マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 デッキテク:中野彰教の「黒単グリセルストーム」

【戦略記事】 デッキテク:中野彰教の「黒単グリセルストーム」

by Masashi Koyama

(この記事はグランプリ本戦1日目に取材したものです)

 あなたの好きな色は何ですか?

 マジックを彩る白青黒赤緑の5色。マジックのプレイヤーであれば、この中にフェイバリットカラーがあり、その色のマナを存分に使い倒そうとした経験があることだろう。

 では同じ色を10年以上一貫して使い続けている意志を持つプレイヤーは、一体どれくらいいるのだろうか。5つの色が自由に使えるマジックにあって、きっとそんなプレイヤーはごく少数しかいないと思われる。ましてや、その色でグランプリに出場し好成績を残すなんて――まるで夢物語のようだ。

 だが、そんなドリームをこの大舞台で叶えたプレイヤーがいる。

 中野彰教――

d1_nakano.jpg

「黒が大好きなんです!」

 冒頭の質問を投げかけると、とびっきりの笑顔で中野は答えてくれた。彼はマジックを始めた『神河謀反』の頃から10年以上黒単色のデッキを使い続けていると言う。

 普段から本グランプリ主催者である晴れる屋に足繁く通い、黒いデッキを使い続けている彼は第4回戦でプラチナ・プロの高橋優太から大金星を上げる大立ち回りを見せ、8回戦終了時点で7勝1敗と好位置につけている。

 そんな岩をも通す「意志」を貫く彼の珠玉の一作がこれだ。

中野 彰教 - 「黒単グリセルストーム」
グランプリ・千葉2016 / レガシー (2016年11月26~27日)
12 《沼》
2 《裏切り者の都》

-土地(14)-

3 《意志の大魔術師》
4 《グリセルブランド》

-クリーチャー(7)-
4 《ライオンの瞳のダイアモンド》
4 《水蓮の花びら》
2 《金属モックス》
4 《暗黒の儀式》
4 《納墓》
4 《思考囲い》
4 《冥府の教示者》
4 《浅すぎる墓穴》
4 《死体のダンス》
4 《暴露》
1 《苦悶の触手》

-呪文(39)-
3 《見栄え損ない》
2 《真髄の針》
2 《外科的摘出》
2 《苦花》
4 《罠の橋》
2 《最後の望み、リリアナ》

-サイドボード(15)-

 このデッキの基本的な動きは以下の通りだ。

1.マナ加速から《納墓/Entomb(EMA)》で《グリセルブランド/Griselbrand(AVR)》を墓地へ送り、《浅すぎる墓穴/Shallow Grave(MIR)》か《死体のダンス/Corpse Dance(TMP)》で戦場へ送り込む。

2.大量のカードを引き、《暗黒の儀式/Dark Ritual(5ED)》《水蓮の花びら/Lotus Petal(TMP)》などのマナ加速を重ね《納墓/Entomb(EMA)》で《意志の大魔術師/Magus of the Will(C16)》を墓地に落とす。

3.《浅すぎる墓穴/Shallow Grave(MIR)》か《死体のダンス/Corpse Dance(TMP)》で《意志の大魔術師/Magus of the Will(C16)》を戦場に出し、能力を起動。

4.墓地の呪文を大量に唱え、ストームが十分に溜まった《苦悶の触手/Tendrils of Agony(SCG)》を対戦相手へ打ち込む。

 これはあくまでも動きの一例であり、他の手順としては《死体のダンス/Corpse Dance(TMP)》か《浅すぎる墓穴/Shallow Grave(MIR)》プレイ、解決前に《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond(MIR)》を起動し、手札にあるクリーチャーを釣り上げるルートもある。

 また、忘れがちであるが《納墓/Entomb(EMA)》は クリーチャー以外のカードも墓地に送ることができる ため、あらかじめ《冥府の教示者/Infernal Tutor(DIS)》か《苦悶の触手/Tendrils of Agony(SCG)》を墓地へ落とし、《意志の大魔術師/Magus of the Will(C16)》から唱えることが可能となっている。

  ANTに代表されるストーム系デッキは一度コンボを防がれた際の息切れが激しく、その後のリカバリーが非常に困難だが、《意志の大魔術師/Magus of the Will(C16)》があればすぐに復旧できる点も非常に大きい。

 《意志の大魔術師/Magus of the Will(C16)》の元祖と言える《ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will(USG)》はあまりの強力さにレガシーでは禁止カードとなっているが、このデッキであればその凶悪さを十分に堪能できそうだ。

 この種のコンボデッキには致命的なカードが多くサイドボード後のゲームに課題を抱えていそうだが、中野はかなり割り切ったサイドボードを用意することでこの問題を乗り越えようとしている。

「奇跡コントロールや《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben(DKA)》《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage(DKA)》などの苦手なカードを擁する相手にはサイドボード後から別軸の勝利手段を用意しています」

 前述した通り、中野は本グランプリで第4回戦で対戦したプラチナ・プロの高橋優太を含む2度、現環境の大本命である奇跡コントロールに勝利しており、ここまではこの戦略が功を奏しているようだ。

 そしてこの先も好調を維持し、決勝ラウンド進出を果たすことはできるか――彼の「意志」に注目だ。

前の記事: 【観戦記事】 第14回戦:宮島 拓人(新潟) vs. 市川 ユウキ(神奈川) | 次の記事: 【戦略記事】 デッキテク:冨澤晋の「厳かなモノリス・エルドラージ」
グランプリ・千葉2016 一覧に戻る