マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 8: 山本 賢太郎(東京) vs. 高橋 優太(東京)

Round 8: 山本 賢太郎(東京) vs. 高橋 優太(東京)

By Shiro Wakayama


 2007年に行われたプロツアー・サンディエゴ。あとにも先にも1度だけの特殊なフォーマット、双頭巨人戦で、堅実なプレイを続け、準優勝した日本人がいた。
 今、フィーチャーエリアに座っている、山本と高橋がその二人である。

 二人から漂う空気は異なっているようで、似ている。温和で、どこか儚げで、純正イケメンの山本。方や、抜身の刀のような鋭い眼光で、仕事中に「ジェイス!」とか叫んでしまう高橋。
 最早比べるベクトルすらわからない二人だが、うちに秘めている、強い意志の色は明らかに同じだ。勝利に対して、真摯で愚直な二人が、1敗ラインで衝突する。
 
 緑単色の《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》が多い中、赤マナ供給源を増やし《金屑の嵐/Slagstorm》等、クリーチャーデッキに比較的強い構成にチューンしている高橋と、青白の人間デッキを操る山本。
 下馬評では高橋に有利がつきそうだが、先に2日目に進出する権利を獲得するのは、どちらか?


Game 1

 先手の山本がマリガンしてゲームがスタート。

 マリガンながらも、3ターン目におもむろにプレイされる、《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》。これに対処できる火力を有していない高橋。
 そして、4ターン目、土地を置いて淡々と山本がプレイしたのは《天使の運命/Angelic Destiny(M12)》。

 《内にいる獣/Beast Within》が手札になく、もはや対処のしようがない12点クロックを提示され、プロツアーをともに戦った盟友による、あまりにも唐突な、理不尽な強襲が、開始3分でGame 1の終わりを告げた。

高橋 0-1 山本


Game 2

 高橋は土地1枚の手札を、表情を一切変えずにキープ。後手の山本がまたも1マリガン。

 まるで当然のように《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》を引き込んだ、高橋の《不屈の自然/Rampant Growth(M12)》で《山/Mountain》をサーチする動きでゲームが開幕。
 その後、順調に土地を引き、《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》《酸のスライム/Acidic Slime(M12)》とプレイする高橋だが、《酸のスライム/Acidic Slime(M12)》は《マナ漏出/Mana Leak》され、山本の3ターン目には、先ほど一気にゲームを決めた《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》が場に降り立つ。

山本 賢太郎
山本 賢太郎

 6マナ揃った高橋だが、先ほどの瞬殺劇が頭をよぎる。ジャッジに《天使の運命/Angelic Destiny(M12)》のオラクルの確認を求め、最悪の事態の想定を終えると、意を決して《原始のタイタン/Primeval Titan》をプレイ。《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》と《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》をサーチして、ターンを終了する。
 対する山本は、《天使の運命/Angelic Destiny(M12)》こそ持っていないものの、《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》をプレイして《原始のタイタン/Primeval Titan》を追放。《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》をレッドゾーンへと送り込み、ダメージレースを先制する。

 だが、緑マナの不安定さを無視しながら《山/Mountain》を最初に持ってくるくらいに、赤マナを要求する手札からプレイされるのは、当然と言っても良い《金屑の嵐/Slagstorm》。
 《原始のタイタン/Primeval Titan》が戦場に舞い戻り、さらなる《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》と《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》がサーチされる。

 もう一度、《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》をプレイして《原始のタイタン/Primeval Titan》を追放して戦線の再構築をしたい山本だったが、3枚並んだ《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》がクリーチャー化し、《感電破/Galvanic Blast》が金属術を達成し《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》を撃破。
 《原始のタイタン/Primeval Titan》の能力によって、都合4枚の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》と複数枚の《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》が並ぶであろう陣容になることを悟って、投了。

 最終ゲームに、勝負の結果はもつれ込む。

山本 1-1 高橋


Game 3

高橋 優太
高橋 優太

 今度はお互いにマリガン無し。

 土地を置くだけの山本に対して、高橋が《不屈の自然/Rampant Growth》で突っかける。これは《マナ漏出/Mana Leak》でいなして、3ターン目に、山本の場に三度《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》が現れる。

 高橋は、テンポを失い気味ではあるが、《不屈の自然/Rampant Growth》を再度プレイしてマナベースを安定させ、《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》によって提示された残り少ない時間をどう使うかを考える。

 ゲームの主導権を握った山本。《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》が高橋のライフを4削り、数多ある選択肢から、《教区の勇者/Champion of the Parish》をプレイ。マナを3つ立たせて、高橋をけん制しつつ、《金屑の嵐/Slagstorm》を警戒しながら、少しずつクロックを展開する。

 さきほど《不屈の自然/Rampant Growth》で4マナに到達した高橋。ここで、X=3と比較的珍しいマナ域で《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》をプレイする。これを少し悩んでスルーする山本。

 高橋の戦場へと降り立つのは《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger》。変身前は《深夜の出没/Midnight Haunting》からのトークンをけん制しつつ、変身した後は格闘能力で、場のクリーチャーをなぎ倒す、強力なクリーチャーだ。さらに土地を置いてターンを返す高橋。

 強力なクリーチャーをサーチしてきた高橋だが、山本の場にある《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》には対処ができない。《教区の勇者/Champion of the Parish》(カウンター=1個)と《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》が容赦なく高橋のライフを蝕み、残りのライフは10。

 しかし、自らのライフを犠牲にして、ここで高橋がプレイしたのは、《業火のタイタン/Inferno Titan》。前環境ではポピュラーだったが、新環境に入って、《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》デッキとソーラーフレア等のコントロールデッキが台頭し、見かけなくなったカードだ。
 「人間デッキを食べるために《業火のタイタン/Inferno Titan》入れました。」
 と津村が言っていた理由が、目の前で明らかになる。

 《深夜の出没/Midnight Haunting》によるトークンと《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》が焼き払われ、そのまま山本が押し切りそうだった場が、一気に、絶望的な程に高橋有利の場へと変貌する。

 直接的に《業火のタイタン/Inferno Titan》を対処できない山本は、《深夜の出没/Midnight Haunting》をプレイしてお茶を濁してみるものの、《業火のタイタン/Inferno Titan》が蹂躙し、高橋がいち早く二日目進出を決めた。

山本 1-2 高橋

前の記事: Round 8: 諸藤 拓馬(福岡) vs. 星野 正彰(千葉) | 次の記事: Round 9: 安部 元気(福岡) vs. 中村 修平(東京)
グランプリ・広島11 一覧に戻る