マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:Chew, Kelvin(シンガポール) vs. Wu, Kon Fai(香港)

【観戦記事】 準決勝:Chew, Kelvin(シンガポール) vs. Wu, Kon Fai(香港)

By Masashi Koyama

 日本勢が準々決勝で敗退し、残っているプレイヤーの中で優勝候補の筆頭と言えば、アジアの強豪ケルヴィン・チュウ/Kelvin Chewになるだろうか。


シンガポールの強豪ケルヴィン・チュウ

 プロツアー『ラヴニカへの回帰』でプロツアーサンデーを経験しており、今期もMTG Mint Card所属のシルバーレベル・プロとして活動している。

 対するは香港のコンファイ・ウー/Kon Fai Wuだ。

 こちらもワールド・マジック・カップ2012参加経験ありと、世界を知っている男同士の準決勝となった。


実績あるプレイヤー同士の一戦が始まった
ゲーム1

 バーンデッキを駆るウーが《溶岩の撃ち込み/Lava Spike(CHK)》でファーストダメージを与え、さらに《ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)》で積極的にチュウのライフを削っていく立ち上がり。

 この《ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)》はチュウに《呪文捕らえ/Spell Queller(EMN)》されるものの、リムはこれに《焼尽の猛火/Searing Blaze(WWK)》をあわせ、《吹きさらしの荒野/Windswept Heath(KTK)》のダメージもありチュウのライフは早くも9に。

 チュウは《漁る軟泥/Scavenging Ooze(CMD)》を唱えるが、墓地にクリーチャーは《呪文捕らえ/Spell Queller(EMN)》1体のみ。つまりライフは回復できても10が上限値だ。

 そして、それを確認したウーはターンを返すまでもなく手札を公開する。

 そこには《ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)》と《アタルカの命令/Atarka's Command(DTK)》に《稲妻/Lightning Bolt(M10)》。

=

 ピッタリ10点分の火力が握られていた。

チュウ 0-1 ウー

sf_wu.jpg
ゲーム2

 チュウが《極楽鳥/Birds of Paradise(6ED)》、ウーが《野生のナカティル/Wild Nacatl(ALA)》と互いに良好な滑り出し。

 チュウは2ターン目に《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary(CON)》で《野生のナカティル/Wild Nacatl(ALA)》を迎え撃とうとするが、これが《焼尽の猛火/Searing Blaze(WWK)》され3点、さらに《野生のナカティル/Wild Nacatl(ALA)》の攻撃でライフは既に13だ。

 チュウは《野生のナカティル/Wild Nacatl(ALA)》を《流刑への道/Path to Exile(CON)》し、2枚目の《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary(CON)》で盤面を固めるが......またしてもウーは手札から火力呪文を連発する。

 ターンエンドに《ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)》と《稲妻/Lightning Bolt(M10)》を。

 そして自らのターンにカードを引くまでもなくプレイしたのは、

チュウ 0-2 ウー

電光石火でウーが決勝戦進出!

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:川崎 慧太(大阪) vs. Wu, Kon Fai(香港) | 次の記事: 【観戦記事】 決勝:Wu, Kon Fai(香港) vs. Law, Albertus(シンガポール)
グランプリ・広州2016 一覧に戻る