マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 6: 浅原 晃(東京) vs. 平林 和哉(福岡)

Round 6: 浅原 晃(東京) vs. 平林 和哉(福岡)

By Shiro Wakayama


浅原 「ソーラーフレアと青黒の対決だから、カバレージはしょる準備しといたほうがいっすよ。」

平林 「《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard》によってライブラリがゼロになった。って書いとくと、どっかで使えると思うよ?」


 鬼才の持ち主として、mtg-jp.com をはじめとした様々な媒体で、感動と笑いを届ける浅原 晃。
 対戦相手は、いぶし銀と言えばこの人。プレミアイベントの度に在住都道府県が違うのでは?と思われるほどに各地を転々とする平林 和哉。今は福岡に住んでいるそうだ。

 いつ終わるのか全く分からない、長いゲームになるであろうこのマッチ。勝利の女神は、どちらに微笑むのか。


Game 1

浅原 晃
浅原 晃

 土地を置き続ける立ち上がりから、浅原の《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》を《マナ漏出/Mana Leak》した平林は、《熟慮/Think Twice》を表裏。

 ランドの置き合いは、浅原が4枚で早々に脱落し、マナ差が2に広がる。
 しかし平林和哉は焦らない。淡々と土地を置き続け、浅原が何とか土地に辿り着いてもお構いなしに《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》でさらに土地を置き続ける。

 この対決が、非常に時間がかかるものだとわかっている二人のプレイは、とても速い。

 よく考えて正解に辿り着こうとすることは、深慮故に引き分けてしまう事に直結することが多い。
 厳しいトーナメントに置いて、引き分けは悪だ。引き分けは、同様に引き分けたコントロールデッキとのマッチアップの可能性を高め、負のスパイラルへと突入しだす。

 などと、それっぽいことを書こうとしていると、浅原がおもむろに動き出す。
 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》によってドロースペルをフラッシュバックし、小さいクロックをお互いに用意するが、これは《破滅の刃/Doom Blade》と《ゲスの評決/Geth's Verdict》でそれぞれに除去し、しばしの静寂が訪れる。

 この静寂の後、お互いの土地が10枚を超え、《マナ漏出/Mana Leak》の効果が薄くなってきた頃合いと浅原は感じたのだろうか。 手始めに《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》をプレイし、これは《破滅の刃/Doom Blade》で即退場。次なるターンにも《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》。これも《冷静な反論/Stoic Rebuttal》でカウンター。
 さらに《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》をプレイするがこれは《雲散霧消/Dissipate》でカウンターする。

 不用意なフルタップを防ぐため、浅原は手札にカウンターを抱えながらも深追いしないで、フィニッシャーの数が少なくカウンターの数が多いであろう平林の消耗を誘う。

 だが、度重なるドロースペルの連打によって、ライブラリに少し不安が出てきた両者。
 そもそもメインデッキの構成をライブラリーアウトに寄せている平林と、最終的に《墓所のタイタン/Grave Titan》や《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》、《太陽のタイタン/Sun Titan》によって制圧することでゲームを勝利するを主な勝利手段としている浅原では、同じ状況でも、立ち位置は異なる。

平林 「早くどっちかが《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard》引いてゲーム終わりたいんだけど。」

 のんびりと、もはや無我の境地とも言えるような、菩薩かと思える落ち着いた表情で平林が呟いていると、ここで浅原が大きく動く。

 《太陽のタイタン/Sun Titan》をプレイし、これを巡って、
浅原:《雲散霧消/Dissipate》2枚
平林:《雲散霧消/Dissipate》2枚と《マナ漏出/Mana Leak》
 とカウンター合戦が開催され、浅原は何も展開できずにフルタップに。

 これに対して、平林は《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》をプレイして、一気にゲームを決めにかかる。

 だが、長らく続いていたドローゴーの後、両者手数が尽きたわけではない。

 《破滅の刃/Doom Blade》で《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》をバラした後に、《審判の日/Day of Judgment》で場を一掃。さらに、《堀葬の儀式/Unburial Rites》をプレイする。

 しかし、これには《雲散霧消/Dissipate》。貴重なフラッシュバックスペルが追放されてはいけないと、自らの《堀葬の儀式/Unburial Rites》に《マナ漏出/Mana Leak》をプレイする浅原。既に土地の数は15枚を超え、ほぼ意味が無くなっている《マナ漏出/Mana Leak》を有効活用する。

 その後も、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》の誘発型能力で、カウンターの枚数を水増ししながら《堀葬の儀式/Unburial Rites》を何とか押し通そうとする浅原だが、ディフェンスに長けた平林のデッキは、ゲームが続いている間終始カウンターを尽きさせることなく、長いGame 1の勝利を、平林へともたらした。

浅原 0-1 平林


平林 「《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard》どこー? お互い引かないんだけど。」

 ライブラリーアウト戦略につながるカードをお互いに引かないため、高い意識で素早いゲームを心掛けている二人の意思とは裏腹に、ゲームは長引き既に25分経過してしまう。


Game 2

 お互いにマリガンなし。
 サイドボードカードの《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》をプレイし、3ターン目、浅原がおもむろにプレイしたのは《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》。
 
 これをニヤリとしながら通す平林。「一回それに負けたんだよねー。やべーなー。」と呟きながらも、焦る表情は見せずに《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》、《熟慮/Think Twice》と、手札の整理に余念が無い。

 だが、そんな平林も、4点クロックの前にはそうそう悠長なことも言っていられない。既に4度にわたる浅原の攻撃で、ライフは既に残り4。
 
 平林が、厳しいながらも《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard》で浅原のライブラリを3枚墓地へと落とし、さらにフルタップで《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》をプレイ。先ほど《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》で墓地に落ちた《外科的摘出/Surgical Extraction》をフラッシュバック化指定して、浅原の墓地、そしてもしかすると手札から、《雲散霧消/Dissipate》をリムーブしようと画策するのだが、これは《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》を爆発させて、《外科的摘出/Surgical Extraction》自体をリムーブさせる。

 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》でブロックする不毛な状態から、何とか《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》に辿り着いた平林だが、これを《マナ漏出/Mana Leak》→マナ支払い→《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》から再び《マナ漏出/Mana Leak》と完璧に捌かれ、投了。

浅原 1-1 平林


Game 3

 Game 3もお互いにマリガンなし。
 今度は《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》をきっちりと《マナ漏出/Mana Leak》し、Game 1よろしく、土地を置きあうゲームが再開される。

 お決まりの、《熟慮/Think Twice》と《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》による手札整理をお互いに行う。
 《熟慮/Think Twice》2枚と《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》1枚と、同じ枚数ライブラリを堀り合い、やはり先に動いたのは、低マナ域のフィニッシャーを擁する浅原。
 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》をプレイして、プレッシャーをかけにかかる。
 これは通るものの、即《ゲスの評決/Geth's Verdict》で対処。

平林 和哉
平林 和哉

 静かにターンを返し続ける平林だが、ここで《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard》をドロー。いつもよりも少しだけ力強く土地を置きターンを返そうとする。
 だが、平林のターン終了時にプレイした浅原の《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》を見届けると、ここで《外科的摘出/Surgical Extraction》をプレイして、浅原の《雲散霧消/Dissipate》をリムーブする。
 ここで公開された浅原の手札は、《否認/Negate》《マナ漏出/Mana Leak》《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》《記憶の熟達者、ジェイス/Jace, Memory Adept(M12)》《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》。非常に強力なハンドを見ながら、《雲散霧消/Dissipate》が手札に無いことを嘆く平林。

 だが、《雲散霧消/Dissipate》という、ヘビーコントロール対決で、しかも墓地を有効に使えるデッキ同士の対決で、このカードがプレイされる選択肢を完全にゼロにしたのは大きなアドバンテージである。
 平林の《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard》は早々に《幽霊街/Ghost Quarter》によって破壊され、浅原は、少ない残り時間で勝利をつかむために、アクティブに動く。

 まずは《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》をプレイ。《マナ漏出/Mana Leak》をプレイする平林に対して、3マナ支払う浅原。大きく悩んだ後、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》をプレイして、墓地の《マナ漏出/Mana Leak》を対象に取る。残り2マナの浅原はこのタイミングで《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》をプレイ。《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》の対象となった《マナ漏出/Mana Leak》もろとも、平林の墓地リソースをすべて吹き飛ばす。
 しかし、これで対応策がなくなったわけでもなく、手札から《マナ漏出/Mana Leak》をプレイする平林。
 平林のマナが寝たところで、やっと浅原が《マナ漏出/Mana Leak》。何とか《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》を戦場に立たすことに成功する。
 《残酷な布告/Cruel Edict》能力を起動して、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》を倒した上で、ターンを返す。

 だが、フルタップで無防備になった浅原に対して、平林の《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》が襲いかかる。
 お互いに、ゲームを決めうるパーマネントを展開するのだが、ターンが浅原にわたったところで、時間終了。残りは5ターン。互いに、残り限られた時間を使って、限りなく細い勝利への道を模索するために、深い思考の海にダイヴする。

 浅原が《記憶の熟達者、ジェイス/Jace, Memory Adept(M12)》をプレイ。平林のライブラリを数え、ギリギリ削れるプランを構築して、ターンを平林へと渡す。が、ここで平林がプレイするのは、《決断の手綱/Volition Reins》。《記憶の熟達者、ジェイス/Jace, Memory Adept(M12)》を奪い、逆にライブラリアウトの危機が浅原へと振りかかる。
 しかし、最終的に浅原のライブラリをギリギリ残り6枚まで削るのだが、ここまでたどり着いたのは延長5ターン目となる、平林の最終ターン。《記憶の熟達者、ジェイス/Jace, Memory Adept(M12)》の能力を浅原に起動しても、最終的な敗北条件は「カードを引けない」であるため、このままでは勝ちとならない。
 ライブラリに残った《青の太陽の頂点/Blue Sun's Zenith》を求めて、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》でのフラッシュバック前提で自らのライブラリを《記憶の熟達者、ジェイス/Jace, Memory Adept(M12)》の能力で削る。

 ターンを終了し、引き分けが決まった後にめくった、平林のたった3枚のライブラリの一番上には《青の太陽の頂点/Blue Sun's Zenith》が。

平林 「《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard》全然引かないし、《青の太陽の頂点/Blue Sun's Zenith》も引かないし、ひどいよー。」

 対コントロール対策カードをお互いにあまり引かなかったことにより、まったく「はしょる」ところが無い、濃密なゲームとなったが、勝ち点は痛み分けの1点づつ。
 この引き分けがあとでどう響くのだろう。

浅原 1-1-1 平林

前の記事: 売り切れ続出!? グランプリ・広島でもショップめぐり! | 次の記事: Round 6: 八十岡 翔太(東京) vs. 和田 寛也(東京)
グランプリ・広島11 一覧に戻る