)》で破壊すると、続く《不毛の大地/Wasteland(TMP)》も《不毛の大地/Wasteland(TMP)》で破壊。すると今度は、お返しとばかりに逢坂が諸藤の《永岩城/Eiganjo Castle(CHK)》を《不毛の大地/Wasteland(TMP)》で破壊した。

デュアルランドではない特殊な土地が満載の両デッキ。土地を制する者が試合を制す。それがこのマッチアップだ。

 ここで逢坂が《裏切り者の都/City of Traitors(EXO)》を置くと、「難しいこと言いますねえ」と反応する諸藤。《不毛の大地/Wasteland(TMP)》は起動せず、《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic(WWK)》を戦場に送ることを選んだ。連れてくるのはもちろん、攻守に優れたユーティリティーカード、《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》だ。

 《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》が機能し始める前にエルドラージのパワーで押し切ってしまいたい逢坂は、マッチを通して初めての《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》で諸藤の手札を覗く。暴かれたのは《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》、《大変動/Cataclysm(EXO)》、《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker(MBS)》、《議会の採決/Council's Judgment(CNS)》、《護衛募集員/Recruiter of the Guard(CN2)》の5枚。

 逢坂は《全ては塵/All Is Dust(ROE)》、《歪める嘆き/Warping Wail(OGW)》、《忘却蒔き/Oblivion Sower(DDP)》、《四肢切断/Dismember(NPH)》という自らの手札と相談し、《護衛募集員/Recruiter of the Guard(CN2)》を抜くことを選んだ。

 しかし、返しのドローで都合よく《剣を鍬に/Swords to Plowshares(EMA)》を引いた諸藤。《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》を除去し、《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben(DKA)》を引き込む。

 これで、諸藤が戦線を突破することが可能になった。《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple(DDP)》を《不毛の大地/Wasteland(TMP)》で割り、さらに《リシャーダの港/Rishadan Port(MMQ)》も引いてマナ拘束を加速させる。クロックこそ細いものの、確実に逢坂のライフは削れていく。

 逢坂もしっかり《裏切り者の都/City of Traitors(EXO)》を引いて《作り変えるもの/Matter Reshaper(OGW)》を出し、《カラカス/Karakas(ME3)》がタップされたタイミングを狙いすまして《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben(DKA)》を除去するが、諸藤の手には2枚目の《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben(DKA)》、そして《霊気の薬瓶/AEther Vial(DST)》が。

 使えるマナの面で圧倒的優位に立った諸藤は、そのまま2枚の《リシャーダの港/Rishadan Port(MMQ)》で逢坂の行動を縛り続けて《殴打頭蓋/Batterskull(NPH)》と小さなクリーチャーでアタックし続け、これぞデス&タックスという試合運びで柔よく剛を制した。

逢坂 1-2 諸藤

 トップ8に望みをつないだのは、諸藤 拓馬!

前の記事: 【観戦記事】 第12回戦:清水 俊樹(山梨) vs. 渡辺 雄也(東京) | 次の記事: 【戦略記事】 デッキテク:「ミラクルマスター」たちの競演
グランプリ・千葉2016 一覧に戻る