マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 12: 平賀 優宏(神奈川) vs. 鬼塚 寛(福岡)

Round 12: 平賀 優宏(神奈川) vs. 鬼塚 寛(福岡)

By Shiro Wakayama


 11回戦終了時に1敗と、かなり好調な両名。
 今大会の勝ち組とも言えるであろう、青白人間を使っている鬼塚と、2日目に進出している数は少ない印象を受ける赤単を使っている平賀。

 上位者が軒並み、人間デッキ同士で強力な《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》を採用しているところを見ると、赤単はこの煽りを食って厳しいマッチアップが多いのだろう。

 彼らのマッチアップをダイジェストでお送りしよう。


Game 1

平賀 優宏
平賀 優宏

 先手は平賀。
 赤単の平賀に対して、青白人間ビートの鬼塚。まさに「らしい」序盤が繰り広げられた。

 鬼塚の出すクリーチャーに対して、平賀が《霊炎/Geistflame(ISD)》、《感電破/Galvanic Blast》×2でさばく。
 さらに、《電位の負荷/Volt Charge》《小悪魔の遊び/Devil's Play》と立て続けに除去。という、白単ウイニーvs赤単のセオリーのようなゲームが展開される。

 消耗戦の末、平賀は《チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix(M12)》を。鬼塚は《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》に辿り着き、鬼塚に有利なダメージレースが展開される。

 平賀も《槌のコス/Koth of the Hammer》を引くものの、手札を消費しきれていないため、《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》によるダメージと、《深夜の出没/Midnight Haunting》で並んだトークンの戦闘ダメージによる合わせ技で、本体にクロックを刻まれながら、対処されてしまう。

 《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》の効果を最大限活用するため、土地を手札にため込みつつ戦う鬼塚が、ダメージレースを制して勝利した。

平賀 0-1 鬼塚

Game 2
鬼塚 寛
鬼塚 寛

 先手は平賀。お互いに7枚の初手をキープする。

 先ほどとはうってかわって、《宿命の旅人/Doomed Traveler(ISD)》が1ターン目に出た後は、お互いに土地を置き続けるだけのゆっくりとした展開。
 鬼塚は《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper(M12)》との2体ででじわじわとライフを削る。

 平賀は断続的に《槌のコス/Koth of the Hammer》などをプレイするが、《マナ漏出/Mana Leak》でカウンター。
 鬼塚が《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》を出せば、これをそうそうに《躁の蛮人/Manic Vandal(M12)》で破壊。
 一進一退の攻防が続く。

 しかし、2枚引いた《機を見た援軍/Timely Reinforcements(M12)》を、ライフゲインしないでトークンを出すほどに余裕がでた鬼塚。
 このアドバンテージをひっくり返す力は赤単というデッキにはなく、下馬評に近い形で鬼塚が勝利をもぎ取った。

平賀 0-2 鬼塚

前の記事: Deck Tech: 白緑トークン | 次の記事: Round 12: 森田 雅彦(東京) vs. 高橋 優太(東京)
グランプリ・広島11 一覧に戻る