マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

売り切れ続出!? グランプリ・広島でもショップめぐり!

売り切れ続出!? グランプリ・広島でもショップめぐり!

By Asako Seo

 グランプリ・広島に出店しているカードショップにお話をうかがいました(順不同)。



ミント

 まずは、毎回いろんなグッズを販売している「ミント」さんです。

 今回の新商品の中でもお勧めなのが、こちらのカラフル&高品質なバインダー。写真の6色に白を加えた全7色展開なのですが、白だけ大人気で売り切れてしまったそうです。

d1_shop01.jpg

 また、プレインズウォーカーたちのイラストを使った限定版ストレージボックスがこちら。仕切り3枚もセットです。中央部分の絵しか見たことがなかったので、左右のエルズペスとリリアナが新鮮ですね。

d1_shop02.jpg

 また、「バカ売れ中」なのがこのリリアナスリーブ。みんな妖艶なお姉さんが好きなんですね。

d1_shop03.jpg

 マナ・シンボルが刻印された各色のデッキケースも人気商品です。

d1_shop04.jpg

 日本選手権の会場では、赤と青が大人気で売り切れでしたが、今回は全色そろっています。

 今回は会場に緑のデッキが多いためか、前回はあまり出足が良くなかった緑もよく売れているそうです。ただ、やっぱり人気が高いのは赤と青だそうなので、欲しい方はお早めに。


イエローサブマリン

 続いてはお隣、「イエローサブマリン」さんへ。

 昨日今日で売れ行きのいいカードをお聞きしたら、《冒涜の行動/Blasphemous Act》が売れまくって一気に値上がりし、一時は品切れになったそうですが、グランプリ本戦をドロップしたあとでまた売りに来る人も多く、今は在庫があるそうです。これからは併催イベントに備えてモダン用のカードが売れるフェイズみたいですね。

d1_shop05.jpg

 それ以外にスタンダード用でよく出たカードは、《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard》など、イニストラードの土地関連とのこと。

 また、こちらで買い物をすると、全国のイエローサブマリンで使える割引チケットがもらえるそうです。

d1_shop06.jpg

 イエローサブマリンの広島店は、平和公園や原爆ドームのすぐ近く。元安橋から本通りに入ったあたりにあるそうですので、観光がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


お話をうかがったのは伊藤さん(右)

Table Game Square"Draw"& "Rise"

 次は広島と島根からの合同出店、「Table Game Square"Draw"& "Rise"」さん。

 よく売れたカードはやっぱり《冒涜の行動》。サイドボード用として昨日よく出ました。今日は《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》など、特に白と緑がらみのイニストラードの神話レアが中心によく売れたそうです。

 また、「《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》は持ってきた在庫が全部なくなってびっくりした」とのこと。


買取強化を知らせる看板が目立ちます。

 また、店頭には韓国語のカードが並んでいます。一時韓国語版はなくなっていたのですが、今回から戻ってきたので、数が少なく値段は高いのですが、珍しいのでよく売れるとか。

d1_shop09.jpg

 デュアルランドやグルランドなどが当たるくじも。ハズレくじ2枚でイニストラードのパックがもらえます。

d1_shop10.jpg

ホビーステーション

 最後は「ホビーステーション」さんへ。

 昨日のうちに一瞬でなくなってしまったカードは、やはり《冒涜の行動》。それ以外だと《解放の樹/Tree of Redemption》《天使の運命/Angelic Destiny》《天使の監視者/Angelic Overseer》などが予想外に出たほか、「M12のガラク(《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》)もけっこう吠えた」そうです。

 また、これは売れるだろうと思って持ってきたら予想通り売れたのが《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》だそうで、コモンなのに数百円という値段がつくのはすごいですね。

 加えて、耳寄り情報として教えていただいたのが、「ミラディンの土地はけっこう上がる傾向があって今回も高く売れたが、これからもまだ上がりそうだ」ということと、「逆にイニストラードの土地は今少し下がってきているが、これからも需要は伸びそうなので今が買い時かも」とのこと。

 恒例の豪華賞品入り300円くじ(今回は《The Tabernacle at Pendrell Vale》2枚入り)はさっき売り切れましたが、まだ100円のと500円のは残っています。

d1_shop11.jpg

 それと、ガラクが野生を語るという謎の記事がテーブルに置いてあって、このインタビューは必見の内容です。

 「ガラクにインタビューできるルート、私も欲しいです!」と言って紹介をお願いしたのですが、「トップシークレットです」と言われてしまいました。残念。


隣の「安いは正義」も気になります・・・

店員さんたちがノリノリで「荒ぶる鷲のポーズ」をとってくれました。

 明日もショップのエリアにはいろいろな目玉商品やくじや楽しい店員さんが待っているはずです。会場にお越しの際はどうぞお立ち寄りください。

前の記事: Round 5: Tzu Ching Kuo(台湾) vs. 藤田 剛史(大阪) | 次の記事: Round 6: 浅原 晃(東京) vs. 平林 和哉(福岡)
グランプリ・広島11 一覧に戻る