マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 グランプリ・香港2015 日本人プレイヤー初日突破者一覧

【トピック】 グランプリ・香港2015 日本人プレイヤー初日突破者一覧

By 矢吹 哲也

 グランプリ・香港2015は初日全日程を終え、この時点でマッチポイントを21点以上獲得したプレイヤーたちが2日目に進出する。

 ここでは、110名の初日突破者たちから、日本人プレイヤーの状況を簡潔にまとめていこう。なお、初日終了時の全順位はこちらから確認できる(リンク先は英語)。

 それでは、以下に初日の最終スタンディングから、日本人初日突破者(21点以上)のプレイヤーを引用する。

RankPlayerPointsOMW%
5Matsumoto, Fumiya2475.59%
8Uchino, Jun2472.22%
18Takahashi, Yuta2465.87%
24Sugiyama, Yuya2463.51%
27iwasaki, yuusuke2458.33%
30(8) Watanabe, Yuuya2272.22%
38Kimura, Shigeki2172.42%
42Anan, Kazuyoshi2171.65%
45Samejima, Ippei2170.63%
47Hattori, Taiki2169.47%
59kanegawa, toshiya2166.86%
61Saito, Tomoharu2166.00%
71Yamazaki, Yuuki2164.71%
79Mihara, Makihito2163.19%
85Matsui, Hisataka2162.13%
91fujimura, kazuaki2159.52%
96Tanahashi, Hirofumi2158.33%
99Nakano, Fumiki2157.36%
106Nagao, Yasutaka2154.76%
110Murata, Ryosuke2148.35%

 以上、20名。

日本人最上位――松本 郁弥

matsumoto_day2_advance.jpg

 今大会日本人プレイヤーの初日全勝は出なかったものの、1敗で守り切ったプレイヤーが5人いる。中でもオポーネント差で日本人最上位にいるのが、松本 郁弥(まつもと ふみや)だ。彼はグランプリ・静岡2015グランプリ・千葉2015でいずれも初日全勝を果たす、という驚異的な活躍を見せている。

「1敗で抜けるのが目標だったので、それは果たせた」と語る彼だが、今大会でついにその殻を破る瞬間が訪れるだろうか。要注目だ。

好調続く高橋 優太


グランプリ・京都2015より

 4月に行われたグランプリ・京都2015優勝に続き、グランプリ・シンガポール2015でトップ8入賞、そして直近のプロツアー『マジック・オリジン』でトップ16入賞と、今年の活躍目覚ましい高橋が、今大会でも8勝1敗で初日を終えた。

 シーズンが切り替わったため再びここからのスタートとなるが、その勢いをさっそく今大会で結果に結びつけることができるだろうか。


 これから再び長い戦いに赴く20人のプレイヤーたち。この中から明日の『マジック・オリジン』ドラフト3連戦を経てグランプリ・トロフィーを掲げる者が現れると信じ、大会2日目も彼らに注目していこう。

前の記事: 【観戦記事】 第9回戦:津村 健志(東京) vs. Christopher Wright(アメリカ) | 次の記事: 【トピック】 プレイヤーたちの「オリジン・カード」
グランプリ・香港2015 一覧に戻る