マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13: 山崎 賀貴(大阪) vs. 大林 直樹(岡山)

Round 13: 山崎 賀貴(大阪) vs. 大林 直樹(岡山)

By Tomohiro Kaji


 このグランプリも13回戦を迎え、残すところあと3マッチ。

 ここで呼ばれた山崎と大林の両名は今のところ11勝2敗と、Top8へ滑り込むためにはここで2連勝しなければならない。つまり、もう負けられないのだ。
 緊張した面持ちでデッキをシャッフルする二人に、勝者は一人。


山崎 賀貴
山崎 賀貴

Game 1

 先攻の山崎が《島/Island(SOM)》を置いたのみで終了したのとは対照的に、
 《平地/Plains(M12)》に《オパールのモックス/Mox Opal(SOM)》、《メムナイト/Memnite(SOM)》から《大霊堂のスカージ/Vault Skirge(NPH)》、《信号の邪魔者/Signal Pest(MBS)》と、日本選手権でも活躍した《鍛えられた鋼/Tempered Steel(SOM)》らしい超高速の展開をした大林。

 2ターン目にして4点クロックができてしまった盤面を整理するには、山崎の青黒では全体除去に頼るしかない。

 しかし、《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith(MBS)》を見つけられない山崎は、喊声の為にパワーを持ってしまう《呪文滑り/Spellskite(NPH)》すら《雲散霧消/Dissipate(ISD)》しなければならなかった。

 せめて《メムナイト/Memnite(SOM)》くらいは止めようと《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》を唱えるも、相打ちを《変異原性の成長/Mutagenic Growth(NPH)》でかわされてクロックが下がらない。

 そして《熟慮/Think Twice(ISD)》を連打するも、デッキに2枚の《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith(MBS)》には辿りつけなかった。

山崎 0-1 大林

大林 直樹
大林 直樹
Game 2

 改めて先攻を取った山崎は、《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》でトップスピードを抑制しようと試みる。

 だが、《メムナイト/Memnite(SOM)》から《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》と順調なスタートを切った大林に、日本選手権で石田を優勝へ導いた《激戦の戦域/Contested War Zone(MBS)》が加わりダメージを加速させる。

 《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》を意識し、わざとマナ域をずらして展開する大林の《脊柱の飛行機械/Spined Thopter(NPH)》だが、これは《肉体のねじ切り/Wring Flesh(M12)》で対処された。

 ここで、小粒ながら着実にライフを削る大林は、《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions(NPH)》を唱えると、より一層山崎は《漸増爆弾/Ratchet Bomb(SOM)》を使いにくくなる。

 既に戦場にいるクリーチャーへの対応がままならず、《ゲスの評決/Geth's Verdict(NPH)》を唱えてみるも、結局は選択肢を相手に委ねているので解決には程遠い。

 そのまま2枚目の《激戦の戦域/Contested War Zone(MBS)》が大林に加わると、《熟慮/Think Twice(ISD)》で有効なカードの引けない山崎はカードを片付けた。

山崎 0-2 大林

前の記事: Round 12: 森田 雅彦(東京) vs. 高橋 優太(東京) | 次の記事: Round 14: 野中 健太郎(大阪) vs. 田中 功一(兵庫)
グランプリ・広島11 一覧に戻る