マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 サイドイベント:「格内フォーマット」統率者戦

【トピック】 サイドイベント:「格内フォーマット」統率者戦

by Yuichi Horikawa

 グランプリ・千葉2016にも多くのサイドイベントがありましたが、ここでは「格内フォーマット」統率者戦の紹介をしていきます。

 格内フォーマットって何?という方は、こちらをご確認ください。

 射場本正巳の「統率者(2016年版)のススメ」第2回:みんなで遊ぼう統率者!!

gpchiiba2016edh00.jpg

格内フォーマット統率者ということで、フォーマットの名前にもなっている格内さんと、統率者と言えばこの人のウィザーズ開発部の射場本さんもイベントに参戦しました。

gpchiiba2016edh01.jpg

格内さんももちろん参加者ブースに並んで、案内のスタッフを待ちます。

gpchiiba2016edh02.jpg

なんと、この格内フォーマット統率者は、ワンコインで参加可能!これなら、気軽に参加できますね。

ちなみに、このイベントでは、「マジック福袋」なる謎の景品が4人の中で最後まで勝ち残ったプレイヤーに贈られます。

gpchiiba2016edh03.jpg

しかも、参加するだけで、ランダムに1パック、ブースターパックまでもらえます!

写真は、格内さんが参加した4人卓のブースターパックです。

gpchiiba2016edh04.jpg

今回は、統率者に『統率者(2016年版)』に収録される共闘の統率者を使用するルールだったので、格内さんの卓の統率者はこんな感じでした。

gpchiiba2016edh05.jpg

射場本さんの卓は、こんな感じです。

向かって右手前の方の統率者は《魂の守護者、ラーボス/Ravos, Soultender(C16)》《ルーデヴィックの名作、クラム/Kraum, Ludevic's Opus(C16)》と違うセットに入った2枚を統率者に置いた強者ですね。

gpchiiba2016edh06.jpg

さてさて、ゲームが始まると格内さんの卓はにこやかなムードながら、シバタさんの統率者である《綱投げ、アキリ》が序盤にパワー12になり盤面を制圧していきます。

写真のシーンは、ニコニコしながらも《ネビニラルの円盤》を構える格内さんの図です。シバタさんを除く誰もが、格内さんの《ネビニラルの円盤》の起動を心待ちにしています。

誰か一人が飛びぬけて強くなると、他の3人のプレイヤーで共闘して戦ったりするのも統率者の醍醐味ですね。

gpchiiba2016edh07.jpg

そんな格内さんの卓とは打って変わって、射場本さんの卓では、《最後のアブザン、レイハン/Reyhan, Last of the Abzan(C16)》がとんでもないサイズに!

gpchiiba2016edh08.jpg

ですが、そこは射場本さん《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》で、相手のターンを奪って手札も盤面もめちゃめちゃにしていきます。

gpchiiba2016edh09.jpg

《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》は統率者でも恐ろしい力を発揮していました。

この写真の射場本さんの手札は《最後のアブザン、レイハン》のコントローラーの方の手札です。

17枚ドローさせられたり、盤面のクリーチャーは1体もいなくなったりと、手札も最後は土地とマナアーティファクトだけにされていました。

まさに、約束された終末。

gpchiiba2016edh10.jpg

そうこうしているうちに、格内さんの卓では、格内さんの向かいの対戦相手が唱えた《歯と爪》から、出てはいけない2体が!?

(《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker(MM2)》の能力で《士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts》をコピーし、《士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts》が戦場に出たときの能力で《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker(MM2)》をアンタップすることで、《士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts》のトークンを好きなだけ出すコンボ)

しかし、無限コンボは、《鏡割りのキキジキ》の能力起動に対応して唱えられた《幕切れ》によって阻止されます。

gpchiiba2016edh11.jpg

コンボが阻止されたとホッとしたのも束の間、射場本さんの卓では大変なことが起こっていました。

射場本さんが、怪獣と言えるレベルの大型クリーチャーたちを召喚し場を制圧していたのです。

写真では除去された後でしたが、《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》ももう一度墓地から回収されて戦場に降臨していました。

他の参加者は、射場本さんが率いるエルドラージ怪獣軍団を止めることができず、射場本さんの勝利となりました。

ということで、射場本さんの卓では、参加者全員でマジック福袋の中身を山分けすることになりました。

gpchiiba2016edh12.jpg

これがマジック福袋の中身です。

ワンコインの参加費で、この景品はあまりにも豪華すぎやしませんか?

gpchiiba2016edh13.jpg

みんなで景品をわけて、にっこりとなりました。

gpchiiba2016edh14.jpg

さてさて、格内さんの卓はというと、すべてのプレイヤーのライフが4点以下になる大混戦になっていました。

戦場には数体のクリーチャーしかおらず、全員の土地は、《ハルマゲドン》によってすべで墓地送りにされていました。

しかし、《機械の行進/March of the Machines》をコントロールしていたシバタさんは、《綱投げ、アキリ》とのシナジーから自身のデッキに多くとっているマナ・アーティファクトを展開し、それらで戦場を制圧し勝利を収めました。

gpchiiba2016edh15.jpg

というわけで、格内さんより景品のマジック福袋が贈られました。


会場での格内フォーマットの統率者戦は、こんな感じでした。

構築済みデッキを20枚しか変更していないとは思えない、白熱した戦いが繰り広げられていました。

しかし、カジュアルな統率者戦らしく、グランプリ会場でも和気あいあいとした楽しい雰囲気で、他のプレイヤーと会話を楽しみながらプレイする、そんなサイドイベントでした。

前の記事: 【トピック】 グランプリの新たな試みへの反響は? | 次の記事: 【戦略記事】 グランプリ・千葉2016 2日目メタゲームブレイクダウン
グランプリ・千葉2016 一覧に戻る