マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

グランプリ・広島 2日目デッキブレイクダウン

グランプリ・広島 2日目デッキブレイクダウン

By Takeshi Miyasaka


 グランプリ・広島 2 日目に進出した 104 人のアーキタイプを筆者が気になるのでちょっと調べてみた。全体の分布については下記グラフを見ていただけると一目でご理解いただけるだろう。

graph

 もっとも使用者が多かったのは「緑単《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run(ISD)》」で 12 人、赤を濃くして《金屑の嵐/Slagstorm》をメインで投入しているタイプは 9 人使用しており、20%と一番人気となった。

 2 番人気となったのは緑白ビート、白青人間で、それぞれ 17 人、16 人が使用しており、前述のケッシグと合わせて全体の 5 割を占める。

 以降使用者が多い順に、赤単 12 人、エスパーコントロール 9 人、青黒コントロール 8 人、青白コントロール 7 人、黒単感染 5 人と続いている。

緑単(赤緑)《ケッシグの狼の地》 21
緑白ビート 17
白青人間 16
赤単 12
エスパーコントロール 9
青黒コントロール 8
青白コントロール 7
黒単感染 5
青単ブレード 2
白単《鍛えられた鋼》 2
《出産の殻》 2
ケッシグコントロール 2
青黒テゼレイター 1


 以下の各アーキタイプについての解説は、鍛冶がそれぞれ記事にまとめているので参照されたい。

前の記事: Round 15: 岩崎 裕輔(兵庫) vs. 大礒 正嗣(広島) | 次の記事: グランプリ・広島2011 トップ8プレイヤープロフィール
グランプリ・広島11 一覧に戻る