マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 10: Martin Juza(チェコ) vs. Xin Sui(中国)

Round 10: Martin Juza(チェコ) vs. Xin Sui(中国)

By Shiro Wakayama


Martin Juza
Martin Juza

 年間で最も強かったプレイヤーを決める、Player of the Year(POY)。現在トップをひた走るのは、圧倒的なパフォーマンスを発揮するOwen Turtnwald(54点)を筆頭に、LSV、Ben Starkという、チャネルファイアーボール勢。その後ろに渡辺、八十岡と日本人プレイヤーが続いている。

 そして、そのすぐ後ろにつけているのがMartin Juzaだ。TopのOwenたちには少し後れをとっているものの、チャネル勢が参加していないグランプリ・広島は、格好のポイントの稼ぎ時。ここでTop8に入れれば点差は一桁となり、POYも十分に見えてくる。
 世界を回るJuzaが、ここで勝利して、POYの栄冠に近づくことができるのか?
 対するSuiは、国別選手権にも頻繁に参加する、中国の強豪プレイヤーだ。

 Juzaは中村 修平と白緑の人間デッキをシェアしており、Suiは青白の人間デッキを持ち込んでいる。全勝者は白緑が一人。白青が二人。《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》系のデッキが流行ると言われていた中で、見事にこれらを打ち倒すデッキをチョイスしている。

 初日の好調をさらに持続できるのは、果たしてどちらか?

Game 1


 先手はSui。大事な二日目の第一戦。
 Suiは慎重に悩んで、マリガンを宣言。Juzaはキープ。
 結局Suiはダブルマリガンしてしまい、少し厳しい表情。2ターン目《先兵の精鋭/Elite Vanguard(M12)》といういまいちな立ち上がりのSuiに対して、Juzaは1ターン目《極楽鳥/Birds of Paradise》、2ターン目には《刃の接合者/Blade Splicer》と、順調な立ち上がり。
 さらに、3ターン目には《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》をプレイして狼トークンを生み出すという、最高の展開で二日目を迎える。

 結局、第3ターンに入っても土地を1枚しか引けないSuiは、悪い流れを引きずってもしょうがないこれに対しと判断したのか、次のゲームへと、意識を切り替えた。

Juza 1-0 Sui


Game 2

 両者キープを宣言して、Suiの《先兵の精鋭/Elite Vanguard(M12)》、Juzaの《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》でGame 2が開幕する。

 《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》系のデッキやソーラーフレアや青黒系のコントロールを使用していた日本人プレイヤーが多くいる中、海外プレイヤーは青白、緑白の人間を主体としたデッキをしようしているイメージが強い。

 2ターン目に動きが無いSuiに対して、Juzaは手札と相談しながら綿密に戦略を練る。出した答えは《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》をプレイ。装備が解決されてしまうとほぼ対処のしようがない、対人間決戦兵器を戦場へと着地させる。

 だが、Suiは《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》で《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》を追放して、Juzaのマナベースを責めつつ、ライフを削る。
 これに対して、Juzaは《迫撃鞘/Mortarpod》で守勢に回る。
 《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》、《先兵の精鋭/Elite Vanguard(M12)》2体のアタックを、ブロックしながらの《迫撃鞘/Mortarpod》能力起動で《先兵の精鋭/Elite Vanguard(M12)》を打ち取り、ライフを守る。

 Juzaが守勢に回ったとみるや、Suiは主導権を握るべく、《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》、《先兵の精鋭/Elite Vanguard(M12)》と展開して、一気にクリーチャーを展開して、Juzaに回答を迫る。

 これに対して、《刃の接合者/Blade Splicer》プレイに留まるJuza。
 互いの戦場にある程度のクリーチャーが並び、一瞬の膠着を見せる。

Sui Xin
Sui Xin

 Suiはさらなる追加戦力として、《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》をプレイ。これは《忘却の輪/Oblivion Ring》で即対処。
 《刃の接合者/Blade Splicer》によって生まれたゴーレムトークンが睨みを利かせているため、《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》もアタックすることができず、Suiは2体目の《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を追加して、にらみ合いは続く。

 にらみ合いの後、Juzaは《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》をプレイ。《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》にダメージを飛ばして、即変身。
 《ヴェールの呪いのガラク/Garruk, the Veil-Cursed》が戦場へと降り立ち、ターンが経過するだけでどんどんアドバンテージを生み出すプレインズウォーカーを前に、Suiは決死のアタックを敢行せざるを得なくなってしまう。

 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》2体、《先兵の精鋭/Elite Vanguard(M12)》、先ほど《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》で生み出した飛行トークンで《ヴェールの呪いのガラク/Garruk, the Veil-Cursed》を攻撃。Juzaは《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を1体だけ、先制攻撃を持つゴーレムトークンでブロックし、《ヴェールの呪いのガラク/Garruk, the Veil-Cursed》はあえなく撃沈。

 Suiはさらに《霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk》を戦場に加えて、束の間の有利を得るのだが、Juzaも《霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk》の鏡うち。双方のクリーチャー数は6体で同じく6/6となる。
 しかし、Juzaには《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》がある。Suiの場にいるクリーチャーは当然全て白。《忘却の輪/Oblivion Ring》等、対処手段はあるものの、あまり多くないであろうSui。
 対抗策を引けなかったため、無駄死にとなるクリーチャーがいることを覚悟の上で、飛行トークン3体でアタック。
 先ほどJuzaが飛行トークンに《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》を装備させたため、1体はブロック。残りを通して、Juzaのライフは12となる。

 もう少しだけ、膠着が続くかと思われたが、今季既に42点ものプロポイントを獲得している男は、引きも強かった。

 《霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk》をトップデッキし、11/11まで膨れ上がった最初の《霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk》が《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》を携えて攻撃。
 一気にライフレースがひっくり返り、次のドローが《忘却の輪/Oblivion Ring》であることを信じてライブラリーをめくるSuiだが、そうそう都合のいいことが起こるわけでも無く、Juzaが白星を二桁とした。

Juza 2-0 Sui

前の記事: Round 9: 秋山 貴志(千葉) vs. 浅原 晃(東京) | 次の記事: Round 10: 津村 健志(大阪) vs. 高橋 優太(東京)
グランプリ・広島11 一覧に戻る