マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第7回戦:斎藤 友晴(東京) vs. 是友 佑治(兵庫)

【観戦記事】 第7回戦:斎藤 友晴(東京) vs. 是友 佑治(兵庫)

By Hisaya Tanaka

斎藤 友晴(赤単) vs. 是友 佑治(ジャンドミッドレンジ)

 第7回戦。

 このラウンドでは1敗のプレイヤー同士の対戦の中から、斎藤友晴(東京)と是友佑治(兵庫)の対戦をお届けしよう。

d1_R7_saito_koretomo.jpg

 3月に行われたグランプリ・横浜を主催した『CARDSHOP晴れる屋』のオーナーでもある斎藤は、休止していたプレイヤーライフに復活してから精力的に大会参加を行っている。そして今回のグランプリでは、プロツアー予選など使用し成績の良かった赤単を持ち込み、ここまで1敗の好成績を残している。

 一方、是友は兵庫の『黒猫亭』というお店で普段からマジックをしているというプレイヤー。斎藤という強豪を撃破し、二日目進出に王手をかけることができるのだろうか。

ゲーム1

是友 佑治

 ダイスロールで19を出した斎藤だったが、20を出した是友が先攻を選択。ところが是友はマリガンを、片や斎藤は7枚でのキープとなった。

 6枚でスタートした是友は《踏み鳴らされる地》《血の墓所》とタップインを続けたのだが、そこに斎藤が《ラクドスの哄笑者》を2連続で「解鎖」するという展開でゲームがスタートした。

 《漁る軟泥》をブロッカーとして出した是友だったが、斎藤が《灼熱の槍》でそれを除去すると、是友のライフは残り14。その《灼熱の槍》が最後だと願って、是友は《オリヴィア・ヴォルダーレン》を戦場に送り出す。

 これに対し斎藤は《チャンドラのフェニックス》をプレイして《ラクドスの哄笑者》2体と共に攻撃。さすがにすべてをスルーするわけにはいかず、是友は《火柱》を恐れつつも《オリヴィア・ヴォルダーレン》で《ラクドスの哄笑者》をブロック宣言。しかし斎藤の手札から《火柱》が出てくることはなく、無事にアンタップを迎えた。

 すると、是友は《忌むべき者のかがり火》をドローし奇跡でプレイ。盤面を一掃したところで《変わり谷》を警戒し《オリヴィア・ヴォルダーレン》を立たせてエンドした。斎藤が土地を置くだけでエンドしたことを受け、次のターンには《スラーグ牙》をプレイし《オリヴィア・ヴォルダーレン》で攻撃を開始する。

 続くターンで《雷口のヘルカイト》を引いた斎藤は、ひとまず攻撃を行うものの、《オリヴィア・ヴォルダーレン》がブロッカーとして立ちはだかるとエンドすることしかできず、次のターンにはコントロールを奪われてライフを削りきられてしまった。

斎藤 0-1 是友

「槍を使ってしまいましたねー」

 サイドボード中に、斎藤は一言こう漏らした。

 《オリヴィア・ヴォルダーレン》への備えを使ってしまったところがキーポイントだったのだろう。

ゲーム2

 先攻の斎藤は《変わり谷》からプレイをし、2ターン目に攻撃をしライフを削りにかかる。是友が2マナ立ててエンドすると、斎藤も除去を警戒し《変わり谷》で攻撃をせずにエンドで返した。それならと是友は《漁る軟泥》をプレイし盤面を作りにいくのだが、これは《灼熱の槍》ですぐに対処されてしまう。

 続く4ターン目に、斎藤は《燃え立つ大地》を戦場に送り込む。ジャンドにとっては悪夢のカードだ。

「やばい」

 《燃え立つ大地》を見てこう漏らした是友だったが、ドローをすると《ゴルガリの魔除け》。1点のダメージで事無きを得る。

 ところが、斎藤は2枚めの《燃え立つ大地》をプレイすると、次のターンには《ラクドスの哄笑者》を解鎖。是友にプレッシャーを掛けていく。土地からダメージを受けながら《突然の衰微》で《ラクドスの哄笑者》を除去する是友。さらには《スラーグ牙》を出すものの、斎藤に《頭蓋割り》を合わせられて残りライフが10となってしまう。

 プレイした《ボロスの反攻者》には、すぐに是友の《破滅の刃》が打ち込まれるものの、斎藤はさらなる《ボロスの反攻者》を送り出しプレッシャーを途切れさせない。


斎藤 友晴

 是友はここで《ゴルガリの魔除け》をトップデッキ。まず《ゴルガリの魔除け》で《燃え立つ大地》を破壊すると、攻撃にきた《ボロスの反攻者》を《化膿》で対処。新たな《スラーグ牙》を着地させると、《ケッシグの狼の地》で一気にゲームを終わらせるプランが成立することとなった。

 だが、斎藤は《灼熱の槍》で《スラーグ牙》を一体除去すると、自分のターンで《ミジウムの迫撃砲》を「超過」でプレイ。是友の盤面をビーストトークン1体だけにする。

 しかし、完全に是友の攻撃が止まったわけではない。ビースト・トークンで攻撃を行うと《ケッシグの狼の地》で全力でパンプ。これだと3ターンで斎藤のライフが0になる算段だ。

 もちろん斎藤にも2ターンの猶予がある。期待を込めて山札からドローをすると《雷口のヘルカイト》。《変わり谷》とともに攻撃をすると、是友のライフは残り8。斎藤にも速攻持ちクリーチャーか火力を引けば次のターンに逆転できる道が残った。

 ところが是友がその斎藤をはるかに上回った。希望を打ち砕く《忌むべき者のかがり火》が是友にもたらされ、奇跡で8点。ビーストの攻撃が3点で、斎藤のライフをちょうど0にしたのだった。

斎藤 0-2 是友

前の記事: 【戦略記事】 クイックインタビュー #1:次のスタンダードのローテーションで、日の目を見るカードといえばなんですか? | 次の記事: 【観戦記事】 第8回戦:諸藤 拓馬(福岡) vs. 小室 修(東京)
グランプリ・北九州2013 一覧に戻る