マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: Martin Juza(チェコ) vs. 田中 功一(兵庫)

準々決勝: Martin Juza(チェコ) vs. 田中 功一(兵庫)

by Shuhei Nakamura


 オーストラリア、アメリカ、南アメリカ、そして日本。実に3週間。

 世界を転々としながらグランプリからグランプリへ、渡り鳥のような3週間の生活も今週で一区切りを迎える、Martin Juzaがこの旅のフィナーレに向けて戦っている。

 グランプリ・広島スタート時点でのJuzaのプロポイントは42点、
 そしてトップ8入賞での獲得ポイントは5点。ここで勝てば6点以上。
 世界選手権での最低獲得分は2点なので、このマッチの如何によって来期のレベル8が確定するかどうかという戦いでもあるのだ。

 3分間、ヘッドジャッジの判断により対戦相手のデッキリストを確認する時間が設けられた時間に
『相手のデッキ、1枚差しが多すぎて3分じゃ足りないし』
 と本気半ば軽口半ばの質問をジャッジにぶつけているJuza。

 それに対して、田中は落ち着いているように見える。
 そう、田中のデッキは《出産の殻/Birthing Pod》をキーとしたコントロール/コンボデック。
 このところのメタゲームの課程であまり見かけなくなってしまった、いわゆるメタ外デッキなのだ。
 それが理由の一つかもしれない。

 対策がなかなか決め切れなくて少々落ち着きのないJuzaに対して、田中は仮想敵の1つとの対決である。
 Juzaの、
『どちらが分が良いマッチアップだと思う?』
 という問いかけに対しても、田中は余裕の笑みを持って「五分くらい」と返答している。

QF1

 対照的に見えるこの2人のうち、準決勝へと駒を進めるのはどちらなのだろうか。


Game 1

田中 功一
田中 功一

 Juza先攻、しかしマリガンからスタート。改めて引く6枚はより酷かったようで、すみやかにライブラリーへと帰っていく。
 ビートダウンにとっては5枚の先手はとても厳しいスタートだ。

 1ターン目に《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》タップインスタートから、2ターン目にマナクリーチャーを同時展開。これだけで手札はほとんど使い切ってしまっている。

 田中の方のアクションは、《極楽鳥/Birds of Paradise》から《幻影の像/Phantasmal Image》で《極楽鳥/Birds of Paradise》をコピーというもの。まずまずの立ち上がりだろう。

 Juzaは《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を追加するものの、5マナに到達した田中が召喚したのは《正義の執政官/Archon of Justice》。続いて《酸のスライム/Acidic Slime》が現れ、《ミミックの大桶/Mimic Vat》を設置して事実上のブロック不可に。
 だが田中の方もこれで弾切れを起こし、淡々とスライムで攻撃するというターンが続く。

 ライフが14まで下がったところでJuzaに変化が。
 《ミミックの大桶/Mimic Vat》のテキストをジャッジに確認した上で召喚したのは、《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》。トークンを生産してターンを渡す。

 現れたガラクには執政官とスライムが襲いかかる。
 これをJuzaは《極楽鳥/Birds of Paradise》を差し出して守ることにするが、田中にも攻め手が訪れた。《太陽のタイタン/Sun Titan》だ。

 放置するにはあまりに危険なタイタン。Juzaは《忘却の輪/Oblivion Ring》で対処するものの、次のターンついにプレイされた《出産の殻/Birthing Pod》と、転生した末に現れた《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》には、為す術もなかった。

Juza 0-1 田中


Game 2

 両者がノータイムで7枚をライブラリーへ叩きつけるところからスタート。
 Juzaは再びノータイムで初手を5枚にする一方、田中は少し考えた後にキープ。
 今回の5枚は前回よりは納得のいくものだったようだ。

 そのJuza、《森/Forest》《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》からの《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》と素晴らしいスタート。
 田中も鏡打ちで巡礼者を召喚してから、《極楽鳥/Birds of Paradise》と《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》でマナを伸ばしにかかる。

 その田中の《極楽鳥/Birds of Paradise》にJuzaの《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》が襲いかかる。先手5枚スタートとは思えないような良い展開だ。
 ガラクに向けた玉砕覚悟の《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》アタックを十字軍でブロックし、田中の《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》を葬り去った上でJuzaのガラクが変身する。

 だが田中も無為に自陣のクリーチャーを失っていったわけではない。
 《スカーブの殲滅者/Skaab Ruinator》の召喚条件に到達し、ガラクどころかゲームを決めかねない5/6飛行が戦場に到着する。

Martin Juza
Martin Juza

 これにはJuzaが慌ててサイドボードの確認。
 《ヴェールの呪いのガラク/Garruk, the Veil-Cursed》から持ってくる生物を確認しているようだが、どうやら第一候補だった《霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk》は全てサイドアウトしてしまっていたらしい。

 しかし《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》でも当座の役割としては充分だ。
 《エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel》までもが戦場に到来し、循環して膨れ上がっていくJuzaの陣容に田中の命運もここまで・・・

 ではなかった。
 本当にギリギリのところで土地を引き当てて7マナに到達。
 一発逆転の《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》が再び降臨する。

 ノーンの瘴気によりJuza支配の大部分のクリーチャーが倒れてしまうばかりか、さらには攻撃に参加した《酸のスライム/Acidic Slime》により《ヴェールの呪いのガラク/Garruk, the Veil-Cursed》までもを失ってしまい、形勢は一気に田中有利。

 だがここぞと言うところで土地をトップデッキできたのはJuzaも同様だった。

 《森/Forest》からの《踏み荒らし/Overrun》。
 ノーンで虫の息になっているわずか3体の最後の一撃、それに耐えられるだけのライフがもう田中にも残っていなかったのだ。

Juza 1-1 田中


Game 3

 ようやく両者7枚でのキープとなった最終3本目。
 だが先手《森/Forest》3枚からの《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》でJuzaの《極楽鳥/Birds of Paradise》をコピーと、田中のスタートは芳しいものとは言えない。

 一方でJuzaは《極楽鳥/Birds of Paradise》からの《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》。田中の「メカバード」は《迫撃鞘/Mortarpod》で葬りさった上で《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》。
 「メカバード」を失った田中は《出産の殻/Birthing Pod》を設置することしかできず、Juzaの猛攻を止めることは不可能だった。

Juza 2-1 田中

前の記事: 新ジャッジ誕生によせて ~ジャッジ試験にまつわるあれこれと、海外からの風~ | 次の記事: 準々決勝: 佐藤 倫(福岡) vs. 田代 晃一(大阪)
グランプリ・広島11 一覧に戻る