マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第9回戦:Wong Hoi Kiu, Ivan(香港) vs. 山本 賢太郎(東京)

【観戦記事】 第9回戦:Wong Hoi Kiu, Ivan(香港) vs. 山本 賢太郎(東京)

By Masashi Koyama

 フィーチャーマッチの組み合わせがアナウンスされプレイヤーたちが移動する中、先に席に着いていたレイヤーを見るやいなや、香港からの遠征組ウォンホイキウ・イヴァン/Wong Hoi Kiu, Ivanは天を仰ぎ「Oh no!」と大きく声を上げた。

 それも仕方のないことで、なぜなら彼の対戦相手は日本が誇るトップ・プロ、山本賢太郎なのだから。

 その山本はウォンホイキウが席に着くと「Good luck」と声をかけ握手を求める。

 ウォンホイキウは握手に応じ、我々取材班に対し「君たちは日本から来たんだよね?フィーチャーマッチ緊張するなあ」と言いながらもマイペースで試合の準備を始める。

 山本がいかにトップ・プロと言えど、このグランプリでは1敗の山本に対し、ウォンホイキウはここまで全勝。

 そこから来るものかは分からないが、マリガンチェックの最中もウォンホイキウは自分のペースで山本に対し積極的に話しかける。

 山本もにこやかに応じ、初日最終ラウンドは賑やかに幕が開いたのだった。


第9回戦 山本(写真右)vsウォンホイキウ(写真左)
ゲーム1

 ダイスロールで先手を取った山本が使用するのは「グリセルシュート」と呼ばれるデッキで、《御霊の復讐/Goryo's Vengeance(BOK)》と《裂け目の突破/Through the Breach(CHK)》を駆使し、《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn(ROE)》と《グリセルブランド/Griselbrand(AVR)》のコストを踏み倒して戦場に出し強力な一撃をお見舞いするコンセプトのものだ。

 そんな《御霊の復讐/Goryo's Vengeance(BOK)》で墓地を利用する山本に対しウォンホイキウが1ターン目に突き付けたのは《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant(CHR)》から《大祖始の遺産/Relic of Progenitus(ALA)》!

 どうやらウォンホイキウは山本のデッキを絞り込めているわけではないようで、《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit(WWK)》《血の墓所/Blood Crypt(DIS)》と並べた山本が《手練/Sleight of Hand(9ED)》を唱えると「Storm?」と声を上げる。

 とは言え、《大祖始の遺産/Relic of Progenitus(ALA)》が鎮座している状況では山本はうかつに動けない。

 ウォンホイキウの《森の占術/Sylvan Scrying(BFZ)》を《イゼットの魔除け/Izzet Charm(RTR)》で打ち消し、《集団的蛮行/Collective Brutality(EMN)》で《グリセルブランド/Griselbrand(AVR)》を墓地に送りつつ、《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》でウォンホイキウの《古きものの活性/Ancient Stirrings(ROE)》×2、《濃霧/Fog(M14)》《森の占術/Sylvan Scrying(BFZ)》という手札から《古きものの活性/Ancient Stirrings(ROE)》を取り除く。

r9_wong_hand.jpg

 だが、もちろん返すターンでウォンホイキウがプレイするのはもう1枚の《古きものの活性/Ancient Stirrings(ROE)》。これで《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》を手に入れ、さらに《森の占術/Sylvan Scrying(BFZ)》で「ウルザトロン」最後の1枚である《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant(9ED)》を手札に加える。

 次のターンにいきなり脅威にさらされることが確定してしまった山本は《信仰無き物あさり/Faithless Looting(DDK)》と《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》でライブラリーを掘り進める。

 なんとか《裂け目の突破/Through the Breach(CHK)》を見つけるが、土地が4枚で止まっている山本はこれを唱えるための5マナ目が確保できない。

 さらに《世界を壊すもの/World Breaker(OGW)》がウォンホイキウの手札から降臨し、《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit(WWK)》を破壊されると、山本は《信仰無き物あさり/Faithless Looting(DDK)》で打開策を探してはみるものの、《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》の前ではどうしようもないのであった。

ウォンホイキウ 1-0 山本


ゲームを落とした山本は静かに2本目へと気持ちを切り替える
ゲーム2

 ワンマリガンの山本に対し、ウォンホイキウがダブルマリガン。

 山本の手札は

  • 《流転の護符/Quicksilver Amulet(ULG)》
  • 《御霊の復讐/Goryo's Vengeance(BOK)》
  • 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide(PLC)》
  • 《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》
  • 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit(WWK)》
  • 《湿った墓/Watery Grave(RAV)》

 というもの。

r9_yamamoto_hand.jpg

 ウォンホイキウが《探検の地図/Expedition Map(ZEN)》を置いた返しの山本の2ターン目。山本は自らに《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》を打ち込む...そう、山本はファーストドローで《グリセルブランド/Griselbrand(AVR)》を引き込んだのだ!

 山本はこれを墓地に送ると《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide(PLC)》でマナを捻り出し、《御霊の復讐/Gore's Vengeance(BOK)》というビッグプレイ!

 これを見たウォンホイキウは「Good play!」と感嘆の声を上げ、手札の《大祖始の遺産/Relic of Progenitus(ALA)》を見せて苦笑いする。

 山本は《グリセルブランド/Griselbrand(AVR)》で14枚カードを引き攻撃。さらに《グリセルブランド/Griselbrand(AVR)》の能力を使用し、潤沢と言うに余りある戦力を手に入れる。

 ウォンホイキウもなんとか山本に対抗すべく「ウルザトロン」を揃え脅威を叩きつけたいところだが、《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》で《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》を落とされ、手札に残る《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger(BFZ)》召喚までの道のりはあまりに遠い。

 そして、山本はもちろん5ターン目に《裂け目の突破/Through the Breach(CHK)》から《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn(ROE)》を提示してみせ、星をタイへと引き戻した。

ウォンホイキウ 1-1 山本

ゲーム3

 ウォンホイキウが《探検の地図/Expedition Map(ZEN)》、山本が《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》というスタート。

 山本がさらに《手練/Sleight of Hand(9ED)》《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》と続け、ウォンホイキウは《探検の地図/Expedition Map(ZEN)》から2枚目の「ウルザトロン」である《ウルザの塔/Urza's Tower(9ED)》と、お互いに着々と決戦への準備を整えていく。

 山本が《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》に対応してウォンホイキウは《手練/Sleight of Hand(9ED)》へ《外科的摘出/Surgical Extraction(NPH)》。

 これで明らかになった山本の手札には《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》に《裂け目の突破/Through the Breach(CHK)》《グリセルブランド/Griselbrand(AVR)》。コンボが揃っていたのだ!

r9_yamamoto_hand2.jpg

 これを見たウォンホイキウはまたも「Oh no!」と大きく声を上げ頭を振る。相当にヒートアップしているようだ。

 一方、冷静な山本は《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》で《忘却石/Oblivion Stone(MRD)》を捨てさせ、さらに2枚目の《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》で《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End(EMN)》をも奪い取り、ウォンホイキウの残る手札は《幽霊街/Ghost Quarter(C14)》のみとなってしまう。

 が、ウォンホイキウもここまで全勝と勢いにのる男。《ウルザの鉱山/Urza's Mine(8ED)》《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》と連続で引き込みみ、一転山本に対処を迫る。


トップデッキで活路を見出すしかないウォンホイキウ

 だが、山本の手札には前述したように《御霊の復讐/Goryo's Vengeance(BOK)》シュートを決めるだけの材料が揃っている。

 《グリセルブランド/Griselbrand(AVR)》を墓地に送り込み、すかさず《御霊の復讐/Goryo's Vengeance(BOK)》でこれを蘇らせ《解放された者、カーン/Karn Liberated(NPH)》を葬る。

 そして、ここで《グリセルブランド/Griselbrand(AVR)》と契約し、またも14枚もドローした山本に対し、トップデッキに賭けるしかないウォンホイキウの差はあまりに絶望的だった。

 一度は《塵への崩壊/Crumble to Dust(BFZ)》で山本を足止めしてみるものの、山本は問題なく5マナへ到達し、《裂け目の突破/Through the Breach(CHK)》から《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn(ROE)》をシュート!

 まさに盤面を塵ひとつ残らない更地とされてしまったウォンホイキウはゲームを続けてみるものの、山本はすぐにこのデッキの名前ともなっている《御霊の復讐/Goryo's Vengeance(BOK)》からの「グリセルシュート」でゲームセットの笛を鳴らしたのだった。

ウォンホイキウ 1-2 山本

山本 Win!

前の記事: 【観戦記事】 第7回戦:玉田 遼一(大阪) vs. 人見 将亮 (東京) | 次の記事: 【トピック】 グランプリ・広州2016 日本人プレイヤー初日突破者一覧
グランプリ・広州2016 一覧に戻る