マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

併催イベントのまとめ

併催イベントのまとめ

By Asako Seo


 今回のグランプリでも、いろいろな併催イベントに人が集まりました。
 特に2日目は、本戦の横で100人以上のトーナメントが3つ同時に進行していたり、「カオスドラフト」に人が殺到したりして、併催イベントに参加した人数を全部合計すると900人を超えるほどだったそうです。


1日目

オープンシールドトーナメント

1位:矢野邦裕(大阪)ヤノクニヒロ
2位:大本雅也(広島)オオモトマサヤ
3位:西村翔(大阪)ニシムラショウ
4位:藤渕達也(広島)フジブチタツヤ

 上位4名は賞品として「From the Vault: Legends」をゲット。

Round 4

左から順に矢野、大本、西村、藤渕

 全勝者のデッキリストはこちら


2日目

レガシーオープントーナメント

 参加者111人による7回戦+プレイオフで行われました。

優勝:赤木崇晃(宮城)アカギタカアキ
使用デッキ:「ベルチャー」
賞品はウルザズ・サーガレアカードの未裁断シート
決勝ラウンドは1ゲーム目が先手1ターンキル、2ゲーム目も2ターンで決めた!

準優勝:徳山皓太(大阪)トクヤマコウタ
使用デッキ:「ナヤ」
賞品は日本語版「統率者」5個セット

レガシーオープントーナメント

準優勝:徳山(左)、優勝:赤木(右)

 トップ8デッキリストはこちら


フォイル争奪スタンダード

 参加者122人による7回戦+プレイオフで行われました。

優勝:土屋英明(長野)ツチヤヒデアキ
使用デッキ:「エスパー瞬唱コントロール」

優勝:藪田純一(東京)ヤブタジュンイチ
使用デッキ:「緑単ケッシグ」

 賞品はそれぞれイニストラードのフォイルコンプリートセット!

フォイル争奪スタンダード

土屋(左)、藪田(右)

 トップ8デッキリストはこちら


ニコニコ杯

 フォーマットはシールド、参加者122人による7回戦で行われました。

優勝:長岡崇之(東京)
優勝賞品はiPad2とニコニコ動画のぬいぐるみ。
また、表彰式の模様や優勝者のコメントが追って動画になる予定です。

ニコニコ杯

優勝の長岡

Nagaoka Takayuki
グランプリ・広島併催 ニコニコ杯 優勝(7-0) / イニストラード・シールド
9 《山/Mountain》
8 《平地/Plains》

-土地(17)-

2 《アヴァシン教の僧侶/Avacynian Priest》
1 《精鋭の審問官/Elite Inquisitor》
1 《村の鉄鍛冶/Village Ironsmith》
1 《声無き霊魂/Voiceless Spirit》
1 《ハンウィアーの砦守り/Hanweir Watchkeep》
1 《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》
1 《スカースダグの信者/Skirsdag Cultist》
1 《修道院のグリフィン/Abbey Griffin》
1 《絞首台の守部/Gallows Warden》
2 《燃え投げの小悪魔/Pitchburn Devils》
1 《災火のドラゴン/Balefire Dragon》
1 《憤怒を投げる者/Rage Thrower》
1 《霊捕らえの装置/Geistcatcher's Rig》

-クリーチャー(15)-
1 《霊炎/Geistflame》
1 《うろつく餌食の呪い/Curse of Stalked Prey》
1 《信仰の縛め/Bonds of Faith》
1 《深夜の出没/Midnight Haunting》
1 《硫黄の流弾/Brimstone Volley》
1 《大物潰し/Smite the Monstrous》
1 《地獄の口の中/Into the Maw of Hell》
1 《銀の象眼の短刀/Silver-Inlaid Dagger》

-呪文(8)-


 また、「カオスドラフト」については別の記事で、1・2日目両方で行われた「モダンチャレンジ」についてはデッキリストを中心に、それぞれピックアップしてお届けいたします。

前の記事: グランプリ・広島2011 トップ8プレイヤープロフィール | 次の記事: カオスドラフトってどんなもの?
グランプリ・広島11 一覧に戻る