マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 浅原 晃(東京) vs. 大林 直樹(岡山)

準々決勝: 浅原 晃(東京) vs. 大林 直樹(岡山)

By Shiro Wakayama


QF4

 mtg-jp でも連載をもつ、浅原晃。仕事が忙しく、練習時間をほぼ取ることができず、デッキも千葉の強豪秋山からシェアしてもらったという。
 だが、今までの長い長い経験をいかんなく発揮できる、ソーラーフレアを使って、Top8入りを決めた。浅原曰く「ノルマは準決勝進出っすね。」とのこと。

 対する大林。世の中がやれ《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》だ、やれ《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》だ、と騒いでいる中にあって、日本選手権で、プロツアー・名古屋で猛威を振るった白単色の《鍛えられた鋼/Tempered Steel》デッキを、最新版にチューンナップして持ち込んできた。


 ローテーションによってフェッチランドを失い、マナベースが全体的に弱体化したと言われるスタンダードフォーマット。

 だが、世の中のコントロールスキーたちは、あらゆる多色ランドと、軽量のドロースペルによって、白、青、黒の各色から、選りすぐりのパワーカードと、序盤を捌くための低マナカウンターと除去が詰め込まれたデッキを創り上げた。典型的な、全方位戦略を採用しているヘビーコントロールデッキを創り上げた。
 それが、ソーラーフレアだ。

 かたや白単《鍛えられた鋼/Tempered Steel》デッキは、アーティファクトサイクルの再来であるミラディンの傷跡ブロックの《メムナイト/Memnite》をはじめとした、軽量アーティファクトクリーチャーを主体とした、スタンダードにもかかわらず、最速3ターンキルも可能な、超高速ウイニーだ。

 マジックができたころから繰り返されてきた、ビートダウンvsコントロールという戦いは、当然、最新のスタンダードでも繰り返される。

 《神の怒り/Wrath of God》が姿を変えた、《審判の日/Day of Judgment》が放たれるか否かがターニングポイントになる、この対決。

 メインボードは白単《鍛えられた鋼/Tempered Steel》が有利で、サイドボード後は五分五分というのが下馬評だが、準決勝まで駒を進めるのは、どちらのプレイヤーか?


Game 1

大林 直樹
大林 直樹

 ダイスロールで2連続同点になったのち、値千金の先攻をゲットしたのは大林。
 短期決戦に全てを注いでいる大林が先攻を得たのは本当に、大きい。
 浅原はワンマリガン。

 1ターン目、《メムナイト/Memnite》から《きらめく鷹/Glint Hawk》。《メムナイト/Memnite》を戻して出してで、3点クロックを形成した大林。
 さらに、2ターン目には《激戦の戦域/Contested War Zone》をセット、《オパールのモックス/Mox Opal》、《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》とプレイした上で、アタック。《激戦の戦域/Contested War Zone》の加護を受けて、2ターン目にして浅原のライフが15となる。

 そして、3ターン目には2枚目の《激戦の戦域/Contested War Zone》をセットして、3体でアタック。最大10点のクロックを用意する。
 これを、悩みに悩んだ上にスルーする浅原。《激戦の戦域/Contested War Zone》で1度だけ強化された3体のクリーチャーは7点のダメージを浅原に与えて、残りライフは8となってしまう。
 さらに《信号の邪魔者/Signal Pest》をプレイして1マナ残してターン終了する大林。

 ここまで、浅原の動きを省略していたわけではなく、単純に浅原はセットランドしかしていない。想定とは全く違う攻防戦が展開されているため、何もできないのだ。

 既にライフは危険な領域に達している浅原。ターン終了時に次に迎える自らのターンも含めてどうやって動くのか、大林に提示されたあまりにも少ない残り時間のプランを練り込む。

 結果として、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》を大林のターン終了時にプレイ。さらに《忘却の輪/Oblivion Ring》をプレイして、《信号の邪魔者/Signal Pest》を追放。アタックして2枚の《激戦の戦域/Contested War Zone》のコントロールを奪う。次なるターンのクロックを、4まで落とし込む。

 《激戦の戦域/Contested War Zone》のコントロールを奪取されたことで、大林のクロックは減少したが、それでもアタックでライフが4。《激戦の戦域/Contested War Zone》のコントロールを奪い返した上で、次なる浅原のターンの《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》によるアタックは《急送/Dispatch》で退ける。

 だが、4マナまでたどり着いていた浅原。ここで《審判の日/Day of Judgment》をプレイ。場をきれいに一掃する。
 《審判の日/Day of Judgment》に辿り着く前に勝負を決するつもりだった大林は、後続を展開できない。

 浅原は《熟慮/Think Twice》を挟んでドローゴー。
 大林の《メムナイト/Memnite》を《雲散霧消/Dissipate》して、6マナにたどり着いた浅原がプレイしたのは《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》。
 金属術を達成できていない大林に、メインボードでこれに対抗する手段はない。

 大林はクロックを展開することができないばかりか、大林のドローによってもたらされた浅原の2枚のドローには追加の《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》が。

 2体目の《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》が浅原の盤面に追加され、1:5のペースで浅原の手札が増える、
 もはや別のゲームになってしまったため、大林、ここで投了。

浅原 1-0 大林


Game 2

浅原 晃
浅原 晃

 先手は大林。互いにマリガンは無く、大林の《メムナイト/Memnite》でゲームが開幕。さらに、大林は《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》という、《審判の日/Day of Judgment》耐性があるナイスクロックを展開する。

 次なるターンには《呪文滑り/Spellskite》《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》と展開して、《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》《メムナイト/Memnite》で攻撃して、浅原のライフを16まで削る。
 当然、浅原はここまでセットランドを繰り返すだけだ。

 さらに、《脊柱の飛行機械/Spined Thopter》を追加して、3体のクリーチャーで攻撃。浅原のライフは12まで落ち込む。

 ここで、浅原はコントロール対ビートダウンで、マジック創世の時代からのターニングポイントである、4ターン目をよりよく迎えるべく、《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》をプレイ。探しに行くのは《審判の日/Day of Judgment》か、はたまた土地か。
 
 結局4ターン目の《審判の日/Day of Judgment》は達成できず、《忘却の輪/Oblivion Ring》で《脊柱の飛行機械/Spined Thopter》を除去。タップインランドを置いて、ターンを返す。

 大林は残った戦力をレッドゾーンへと進軍させて、ライフは8。このターンの戦力追加は行わない。
 ここで、予定調和的に浅原から《審判の日/Day of Judgment》が。浅原にとっても、大林にとっても、ここからが正念場である。

 《審判の日/Day of Judgment》から逃れた、《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》と《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》2体が浅原を蝕む。ライフを4、毒を4個と、浅原を追い詰める。

 この、対処しづらいクロックを破壊するために、浅原は6枚の手札から広がる、数多の可能性の中から最適解を求める。
 浅原が導き出した答えは、《太陽のタイタン/Sun Titan》をプレイ。先ほど《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》で墓地に落とした《幽霊街/Ghost Quarter》を戦場に戻しての《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》破壊。

 《鍛えられた鋼/Tempered Steel》か《変異原性の成長/Mutagenic Growth》をプレイされてしまえば敗北してしまうプランだが、全てをケアして動くほどの余裕は無い。緻密な計算と、最後は運否天賦に身を委ね、浅原はターンを返す。

 浅原の祈りが天に通じたのか、自らが引き寄せた幸運なのかはわからないが、大林はどちらのカードも用意ができず、そのまま攻撃。浅原のライフを2、毒を5とする。

 浅原は《太陽のタイタン/Sun Titan》による攻撃により、《幽霊街/Ghost Quarter》を再度戦場へと吊り上げて、毒殺プランをつぶす。
 そして、《機を見た援軍/Timely Reinforcements(M12)》によって、トークンこそ生成できないものの、ライフを2から8と、少しだけ安全なラインまで引き上げる。

 しかし、依然として《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》は対処できていない浅原。大林のアタックでライフを6、毒を6とされるが、《漸増爆弾/Ratchet Bomb》をプレイ。《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》への対抗手段も用意する。

 大林も《きらめく鷹/Glint Hawk》を引いて、クロックを増やすのだが、戻した《オパールのモックス/Mox Opal》を再度キャストする際に浅原は《マナ漏出/Mana Leak》して、金属術のリスクを低減させる。

 大林が一気に押し出そうとしていた盤面だったが、気付けば浅原の場には土地が8枚も並んでおり、完全に浅原ペース。《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》をプレイして《残酷な布告/Cruel Edict》能力を起動。《きらめく鷹/Glint Hawk》をすぐさま対処する。

 この《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》は《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》の攻撃ですぐに破壊。さらに《脊柱の飛行機械/Spined Thopter》を追加して、何とか反撃の目を探る大林だが、度重なるファイレクシア・マナの支払いと、《太陽のタイタン/Sun Titan》によるアタックで既にライフは既に致死圏。

 マジックと共に歩んできた浅原晃が、ここからの詰め将棋を間違えるわけもなく、大林の猛攻を見事にしのぎ切り、ノルマだった準決勝進出を果たした。

浅原 2-0 大林

前の記事: 準々決勝: 白木 高広(山口) vs. 鬼塚 寛(福岡) | 次の記事: 準決勝: Martin Juza(チェコ) vs. 佐藤 倫(福岡)
グランプリ・広島11 一覧に戻る