マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 瀧村 和幸の決勝ドラフトピック ~掟破りのダブル聖域探究者~

【戦略記事】 瀧村 和幸の決勝ドラフトピック ~掟破りのダブル聖域探究者~

By Atsushi Ito

finaldraft_takimura1.jpg

瀧村「ここから。ここからだから」

 決勝ラウンド進出が決まったとき、瀧村 和幸は自分に言い聞かせるように言っていた。

 ゴールドレベル・プロである瀧村にとって、トップ8に入ったというだけで得られるものはそう多くはない。

 だがそれ以上に、むしろ最後まで勝ちきってこそ本当の勝利なのだという、プロツアーのトロフィーを掲げたことがある者ならではの重みがある言葉だ。

 そんな瀧村が決勝ドラフトの席に着くと、同じくトップ8に残った日本人プレイヤー、佐藤 レイの下家。


佐藤 レイ

 今回、瀧村は佐藤と香港での行動をともにしており、しかもリミテッド巧者同士で通じ合う部分があったのか、「スタバでドラフト談義までした」というのである。

 そして決勝ドラフトで隣同士に座ったということは、組み合わせの関係上決勝戦まで対戦することはない。

 どちらともなく発した「決勝で会おう」という言葉にもう一方が応じ、最後のドラフトが始まる。



1パック目

1-1: 《聖域探究者/Sanctum Seeker》

他の候補:《崇高な阻止/Pious Interdiction》《帆凧の掠め盗り/Kitesail Freebooter》《水罠織り/Watertrap Weaver》《吸血鬼の士気/Vampire's Zeal》

 その瀧村の初手は、最高と言っていいものだった。

 《聖域探究者/Sanctum Seeker》は吸血鬼はもちろん、ありとあらゆる黒いデッキにフィットする文句なしの爆弾レアだ。

 もちろん迷いなくピックした瀧村、順調なスタートを切る。

1-2: 《選定された助祭/Anointed Deacon》

他の候補:《轟く声、ティシャーナ/Tishana, Voice of Thunder》《ティシャーナの道探し/Tishana's Wayfinder》《クメーナの語り部/Kumena's Speaker》

 流れてきた《轟く声、ティシャーナ/Tishana, Voice of Thunder》に一瞬目を瞠った瀧村だが、脇の緑も濃いことを見て黒を絞る方針を選択する。

 ここからうまく白黒吸血鬼に行ければ最高形だが、そうでなくても先ほどの記事に出てきたように「ストーリー」を与えないことで黒の卓人数を減らし、黒軸の他のアーキタイプにスライドしやすくなると見込まれるので、悪くない選択と言えるだろう。

1-3: 《崇高な阻止/Pious Interdiction》

他の候補:《薄暮軍団の弩級艦/Dusk Legion Dreadnought》《群棲する猛竜/Ranging Raptors》《凶兆艦隊の貯め込み屋/Dire Fleet Hoarder》《軍団の征服者/Legion Conquistador》

 ここは単純なカードパワーで除去をピック。自然に白黒2色をつまめている。

1-4: 《卑怯な行為/Skulduggery》

他の候補:《巨大な戦慄大口/Colossal Dreadmaw》《危険な航海/Perilous Voyage》《プテロドンの騎士/Pterodon Knight》

 黒のトップコモンとされているコンバットトリック。複数体の能力なしクリーチャーによる戦闘が起こりやすい『イクサラン』環境では、1対2交換の可能性も生まれてくる。

1-5: 《不動のアルマサウルス/Steadfast Armasaur》

他の候補:《征服者のガレオン船/Conqueror's Galleon》《襲撃/Pounce》《川守りの恩恵/River Heralds' Boon》《身勝手な粗暴者/Headstrong Brute》

 ここで少し流れに翳りが出てくる。白のコモンが流れていないのだ。

 だが、自分が苦しいなら下家で白をやっているプレイヤーはもっと苦しいはず。そう思ってか、瀧村は白をさらに主張する。

1-6: 《決別の砲撃/Unfriendly Fire》

他の候補:《選択/Opt》《棘尾ケラトプス/Spike-Tailed Ceratops》

1-7: 《小綺麗なスクーナー船/Sleek Schooner》

他の候補:《座礁/Run Aground》

 だが、ついに白と黒のカードが消えた。

1-8: 《もぎ取り刃/Prying Blade》
1-9: 《嵐を変容する者/Storm Sculptor》
1-10: 《手付かずの領土/Unclaimed Territory》
1-11: 《薄暮軍団の弩級艦/Dusk Legion Dreadnought》
1-12: 《潜水/Dive Down》
1-13: 《キンジャーリの呼び手/Kinjalli's Caller》
1-14: 《金色の歩哨/Gilded Sentinel》

 1パック目は将来のリターンを期待してかなり強引な主張を行ったという印象ではあったが、ドラフトにおける1パック目は色の椅子取りゲームであり、その観点からすると強力なカラーリングを占有するための準備期間ともとれる。

 もとより白黒は『イクサラン』ドラフトにおける断トツの最強アーキタイプなのであり、他の色を流れやすくすることによって「レアが入った白黒」という最終的な実利を得られるのであれば、多少の我慢は仕方ないということなのだろう。



2パック目

2-1: 《アダントの先兵/Adanto Vanguard》

 そしてパックはそんな瀧村に応えた。《アダントの先兵/Adanto Vanguard》は環境でも最強クラスの2マナ域であり、攻撃的な白黒が組みたいところに降ってきた天恵とも言うべき1枚だ。

2-2: 《崇高な阻止/Pious Interdiction》
2-3: 《司教の兵士/Bishop's Soldier》
2-4: 《指名手配の獄道者/Wanted Scoundrels》

 1パック目の我慢が功を奏し、白と黒の流れはかなり良い。

 さらに極めつけに......

2-5: 《聖域探究者/Sanctum Seeker》

 なんと2枚目の《聖域探究者/Sanctum Seeker》をゲット!

 リミテッドにおいて同じレアを2枚持っていれば掟破りと呼ばれても仕方がない。ましてそれが《聖域探究者/Sanctum Seeker》ならなおさらだろう。

2-6: 《鉤爪の切りつけ/Slash of Talons》
2-7: 《吠えるイージサウルス/Bellowing Aegisaur》
2-8: 《卑怯な行為/Skulduggery》
2-9: 《無情な略奪/Heartless Pillage》
2-10: 《女王湾の兵士/Queen's Bay Soldier》
2-11: 《啓蒙/Demystify》
2-12: 《軍団の征服者/Legion Conquistador》
2-13: 《高くつく略奪/Costly Plunder》
2-14: 《岸の守り手/Shore Keeper》

 その後も8手目の《卑怯な行為/Skulduggery》や一周した《女王湾の兵士/Queen's Bay Soldier》など、実りある2パック目となった。



3パック目

3-1: 《イクサランの束縛/Ixalan's Binding》

 4マナ域は飽和しているが、このクラスの万能除去なら許容できる。

3-2: 《軍団の上陸/Legion's Landing》

 さらに上家の佐藤からのプレゼントが到着。3枚目のレアで瀧村のデッキはさらに輝いていく。

3-3: 《軍団の征服者/Legion Conquistador》
3-4: 《隠れ潜むチュパカブラ/Lurking Chupacabra》
3-5: 《女王の工作員/Queen's Agent》
3-6: 《深海艦隊の殺し屋/Fathom Fleet Cutthroat》
3-7: 《立ち枯れの守り手/Blight Keeper》
3-8: 《深海艦隊の殺し屋/Fathom Fleet Cutthroat》
3-9: 《略奪者の痕跡/Raiders' Wake》
3-10: 《選定された助祭/Anointed Deacon》
3-11: 《強迫/Duress》
3-12: 《キンジャーリの呼び手/Kinjalli's Caller》
3-13: 《キンジャーリの呼び手/Kinjalli's Caller》
3-14: 《太陽冠のハンター/Sun-Crowned Hunters》

 だが、それが最後の見どころだった。

 白と黒の優秀なカードは姿を消し、枚数合わせのようなカード群がひたすら瀧村の前を通り過ぎるだけの時間が続くと、やがてすべてのピックが終了したのだった。




瀧村「苦しくはなかったし、うまくピックできたと思うんですけどね」

 実際瀧村のデッキは悪くはない、むしろ強力と呼べる出来に仕上がっている。

 だが2つ上のプレイヤーが白黒をやっており、そのせいで3パック目はろくなカードが拾えなかった結果、特にクリーチャーが足りずに、23枚の中にいくつか微妙なカードが入ることとなってしまった。

 しかも準々決勝の相手は地元香港が誇るプラチナレベルプロ、リー・シー・ティエン

 それでも、ここで負けるわけにはいかない。盟友・佐藤と決勝で対戦するため、そして最後まで勝ちきるために。瀧村は、準々決勝に臨む。




瀧村 和幸
グランプリ・香港2017 決勝ドラフト / 『イクサラン』ブースタードラフト (2017年10月29日)
9 《沼》
8 《平地》

-土地(17)-

1 《立ち枯れの守り手》
1 《アダントの先兵》
1 《司教の兵士》
1 《女王湾の兵士》
1 《指名手配の獄道者》
2 《軍団の征服者》
2 《聖域探究者》
1 《不動のアルマサウルス》
2 《選定された助祭》
1 《女王の工作員》

-クリーチャー(13)-
2 《卑怯な行為》
1 《軍団の上陸》
1 《鉤爪の切りつけ》
1 《無情な略奪》
2 《崇高な阻止》
1 《イクサランの束縛》
1 《小綺麗なスクーナー船》
1 《薄暮軍団の弩級艦》

-呪文(10)-
1 《手付かずの領土》
3 《キンジャーリの呼び手》
1 《啓蒙》
1 《潜水》
1 《強迫》
1 《もぎ取り刃》
1 《岸の守り手》
1 《高くつく略奪》
2 《深海艦隊の殺し屋》
1 《金色の歩哨》
1 《隠れ潜むチュパカブラ》
1 《略奪者の痕跡》
1 《嵐を変容する者》
1 《決別の砲撃》
1 《吠えるイージサウルス》
1 《太陽冠のハンター》

-サイドボード(19)-

前の記事: 【戦略記事】 熊谷 陸の2ndドラフトピック ~色変えの妙技~ | 次の記事: 【観戦記事】 準々決勝:瀧村 和幸(東京) vs. Lee, Shi Tian(香港)
グランプリ・香港2017 一覧に戻る