マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 12: 森田 雅彦(東京) vs. 高橋 優太(東京)

Round 12: 森田 雅彦(東京) vs. 高橋 優太(東京)

By Shiro Wakayama


森田 雅彦
森田 雅彦

 2敗ラインで強豪同士がぶつかる。

 筆者が子供のころからマジックのトップシーンで活躍していた森田雅彦。仕事等の都合もあってか、トーナメントに積極的に参加しているわけではないようだが、ひとたび大会にでれば、好成績を収めていることが多く、昔取った杵柄ではないが、その実力は折り紙つき。
 最近は、じゃんけんをはじめとした他のゲームで勝負勘を養っているとかいないとか。

 対する高橋。対戦相手がビッグネームなことも手伝って、今大会は実に4回目のフィーチャーエリアへの登場だ(筆者注:観戦記事が掲載されていないフィーチャーマッチもあります)。

 二人が使うのは、森田が白緑トークン。高橋が赤緑の《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》ランプ。それぞれの想定で言えば、高橋にとっては当たりたい相手で、森田にとっては当たりたくない相手。
 
 2敗ラインに踏みとどまるのはどちらだろう?


Game 1

 先手・森田がマリガンを宣言から、2ターン目に《迫撃鞘/Mortarpod》の立ち上がり。
 高橋は土地を置くのみで、森田はさらに《迫撃鞘/Mortarpod》を追加する。

 高橋は、ここで2枚で止まってしまっている森田の土地を《内にいる獣/Beast Within》で破壊。さらに《金屑の嵐/Slagstorm》で生まれたばかりのビーストトークンもろとも一掃し、《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》プレイと、一気ににマウントポジションをとる。

 これは何とか3枚目まで土地をのばして《忘却の輪/Oblivion Ring》する森田だが、順調な滑り出しからそのままに、高橋がX=6で《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》をプレイ。もはや何をプレイされても厳しい森田は、早々に見切りをつけて、投了した。

森田 0-1 高橋


Game 2

 先手森田。互いにマリガンは無し。
 森田の《極楽鳥/Birds of Paradise》からゲームが始まる。対する高橋は《不屈の自然/Rampant Growth(M12)》。

 森田は《深夜の出没/Midnight Haunting》でトークンを生産、さらに《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》をプレイと、先手の利を活かした圧倒的な展開を見せつける。

 高橋もここで《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》をプレイして対消滅。
 厳しいながらも、ワンサイドゲームにはならないように、懸命に高橋はこらえるのだが、森田は《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》の能力によって、トークンを強化。クロックを4点から7点に一気に引き上げ、そのまま逃げ切ろうとする。

 高橋は《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger》とプレイして依然耐える。しかし、森田はさらに《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》でクリーチャー達をパンプ、高橋をライフ5まで追い詰める。

 だが、ここで高橋は値千金の《金屑の嵐/Slagstorm》。5/5となった狼トークンを残して他のクリーチャーを一掃。
 さらに《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》で《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》をサーチ、狼トークンへのブロッカーとする。

 これでブロックして、土地を7枚まで伸ばすと、二度目の《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》で《原始のタイタン/Primeval Titan》をサーチ。5/5の狼トークンの攻撃に対し、残りライフが5の高橋は、これをブロック。森田が《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》で強化して相打ちに。

 ライフは5まで追い詰められながらも、何とか場をイーブンにした高橋だが、ランドしか引いてこない。森田が《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》によるバックアップの庇護下で《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》をアタックに向かわせ続け、いつのまにか、高橋が3体コントロールしていた《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》もチャンプブロックで使い切る。

 森田が消耗戦の末、ぎりぎりのところで寄り切った。


森田 1-1 高橋


Game 3

高橋 優太

高橋 優太

 先手は高橋。互いにマリガンは無い。

 高橋《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》と森田《調和者隊の聖騎士/Accorder Paladin》という互いの立ち上がり。

 3ターン目は互いにランドを置きあってクリーチャーがにらみ合った後、4ターン目には高橋《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum(M12)》。
 森田は高橋のターン終了時に《深夜の出没/Midnight Haunting》、さらにメインフェイズで《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》をプレイして、高橋に強くプレッシャーをかける。

 高橋にとって、脅威となる《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》。これをどう対処するか悩んだ上で、《金屑の嵐/Slagstorm》をプレイ。
 スタックで《使徒の祝福/Apostle's Blessing》で《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を守ろうとする森田だが、これを読み切っていた高橋は《感電破/Galvanic Blast》で《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を焼き上げる。
 
 しかし、互いに消耗した直後、森田は2体目の《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》に辿り着き、さらには《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》を装備してアタック。一気に天秤が傾く。

 アタックが通れば8点クロック+2枚ディスカードという悪魔生物を創り上げた森田に対して、対処できるカードを引けなかった高橋は、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》を《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》で全力でパンプし、森田の毒カウンターを7つとし、森田が何もひかない事を祈る。

 森田は更に《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》をプレイして装備。高橋のライフを一気に6まで落とし、たまっていた3枚のハンドを墓地へ叩き落とし、ターンを終了。

 森田が何か対抗策を引いていれば森田の勝ち。何もなければ高橋の勝ち。
 高橋は、運命を天に委ね、少し表情を緩めて、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》でアタック。《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》を全力で起動。

 先に土地を片づけたのは森田だった。

森田 1-2 高橋

前の記事: Round 12: 平賀 優宏(神奈川) vs. 鬼塚 寛(福岡) | 次の記事: Round 13: 山崎 賀貴(大阪) vs. 大林 直樹(岡山)
グランプリ・広島11 一覧に戻る