マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 5: Tzu Ching Kuo(台湾) vs. 藤田 剛史(大阪)

Round 5: Tzu Ching Kuo(台湾) vs. 藤田 剛史(大阪)

by Shiro Wakayama


 Round 5でフィーチャーエリアに呼ばれたのは、日本の初代殿堂プレイヤー、藤田 剛史。

 殿堂という響きから、既に半引退気味のプレイヤーと感じる人もいるかもしれない。
 だが、日本の殿堂プレイヤーは違う。未だバリバリの現役である。今年5月に開催されたプロツアー・名古屋でのTop8入賞は記憶に新しい。そして、日本屈指のデッキビルダーとして、自らの盟友・藤本 知也にも、日本選手権でデッキをシェアし、彼を準優勝まで押し上げている。

 対するKuoは台湾のプレイヤーにして、バイヤー。実力派折り紙つきで、台湾選手権で3年連続でナショナルチーム入り。即ち、3年連続、国別選手権でTOP4以上の成績を残しているという、アジア圏の代表的なプレイヤーである。
 
 藤田は、「デッキ弱すぎ。やばいわーー。」と呟いていたが、日本屈指のデッキビルダーはどんなデッキを持ち込んでいるのだろうか?


Game 1

藤田 剛史
藤田 剛史とトークン

 先手は藤田。《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》でゲームはスタート。これを早々に《伝染病の留め金/Contagion Clasp》で除去するKuo。

 Kuoは、過去のエクステンデッド環境で《求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker》を使ったデッキで好成績を残しまくっていた。もしや八十岡の十八番である《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》系のデッキか?と期待がよぎる。

 そんな筆者のわくわくをしり目に、《深夜の出没/Midnight Haunting》をスタックでプレイしてクロックを用意する藤田。
 トークンカードを用意するのが面倒くさかったのか、フィーチャーエリアにある、ゲームカウントを示すパネルをトークン替わりにする。ギャラリーから、対戦相手からも笑いが漏れる。

 《疫病のとげ刺し/Plague Stinger》をプレイするKuo。ここでデッキが黒単色の感染デッキであることが判明。
 少し悠長なKuoの展開とは裏腹に、藤田は《極楽鳥/Birds of Paradise》、《調和者隊の聖騎士/Accorder Paladin》、《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》と一気に展開し、強烈な戦線を構築する。

 何も展開できないKuo。

 《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》を藤田がプレイしたところで、Kuoが投了。

Kuo 0-1 藤田


Game 2

Tzu Ching Kuo
Tzu Ching Kuo

 先手はKuo。互いにマリガンは無し。
 ファーストアクションは藤田の《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》。

 これに対して、Kuoは《困窮/Distress(M12)》をプレイ。
 公開されたのは、《極楽鳥/Birds of Paradise》、《帰化/Naturalize(M12)》2枚、《忘却の輪/Oblivion Ring》、《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》と《森/Forest》の6枚。ここから、《忘却の輪/Oblivion Ring》をディスカードさせる。

 攻め手を墓地へと送り込まれてしまった藤田は、《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》でライフを削りながら、《極楽鳥/Birds of Paradise》を展開するにとどまる。

 ここで、少し悩みながらも、手札の《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》を捨てさせようとKuoが《困窮/Distress(M12)》を再びプレイ。
 しかし、そこに鎮座するのは、黒単デッキを死へと追いやる《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》。辛そうな表情でため息をつき、少し悩むもしょうがないと割り切って《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》をディスカードさせる。

 そして、藤田の場に《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》が着地。さりげなく《ガヴォニーの居住区/Gavony Township(ISD)》をセットしながら狼トークンを生成する。

 《夜の犠牲/Victim of Night》で《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》を破壊し、ダメージレースの行方をよく考えて、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》でアタック。
 藤田は得たリードをそのままに逃げ切ろうと、狼トークンを出しながらアタック。Kuoのライフを16とする。

 Kuoはこのダメージレースを逆転するために、《荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragon》をプレイ。
 これもお構いなしで、淡々とアタックする藤田。ガラクが睨みを利かせているため、《荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragon》によるブロックもままならないKuoは、すべての攻撃をテイク。ライフは12。

 Kuoは《鞭打ち悶え/Lashwrithe》を手に持っているのだが、藤田の手札には、先ほど確認した《帰化/Naturalize(M12)》がある。
 しかし、この後のダメージレースと、都合3枚目以降のアーティファクトを引いたときに、無駄にしないためにも、《鞭打ち悶え/Lashwrithe》をプレイ。《荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragon》に装備させるも当然《帰化/Naturalize(M12)》で対処。
 少し悩む藤田だが、《荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragon》の攻撃はスルーして、自身の毒カウンターを5とする。
 Kuoに逆転の目を与えないために、淡々と既に3体まで膨れ上がった狼トークンでアタック。Kuoの残りライフは6となる。そして、《極楽鳥/Birds of Paradise》と《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》を含む土地を立たせたままにターン終了。

 Kuoが、半ばあきらめながらも、少しの可能性を信じて《荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragon》と《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》で攻撃するが、藤田は《深夜の出没/Midnight Haunting(ISD)》。

 Kuoの動きにしっかりと噛み合う完璧な動きで、藤田がKuoを完封した。

Kuo 0-2 藤田

前の記事: Round 5: 仙波 恒太郎(千葉) vs. 石田 龍一郎(愛知) | 次の記事: 売り切れ続出!? グランプリ・広島でもショップめぐり!
グランプリ・広島11 一覧に戻る