マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 4: 井川 良彦(東京) vs. 小室 修(東京)

Round 4: 井川 良彦(東京) vs. 小室 修(東京)

By Shiro Wakayama


 プロツアー・名古屋2005で優勝し、弁当屋からプロプレイヤーから転身した小室と、プロツアー・サンディエゴ2010でTOP8入賞、今年の日本選手権(リンク)でもTOP4に入賞し日本代表(補欠)となった井川。

 一度はマジックの頂点を極めたが、最近は少しマジックから遠ざかっていた小室。
 最近新しい仕事に就き、参加権利がありながらも世界選手権には行けないらしい井川。
 若いころからマジックに触れ、時が経ち、マジックとの関わり方も少しずつ変わっていった二人。
 ここで勝利し、白星を連ねるのはどちらか?
 
 余談ではあるが、二人は某カードショップの元店員と現店員であり、筆者は店長という何とも不思議なフィーチャーテーブルであったりもする。


Game 1

小室 修
小室 修

 先手の先輩井川がダブルマリガンを宣言。bye明け早々に、厳しいマッチとなってしまった井川。対する後輩小室は悠々とキープを宣言。

 2ターン目に《燃え上がる憤怒の祭殿/Shrine of Burning Rage》をプレイし、《チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix(M12)》で攻撃をする。対する小室、せっかくのチャンスにも関わらず、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》を展開するのみにとどまり、その《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》も《電弧の痕跡/Arc Trail》で焼かれてしまう。
 さらに、《嵐血の狂戦士/Stormblood Berserker(M12)》が戦場に出て、ライフは14。さらに場のクロックは5点+《燃え上がる憤怒の祭殿/Shrine of Burning Rage》に5個のカウンターが乗るという厳しい状態に。

 《燃え上がる憤怒の祭殿/Shrine of Burning Rage》は《内にいる獣/Beast Within》で対処したものの、クロックは逆に増え、ライフは6まで落ち込んでしまう。

 ここで起死回生の《殴打頭蓋/Batterskull》をプレイした小室だったが、《オキシド峠の英雄/Hero of Oxid Ridge》をトップデッキした井川が、《殴打頭蓋/Batterskull》の上から殴りきって、ダブルマリガンながら勝利をもぎ取った。

 無駄がなければ、ハンドの枚数の多寡など意に介さないのが赤単である。

井川 1-0 小室


Game 2

 負けて先手を取った小室が今度はマリガニングトラブル。6枚の手札を見て小さくうなずきキープを宣言。
 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》から幸先よくスタートするものの、これは《はらわた撃ち/Gut Shot》で墓地へと放り込まれ、井川の側には《嵐血の狂戦士/Stormblood Berserker(M12)》がカウンターを乗せずに登場する。

 序盤のロケットスタートがうまくいかなかった小室だが、《不屈の自然/Rampant Growth(M12)》でマナブースト。
 これに対して、井川は《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》という、ほぼ緑単の小室にとって非常に強力な装備品を展開。
 小室も、これに対処できないなどと露呈できないので、マナを全く使わずにターン終了。《内にいる獣/Beast Within》を強烈に匂わせる。
 井川も《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》を装備することでテンポロスすることを嫌い、《チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix(M12)》を展開して攻撃することを選択。小室のライフを少しずつ削っていく。

 だが、これに対して《ダングローブの長老/Dungrove Elder(M12)》から、《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》をプレイ。「-3能力」を2回連続で使用して、盤面は劣勢ながらも、多大なるリソースを手に入れて、大逆転をするためのプランを模索する。

井川 良彦

井川 良彦

 しかし、井川も攻めの手を緩めない。

 《流城の貴族/Stromkirk Noble》、《転倒の磁石/Tumble Magnet》《トゲ撃ちの古老/Spikeshot Elder》と展開して、小室がリソースを活用しきる前にゲームを終わらせようと、攻め急ぐ。
 《ダングローブの長老/Dungrove Elder(M12)》への特攻を含めた、少し無理矢理な、しかしダメージを綿密に計算した井川のライフが、小室のライフを2まで追いやる。

 《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》によって、大量の手札を抱えた小室だが、溢れかえる手札を恨めしそうに見ながら、彼らを活躍させることが出来ずに、井川の勝利を祝福した。

井川 2-0 小室

前の記事: Round 4: 渡辺 雄也(神奈川) vs. 清水 直樹(大阪) | 次の記事: Round 4: 中村 修平(東京) vs. Martin Juza (チェコ)
グランプリ・広島11 一覧に戻る